生きている 

2017年08月27日(日) 17時58分
仕事をしていない時はいつも仕事を辞めたいと思っていた。
そう思わないのは仕事をしている時だけだった。


死への意識によって生は輝いてみえるという。


私の起きている時間のなかにも生きている時間と死んでいる時間があるような気がする。


仕事をしてないとき、仕事をしている私は死んでいる。死んでいると、生きることのエネルギーを出すのが面倒になる。


「死にたいと思わない時以外はいつも死にたい」
そういう世界にいつもいた。今生きてないのだから、死にたいに決まってる。死にたい、というか、死んでいるんだ。私は死んでいる状態を受け入れきれずに、その寂しさや退屈さに耐えかねて死にたいと思っていた。


あの夢中な時間こそが私が生きている時間なのだと思う。その瞬間にはそのことを尊くおもう暇もないくらいに生きているから、素晴らしい愛の時間はいつも過去の思い出になる。


だけどこういう発想は、死んでるときに思いつく。死んでるようで、死んでいないのかな。仕事をしている私、友達といる私、彼といる私、みんな死んでる時に、私はようやく私と話ができるのかもしれない。

卒検 

2017年08月27日(日) 16時39分

車の卒検に1発で受かった。指の先からY県民のアイデンティティが私を少しずつ塗り替えていく。妙に悲しいけど受かったのは嬉しいから祝って欲しい。まだ心は地元にあるのに自分でY県のドアをノックしている。そういう夏、こんな夏がくるとは。

日記 

2017年05月21日(日) 23時05分

今日は自動車学校に行った。初めて運転席に座った。クリープ現象でゆっくり進んだりして楽しかった。おじさんは優しくて何よりだった。優しいおじさんは助かる。人にはスピードへの憧れと恐怖があります、っていう教えと、シートベルトをしないと事故の時にハンドルに押されて腸が飛び出ますって教えが怖かった。




あと自転車の鍵をなくして、ピッキングをして開けて、ナンバーキーにした。ピッキングはヘアピンとハリガネで出来た。これは才能があるかもしれない、と思った。

3秒前 

2017年04月06日(木) 22時45分
ゆーがったっめーる
ゆーがったっくいーんてど




うぇーい!

しもんしもん 

2017年04月05日(水) 17時23分
しもんしもん
指紋を読み取る我ら
しもんを読むよ
読み取ろうよ

おわた 

2017年04月04日(火) 22時17分
今日も無事おわた。


毎日頑張ってしごとにいってる。
これは、えらいことである。

考えるのをやめられないという病気が故か

私は考えるのを仕事にした。


考えるぞ〜。


こないだお笑いライブいった。
サンドウィッチマンとナイツとロケット団と平野ノラとU字工事とニッチェと鬼ヶ島と東京03がきた。これで漏れてたらすごいなんか申し訳ないよね。あ、あばれるくん漏れてた。あ、三四郎もだ。おもしろかた。芸人さんはすごいのぅ。


バレーボールはもう嫌だ。

おひさ 

2017年04月03日(月) 22時29分
なんだこれ。


恥ずかしすぎるけど、うける。


変な趣味だなー。悪趣味だ。
今も子どもだと思うけど、大分子どもだったな。
でも消すのももったいない。


学校卒業して働き出した。
一人暮らしは3回目?
大学生の一人暮らしはもう10年近くも前の話。


時間過ぎてるわー。
すごい過ぎてる。気付いたらアラサー。
とにかく今日が無事終われと思ってるから忘れてしまう。
大事な時間を過ごしてるんだな。


頑張って生きてるぞ。
なんとかなんとか生き続けている。


またちょこちょこ書こう。

(無題) 

2015年04月27日(月) 11時31分
はらいたい
しぬ

(無題) 

2015年04月26日(日) 9時22分
男の人はよくわからない。
だいたいにおいて、努力したことよりも、えっそこ?というところを可愛いといってくれる。アイスを道に落としたり、居眠りしたり。
今日はデートだって張り切った時よりも寝坊したボサボサ頭の方が好きだというのはなぜだろう。

きっと何をしなくちゃとか、何をしたらいけないとか、頑張らなくちゃとか、そういうことじゃないのだろう。でも正直なところ私にはその世界はまだよくわからない。

彼と付き合っていると、いったいその愛はどこから湧いてくるのか、と思うことが多々ある。きっと、私には何か欠けているものを持ってるんだと思う。それは愛が湧く源みたいな何か。

正直なところ、私は人を愛したことがあるのか謎。そして親に愛されているのかも謎。親のことも、彼氏のことも、本気で愛しているのかと問われるとよく分からない。友達は確かに大切で、幸せになってほしいと心底思う、これは愛なのだろうか。
親との関係が微妙だから、大切な友達が出来て本当によかったと思う。男の人との愛という次のステップに進めたのはみんなのおかげかもしれない。

無条件の愛?よく分からない。やりたいことをやってれば何が出来て何が出来なくても愛してくれる人がいて、その人と結婚すればいいのかな。自分の判断内でやらなくちゃいけないことをして?

よく分からない。結局家事とか仕事とかしないと誰からも愛されないよね?謎すぎる。

当たり前にこなせる人になっていけると思う?愛が私の生きる力を育てていくのだろうか。

とにかくもう、何もしたくないのに、人とは愛し合いたい、寂しいと思う。生理でこころがおかしくなってるのかな。

ひさじぶり 

2015年04月24日(金) 19時59分
どうして鼻くそみたいなやつはアウトオブ眼中の祈りをはねのけて幸せな報告を私の穴という穴にねじ込んでくるのに、私が好きな人たちはそうじゃないのか。好きな人に幸せになってほしい。うまくはいかなくっても、心豊かに生き抜いてほしい。自分も、そうして幸せでありたい。

学校卒業して、とりあえず心理職の非常勤で働きながら資格の勉強している。

楽な仕事はこの世にないのかもしれないけど、楽してお金が欲しいと心底思う。


働きたくねぇー。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:PON
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1990年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・本
    ・ぼんやり
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる