上原がバタヤン

May 29 [Mon], 2017, 8:43
看護師とは病院等の様々な医療機関ですごく重要な役割を背負っています。

ですけど、病院や医療施設の多くでは看護師不足に頭を痛めているというのが現在の状況です。医療現場では、深刻な看護師不足の問題を全く解消していません。この先は、わずかでも早くこういった問題を解決していかなくてはなりません。

医者がしていたことを看護師がするようになり、職務内容が豊富になっています。注射や点滴、カルテの整理、記録、次々と発生する患者さんの急な異変への対応に時間を取られて休みづらく、帰宅できないことも増加しているようです。結婚、出産をした看護師にとっては、家事や育児に仕事はハードすぎるものがあります。



以前にもまして離職者が増えてしまい、看護師不足の解消に至ることができません。

中には、退職金に懸念がある人ももしかしたら、多いかもしれません。
看護婦の退職金というのは、国立や県立の病院の場合、多額でしょう。国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。



小さい診療所だと、退職手当は少ししか出ません。
やはり、夜間の勤務が多くなる職種なので、大分部の人にとっていいとは限りませんが、大規模な病院の方が待遇が良好でしょう。
未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。

異性から好かれる要素の多い看護師でも、意外と未婚の人が多いようですね。具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は両極端だという事が分かりました。晩婚になる理由を挙げるとすれば、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。あまり意識されたことは無いかもしれませんが、看護師にもそれぞれ階級があります。階級が高いものは、職場によっても違うのですが、大抵は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。

具体的に、どのように階級が上がるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、周囲の信頼を得ることが大切なようです。
当然ですが、階級が高い程、年収や待遇は良くなるでしょう。ところで、看護師の外来での仕事というのは、病院を訪れた方なら知っているように、注射や問診、点滴、血圧測定といったことを行ったり、患者さんに医師の指示に基づき、処置を行います。



そして、検査や手術といった場合の移送も看護師の業務となります。看護師は患者さんと接する時間が多いため、ケガや病気の治療だけでなく精神面でもケアをする必要があるでしょう。


私の仕事は病院事務です。看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですが皆さんいつも忙しそうです。

家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。

だけど私の想像以上に「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。なんと子供を連れてきている看護師さんが少なからずいらっしゃるんです。

先生達も、歓迎している様子でしたし、温かい雰囲気でした。



どうしても、看護師という職業においては愛煙家があまり居ないというイメージですが、そのイメージ通りに平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。医療施設で働く職業上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している看護師が多いと分かるのではないでしょうか。看護師の転職しようとする動機としては、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。



女ばかりの仕事ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。

その中には、パワハラ・いじめが転職する発端となる人も少なくありません。

辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、体を悪くしてしまうので、すぐに転職した方が良いでしょう。現場では、看護師の業務は重要な職務といえます。いつも厳しい現場で業務を行っていると、様々な精神的な負担に陥る場合もあるのです。なんといっても、看護師はいつも命にかかわる仕事に携わっていますから、強い緊張感にかられることもたくさんあり、精神的な負担を適度に発散させる努力も重要です。



看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、新人だということは何の言い訳にもならずはっきりと労基法に違反しているのです。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、働いたらその分はちゃんと、報酬を得なくてはなりません。入院している知人の病室に、見舞いに行ったのですが、慌しく看護師が複数の患者さんのサポートを行っているのを見かけたのです。
患者さんの中には体の自由がきかないために、頻繁にナースコールをしなければならない人も珍しくありません。現場で働いている看護師は、お見舞い客が短時間だけみても、つねに苦労が絶えないと思います。



以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、最近ではこれを行っている病院は多いです。



ちゃんと個人個人の能力について測り、評価できるように、一からスケールを作っていった病院もあるようです。そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、一年に一度だけということもあります。こうして定期的にどう評価されているか知ると、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、看護師としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均年収という点では明らかに看護師の方が多いです。



看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく需要が途切れることなくあります。
そのため、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの役得もあるようです。
さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。

看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、看護師の中でも小さな子を持つ場合には大きな不安要素となり得ます。
ある程度の年齢までなら数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。そのため、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方もかなりの割合で存在しています。看護士も看護師も基本は同様の仕事を指します。違うところは、男性を以前は看護士、看護婦は女性のことをいうように男女で区分して呼んでいました。
現在においては、男女わけずに看護師という呼び名に統一されています。



育児のために転職する看護師も少なくありません。

特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、昼間のみの勤務だったり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが良いですよね。子育ての期間だけ看護師を休業するという人もたくさんいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、看護師の資格を有効利用できる別の職を探すことを勧めます。
気になる看護師の平均年収は、激務である割に、それほど高額ではないのが事実のようです。そのため、常によりよい月収を支払ってくれる職場を求めて転職に向けて活動している人がいます。



賃金が高い病院は、とても人気があり稀にしか空きが出ないため、看護師専用の転職サイトなどを利用して、転職活動をしている人もいるようです。

交代勤務を代表に看護師の仕事は大変ハードでも、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。
簡単に済んでしまうようなケースもあるとはいえ、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは安易な気持ちで申し送りできないものです。看護師の業務には、どんな業務があるのでしょうか。


朝は、昨日の夜勤の担当者より、患者の情報を得て、業務を引き継ぎます。この業務は、夜勤や日勤の交代において必ずする「申し送り」という名の業務です。

それが済むと、入院中の患者さんのバイタルを測定して、必要により、清拭、入浴の介助を実行します。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる