メルヘンとグレーデル 歌詞

July 09 [Fri], 2010, 18:05
メルヘンとグレーデル

一つだけ願いが叶うとしたならば
「いくつでも叶いますように」
僕はそういう人です

だけどもできたよ こんな僕にでも
たった一つの願い事
この僕のと君のがなぁ
同じならいいのになぁ

少しずつ世界は 変わってゆくけれど
変わらぬものを見ようとして それはそれで幾つもあって


「君」と書いて「恋」と読み 「僕」と書いて「愛」と読もう
どこかの誰かがいつか決めた意味に迷わぬように
「人」と書いて「嘘」と読み 「嘘」と書いて「人」と読む
こんな時代だからこそ見える意味をなくさぬように


「君」は7画で「僕」は14画で
恐いくらいよく出来てる
僕は僕の半分しか
君のことを愛せないのかい

日曜がお休みで
3の次は4で
このメロディーは
ド・ミ・レ・ド・ド

決まりきった世界で 僕はちゃんと生きてるよ
だから一つくらい僕にだって
あるでしょう?


「君」と書いて「恋」と読み 僕と書いて「愛」と読もう
どこかの誰かが決めた決まりに惑わされぬように
「人」と書いて「嘘」と読み 「嘘」と書いて「愛」と読もう
こんな時代だからこそたやすく 僕は君を見つけた


「君」と書いて「恋」と読み 「僕」と書いて「愛」と読もう
どこかの誰かが指す道しるべに流されぬように


「君」と書いて「恋」と読み
「僕」と書いて「失」
とは読ませやしないよ
だって だって だって

「君」と書いて「恋」と読み 「僕」と書いて「愛」と読もう
どこかの誰かがいつか決めた意味に迷わぬように

いつか 今ここで決めた意味が当たり前になるように

One man live 歌詞

July 06 [Tue], 2010, 21:23
One man live

いつのまにか僕らの頭は賢くなっていて
痛みを超えるのには より大きな痛みをと

蚊に刺された時にはそこを思いっきりつねるんだ
吹き出物が痛いのならば 潰してしまえばいいんだ

だから ただ ただ傷つけてみるけど

そうは言われましてもこれを超えるような痛みなど
どこをどう探してもね 見つからないんだよ

それどころか かえってこの痛みの深さに気付いたよ
今までの悲しさなど 楽しく思えてしまうほど

誰か ただ ただ気付いてと振り絞るけど


今に泣き出しそうなその声が 世界にかき消されてしまったら
僕がマイクを持って向かうから 君はそこにいてくれていいんだよ

君の胸にそれを押し当てて ボリュームを最大にまで上げて
ハウったってそんなの構わない その音が今 君の声になる


君の速くなってく鼓動がテンポをつくってく
こうなれば悲しさなども 全て味方につけて

でもところがなんでか 悲しみは後ろ振り返れば
すでに拳を振り上げては声を枯らしていたんだよ

もしも折れかけたその足に痛みを感じなければ
君は何も知らず 歩き続けるだろう

傷ついたことに気付いてと願う その痛み達は
君を守るためにそこにいたんだよ

ならば もう もう恐いものはないんだと


今に駆け出しそうなその夢が 世界に押しつぶされてしまったら
僕がアンプを持って向かうから 君は君の心を握ってて

その入り口にケーブルを挿して ゲインを目一杯まで上げて
歪んだってそんなの構わない 声にならない声を聴かせてよ


その鼓動はどんどん上がってく ラストに向けて曲は上がってく
走ったってそんなの構わない その全てが今 君の歌になる

このまんまるい地球を客席に 君は君自身をそのステージに
そこで掻き鳴らされるその音に 鳴り止むことない拍手が響く

君は広い客席を見渡す 遠く後ろのほうに目を向ける
一番後ろで拍手を送るのは 地球を一周して見た 君だ

謎謎 歌詞

July 05 [Mon], 2010, 20:17
謎謎  

内側からは君にだけしか見えないのに 外側からは僕にしか見えないものはなーんだ
君からは決して離れようとはしないのに 僕からは平気で離れてくものなーんだ

僕が嘘をついてもきっと分からないのに 君が嘘をつくとすぐ分かるものはなーんだ
悲しい時は無理して笑ってみせるのに 嬉しい時は涙を流すものはなーんだ

それは光っていた 見上げると光っていた
眼の前に降ってきた それはまるで それは 君は


真夜中に架かる虹のように
昼間に輝く星のように
夏に降り注ぐ雪のように
それは それは 新しかった

砂漠で観るシロクマのように
都会で観るオーロラのように
火星で観る生命のように
それは それは 美しかったから


僕は声に出してしか伝えられないのに 君は口にせずとも話せる人はだーれだ
君は生まれた時にはすでに出会っているのに 僕はやっとこの前出会えたものはなーんだ

君とは死ぬまで別れる事はないと思うけど 僕にはいつ別れがくるかわからないものはなーんだ
だけどそれでもいいと思えるものはなんだ だってそれだからこそ出会えたものはなーんだ

そうだ 出会ったんだ あの時出会ったんだ
すべてになったんだ それはまるで それは 君は


夏の次に春が来るように
昼の次に朝が来るように
梨の木に桜が成るように
僕の前に現れたんだ

雲の上に雨が降るように
瞳から鱗が落ちるように
そのどれもがいとも簡単に
起こるような気がしてきたんだ


君はそいつを嫌いになってしまったと言う もう一緒にはいられない 消えてほしいと言う
内側から見たそいつを僕は知らないけど 外から見たそいつならよく知っているから

半分しか知らないままに答えを出すのは なんかすごくとても あまりに 勿体ないから
外からずっと見てた僕の話を聞いてよ 一番近くにいた僕が見ていた君は それは 君は


真夜中に架かる虹のように
昼間に輝く星のように
夏に降り注ぐ雪のように
それは それは 新しかった

砂漠で観るシロクマのように
都会で観るオーロラのように
火星で観る生命のように
それは それは 美しかったから

おしゃかしゃま 歌詞

July 04 [Sun], 2010, 19:45
おしゃかしゃま 

カラスが増えたから殺します
さらに猿が増えたから減らします
でもパンダは減ったから増やします
けど人類は増えても増やします

僕らはいつでも神様に
願って拝んでても いつしか
そうさ 僕ら人類が神様に
気付いたらなってたの 何様なのさ


僕は見たことないんだ
あちらこちらの絵画で見るんだ
さらに話で聞いてる神様は
どれもこれも人の形なんだ

偶然の一致か 運命の合致
はたまた 自分勝手スケッチ
あっちこっちそっちってどっち?
一体どうなってるんダ・ヴィンチ


来世があったって 仮に無くたって だから何だって言うんだ
生まれ変わったって 変らなくったって んなこたぁどうだっていいんだよ
人はいつだって 全て好き勝手 なんとかって言った連鎖の
上に立ったって なおもてっぺんが あるんだって言い張んだよ


もしもこの僕が神様ならば 全てを決めてもいいなら
7日間で世界を作るような 真似はきっと僕はしないだろう

きっともっとちゃんと時間をかけて また きちっとした計画を立てて
だって焦って急いで 作ったせいで 切って貼って 作って壊して

増やして減らして 減らしたら増やして
なして どうして ってなんでかって?
「?」出したフリして 分かってるくせして
「話して 聞かせて なんでなんで」

だって馬鹿なんだって人類なんて
そりゃそうなんだって分かってるって
だから1,2,3で滅んじゃえばいいんだって
だって なんてったって

馬鹿は死なないと治らない なら考えたって仕方ない
さぁ来世のおいらに期待大 でも待って じゃあ現世はどうすんだい
さぁ無茶しよう そんで苦茶しよう 二つ合わさって無茶苦茶にしよう
さぁ有耶しよう そんで無耶しよう 二つ合わさって有耶無耶にしよう


だからなんだって ダメになったって 先があんだって言うんだ
なぜになんだって ポイしちゃいといて 次はなんだって言うんだ
だがしかしbut けどけれどyet 何をどうやって言うんだ
何を言ったって 何をやったって ダメだダメだって言うんだ


ならば どうすればいい? どこに向かえばいい
いてもいなくなっても いけないならば どこに


来世があったって 仮に無くたって だから何だって言うんだ
生まれ変ったって 変らなくたって んなこたぁどうだっていんだ
天国行ったって 地獄だったって だからなんだって言うんだ
上じゃなくたって 下じゃなくたって 横にだって道はあんだ












この曲なら聞いたことがある方もいらっしゃると思います(^∀^)

タユタ 歌詞

July 01 [Thu], 2010, 19:58
最近すごくはまったRADの歌詞でも載せようか                                     








タユタ

揺れたこの想いの向かう先を
なにも言わず僕は眺めているよ

言葉だけじゃいつも足りないのは
その手を繋ぐ意味を残しているの


今 想い出が光る前に僕を見て
枯れた言葉なら もう言わないでいいよ


この地球(ほし)は今日も僕をまわすよ
振り落とされないように しがみつくけど

掴まった先は君の小さな手で
それを守るそぶりで 握りしめるの


今 想い出が光る前に僕を見て
震えたその手だけは 繋いでて

All of the mystics and existents will make you bring upon.
You'll never notice but you're always going to come back for more


今 想い出が光る前に僕を見て
震えていたのは そう 僕の手のほうだよ










6月8日のブログ

June 08 [Tue], 2010, 21:29
こんにちは。
テ、テスト・・・。
ど、どうしよう・・・・・・
数学と社会、自信ない。
PCばっかりしてるから(笑

RPGはまった。
コンちゃん。神!!
知ってる人は知っている
知らない人は覚えてね。

な、な、な??

May 31 [Mon], 2010, 18:54
はいドウモ。
はぁ いい画像が見つからない
いい動画はよく見つけるけど
親に「そろそろマジメに勉強しなさい」って言われた〜
確かにあまり家で勉強してないけど
 やっぱした方がいいのかなぁ・・・。
で、でもっ!!PCでだって勉強になってるよぉ・・。
ローマ字の。

まぁガンバッテミルカ。

ヒマ

May 29 [Sat], 2010, 18:18
おはよう・こんにちは・こんばんわ。
今日はずーっと寝てたなぁ・・・。ダルイ
あぁでも、まえたけさん(前田剛さん)はすごいなぁって思った
かおりん(妹子2代目)も好き!!
たけぽん、どこ行ったんだろう・・また復活しないかな

ハマッタ

May 26 [Wed], 2010, 17:30
最近 東方のBad Appieにはまった(笑 
特にYouTubeでもニコニコ動画にもある
「仏壇仮面さん」と「ただのんさん」の踊りが
動きも早いしダンスの振り付けもすごい
踊りたいww
あと初音ミクのローリンガールとサイハテとブラック★ロックシューターと
死にたがりとペテン師が笑う頃にも好き。
B★RSアニメ見たい。
ニコニコで見れるカナ?
Dearも好き
感動する
最後の 「愛していたから」 で目から汗がだらだr
シリアスとかすごい泣ける
映画も泣く ポケモンでも泣ける
ドラエもんも泣くなぁ

カラオケにボカロ系の曲ないかなぁ・・・

帰ってきました-^^

May 25 [Tue], 2010, 15:55
ついに自然教室からかえってこれました
手が痛い行く意味あったのかなぁ(笑
つかれたぁぁぁ
まあ自然教室ではいろいろあったなぁ
カッター漕ぎは楽しかった

スタンツも楽しかったかな?
最後  神話になれ!!  ってエヴァの曲歌った〜
すごく盛り上がった
スタンツだけもう一回したい。
ひぐらしとかも入れて
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:KAITO
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1997年12月11日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・うごメモ-友になって^^;
    ・動画を見ること-ギャグ日の腐向け
    ・まんがを描くこと-ほとんど太妹です。
読者になる
RADWIMPSの
タユタ・おしゃかしゃま
バグパイプ・謎謎
One man live
メルヘンとグレーテル
オーダーメイド・魔法鏡
叫べ・いいんですか
揶揄・有心論
が特に好きです。
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/imoko1997/index1_0.rdf