事業の拡大 

September 23 [Tue], 2008, 21:24
事業の拡大について考えてみる。

毎月の目標は粗利で1000万。
利益率が15%〜30%の商売だから、売上1000万いけばクリア可能な数字だ。

では今年こなしている案件数はというと

1月:5件
2月:5件
3月:9件
4月:6件
5月:4件
6月:7件
7月:4件
8月:4件
9月:2件

平均すると6件か・・・
目標にも届いていない。。

以下分析。

【会社SWOT】
強み (Strengths)
・特定の人に対する交渉可能
N氏、A氏、I氏

弱み (Weaknesses)
・先行投資系のビジネスは不可
・直接クライアントがいない

機会 (Opportunities)


脅威 (Threats)


なかなかないな。
この事業どうなのか?







早め処理 

September 23 [Tue], 2008, 17:20
よくない癖を発見した。

伝票処理。稟議書の処理。請求書の処理。

とにかく迅速に対応し、何の案件をやっているか常に把握する。

届き次第すべて対応するべし!!

戒めまとめ 

September 23 [Tue], 2008, 1:01
仕入れと販社

WIN×WINの関係(商品と販社の関係) 

September 23 [Tue], 2008, 0:36
【案件内容】
@商品を仕入れる
A商品を売る
非常にシンプルな話だ。条件を詰めて最終的に折り合えばGOできる。

売り上げ:Aランク
利益率:Aランク
リスク:Aランク


【結果】
※商品を売ることができず、仕入れ先からクレーム(というより呆れ)を受けた。


ではどこでミスをしたのか?

【ミス要因】
・販社について
⇒この手の話(媒体含む)はすべて出口が最重要課題だった。基本的に商売の原則として仕入れる(お金を払う)会社へのプレゼン不足及びメリットを見い出せなかった。
※政治的な事情があるとしてもそこに甘え強引に進めようとした。

・仕入れ先について
⇒商品を取り扱うにあたっての話のオペレーション不足。いくらクライアントが急いでいたとしても出来ること、出来ないことについてはっきり言うべき。その上でメリットがあるかないかの判断をくださないと仕入れ先にも迷惑がかかる。
※今回はテーブルをひっくり返してしまった。対応としては慎重にできる方法を探すことが迷惑をかけてしまった会社にすること!

・調整事項
⇒間に入って進める以上は双方のメリット及び条件を満たさなければ進まない。今回は一方的に販社にリスクを背負わせてしまった。



【戒め】

@代理店になる場合は常に両社のメリットをだすこと
A代理店になるということは間に入るということはスムーズに話が進むということ
B自社でリスクが持てないものに関しては迂闊に発言をしない

⇒鉄則は常にWIN×WIN×WIN!

※商品を取り扱う業界の進め方は基本は紙ベースになり、納品後2か月の入金になることを頭に入れる



うまい話などない! 

September 23 [Tue], 2008, 0:22
仕事上のミスをした。。
絶対今後は同じミスをしたくない。

今そんなことを考えている。
自分への戒めとモチベーションのために日記を綴っていくことにしよう。

個人目標は年間一億円粗利を上げる!
そのことに集中して今後は行動していこう!

・初心忘るべからず
・後悔先にたたず

以上!

ちゃんと考えて行動!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:imashime
読者になる
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント