土居とベッコウハゴロモ

September 09 [Fri], 2016, 11:02
看護士の志望動機に関しては、実際に何をきっかけとして看護師という職に就きたいと思うようになったのかを交えることによって、印象が良くなります。転職の時の志望理由は、今までに経験したことを活かしたい、さらに誰かの役にたてるような技術を身につけたいなど、未来を明るくみせるようなものにしてください。

以前の職場で不満に思ったことや悪口はいわないようにするべきです。長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。


よく言われるものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。



折角休みになっても友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みをよく聞きます。他にも、そもそも人手が足りずに休みが取れないということも珍しくありません。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。単に看護師とっても、職場でガッツリ仕事をしたいのか、介護に関する就労をしたいのか、はたまた、専門資格を有効活用できる事務系の勤務をしたいのか、たくさんあるでしょう。



あるいは、大きな病院で仕事に就きたいのか、あるいは、小さな個人病院に勤務したいのか、勤務先の人数、勤務する時間に要求があるのかも重要です。

他の医療機関に看護師が転職をしたいと思ったら、何をすべきでしょう。

看護師に限定されることではないかもしれませんが、転職を望む際には、それぞれに理由が存在するものです。

家庭の事情に伴った勤務条件の変化とか、労働環境や間関係などへの困り事、困り事があるものです。看護師転職情報サイトにのっている看護のお仕事は、医療機関の求人件数も豊富ですが、それだけではなく一般的には公開されていない求人情報が多くあり、登録することで思いがけない好条件の転職先を紹介してもらえる事があるかもしれません。



担当コンサルタントによるきちんとしたフォローも長所としてあげられているそうで、できる限り細かなリクエストにも対応していただけるようです。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと階級も上がっていきます。婦長といえば分かりやすい役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも少なくありませんので、国家資格を持った正看護師の立場では役職的には上の立場に立っているという訳です。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。
よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。

夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも看護師の仕事です。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらい立ち働くことになります。

外科勤務の看護師の、考えられる良い側面と良くない側面を分かっておく必要があります。
まず、手術前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、看護師としての技術が学べることです。短所は何かというと、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長期に渡って落ち着いてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウシン
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/img7saefsedw1n/index1_0.rdf