森重の関野

May 10 [Tue], 2016, 17:46
妊娠が分かった後に葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも大丈夫です。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も、葉酸の摂取によって身体を健康的に保つことをおススメします。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊婦への積極的な摂取が求められています。サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいらっしゃいますよね。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多いほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普段通りの食事をきちんと摂っていれば、多少は葉酸を摂れていたと思います。
妊婦にとって葉酸は大変重要な栄養素の一つです。それでは、仮に葉酸が欠乏してしまうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、胎児に葉酸が不足した場合、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると知られています。それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。なぜかと言うと、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。この話はもちろん、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を意識しましょう。
スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも大事な栄養素が含まれていますから、意識して食べたい食品に入ります。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く偏らない食事にするのが理想的な食生活というのに変わりはありません。そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが、妊娠してからも楽になります。
葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。しかし、実は葉酸は熱に弱いため熱を加えてしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。
葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが認められています。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が勧告しているのです。例えば葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースがよく耳にします。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
妊活中には、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。ですからいつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になると言われていますので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血作用を高める効果があります。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠しやすい状態を作り出すので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。それに、血液が増えると新しい血液が体内サイクルを整え、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:楓
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/imenhpapilvdnn/index1_0.rdf