幸音先輩へ 擬人化小説ー・・・だと思う。(蹴 

2006年12月12日(火) 12時26分


僕が、ここに住み始めて一年目・・・少し落ち着いてきた。

でも今日は伊万里が騒いでいる。

なんか病院の先輩が遊びにくるそうだ、まぁ僕には関係ないけど・・・


ピーンポーン ドタドタ ガチャッ

「ぁー幸音先輩、いらっしゃい」

「どもーあ、この人がトテ?」

「ほら、トテも挨拶しろ」

「年下に命令されるのはイヤなんですけど・・・」

「うるせ、挨拶マナーだ」

「・・・はじめましてトテです」

「はじめまして、幸音です!チラチラと見てたけど話すのは初めてだねぇー」

「はァ・・・」

こういう人苦手だな・・・

明るすぎるというかなんと言うか・・・

「あ、りララ君とか言う人は?」

「今日は、りララは仕事でてかけてるから」

「そっかぁ・・・」

少し落ち込んでるような幸音さん・・・だっけ
りララは・・・男だよ、一応・・・ね

「あ、僕あっちで本読んでますね」

「ちょっと待てや、トテ」

僕が、移動しようとしたら伊万里に捕まった。

「何だよ・・・」

「アラメイさんに挨拶しろ」

「・・・はじめまして、アラメイさん トテです」

「はじめまして・・・」

「じゃあ、私は幸音さんと話してるから二人で話しててね」

「アラメイまたあとで〜♪」

「ハィ?」


「・・・」

「トテさんの・・・飼い主さんとはどんな感じなのですか?」

「友達感覚です。あー・・・ちょっと周りの人とちがいますね。」

「ちがう・・・?」

「なんか、周りの人とくらべると価値観が違うみたいで、へんなやつ呼ばわりです。」

「・・・僕の飼い主よりはマシですよ。」

女の子なのに・・・僕?

かわってるな、この子。

いや、人のこと言えない・・・らしいけど
「・・・アラメイさんの飼い主さんはどんな感じなのですか?」

「一言で言うと、変人です」

「え」

自分の飼い主を変人扱いするなんて・・・すごいな

「いきなり抱きついてきたりするんで・・・」

「へぇ・・・僕は抱きつかれたことは無いですけど、噛みつかれたことはありますよ。」

「噛み付く?」

「なんか、寝ぼけていきなり耳に噛み付いてきたんです」

「・・・すごい」

「あはは・・・」

「・・・」

「・・・」

なんか・・・やだなぁ・・・このリヴ。ぜんぜん、笑わない

飼い主とは正反対だな性格
 

「あの、アラメイさんは友達とかいますよね?」

あー何、言ってんだよ僕。

普通いるだろが。

「・・・一応はは・・・トテさんは?」

「いますが・・・変なのしかいません」

「・・・変とは?」

「なんか・・・戦国時代になってるよ頭ン中見たいな人とか」

「・・・」

「ひどいと、いきなり殴りかかってきたりします」

「それは・・・すごいですね」

「伊万里の趣味なんだろうか・・・」

「そうだと・・・思います」

「・・・アラメイさんは?」

「います・・・私が思ってるだけかもしれませんが」

「どんな人ですか?」

「世話好きとか、女っぽいとか、マイペースとか、女ったらしとか」

「お、女ったらしですか・・・」

「・・・はい、でも家族みたいにあったかい人たちです」

「家族・・・ですか。」

「・・・」

「僕、家族に嫌われてて・・・冷たい人でした・・・」

「・・・」

あ、ヤベ 暗いよ、

「あ、ご、ごめんなさい。暗いですよね・・・」

「・・・いぇ」

「・・・」

「あ・・・つまらないですか?」

「・・・つまらなくは無いですが・・・楽しくはないです」

正直者だなー。いや、俺もつまらなくは無いけど楽しくはないかな。

「あーそういえば、アラメイさんの家族は・・・?」

すると、アラメイは少し悲しそうな声で言った

「今は・・・いません」

「え・・・」

「昔 イロイロあって・・・」

「あ・・・すみません・・・」

「・・・いぇ」

「・・・」

ん?ネックレス・・・?

星の形してる・・・古そうだなぁ・・・。

「・・・その、ネックレス綺麗ですね」

「え?」アラメイは驚いて顔を上に上げた。

「え?あ、なんか変なこといいました?」

「いぇ・・・有難う御座います」

ソレを、横目で見る飼い主たち。

『うわー初々しいね先輩』

『そうだねぇ』

『無愛そ・・・じゃ無くて無反応だねー』

『あれ?今、さり気に無愛想って言わなかった?』

『気のせいだよ。』

『んー・・・アレでも喜んでるんだよアラメイチャン』

『ふーん・・・あートテ、テンパルよ もうすぐ』

『そりゃぁいい・・・』

『フッ、見ものね・・・』

く、黒いよ飼い主ども!

続く


_________________
反省文じゃコルァ!(蹴

てか、長いよね んでもってコレ、キリリク
なんだけどねぇ・・・(汗

ご、ごめんなさいよ・・・私の小説はヘボーヘボヘボー!!!!(ゲフゲフッ!

あ、誤字脱字があったらコメントをオネガイシマス・・・
今度トテの擬人化設定と・・・アラメイ先輩の擬人化設定を乗せたいなぁ・・・

祝☆適当に見つけたブログ(蹴 

2006年12月12日(火) 11時51分
はじめまして。このブログの主です(謎

まぁ、伊万里って名前はありますけどね。

ここはですね・・・まぁ小説公開所みたいなとこですかね。
今ところ空気亭のキリ版リクの小説を載せる予定です・・・。

こんな私ですがよろしくおねがいします・・・。

あ、ちなみに小説はリヴリーアイランドをやってない方はわからないかも知れません・・・orz

あと、銀魂ドリームとかやってみたいなぁ

まぁ、そんなこんなで書いていきいますので・・・

※私が書く小説はヘボ通り越しています。ってか修正が少ない・・・orz
 それでもよろしければどうぞ・・・




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:imarigoma
読者になる
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係がありません。
Yapme!一覧
読者になる