ニッスイ【イマーク】中性脂肪・コレステロールの対策に!

September 14 [Fri], 2012, 10:47

イマーク

ニッスイ【イマーク】は最近、30代〜40代を中心として
増加傾向にある「脂肪肝」の予防にもお勧めな商品なんです。

「脂肪肝」とは
過食や飲み過ぎが原因で、肝臓に中性脂肪
コレステロールが溜まってしまった、肝臓の肥満症とも言える
状態の事なんです。

「脂肪肝」になってしまった肝臓をそのまま放置しておくと
動脈硬化をはじめとする生活習慣病の原因にもなってしまうんですよ。

このような状態になる前に、対策を始めましょう。

ニッスイ【イマーク】
ニッスイが世界に誇る、EPA抽出技術から誕生した
日本初のEPAを含有した「特定保健用食品」で、
青魚に含まれる脂肪酸の一種であるEPAを600mg
DHAを260mg配合されているんです。
これらには、中性脂肪低下させる作用があるんですよ。

中性脂肪コレステロールが気になり始めたら
ニッスイ【イマーク】で対策を始める事をお勧めします!

>>>ニッスイ 【イマーク】を詳しく知りたい方はこちらでチェック



安心の特定保健用食品「ニッスイ イマーク」の効果とは?

September 11 [Tue], 2012, 9:13

イマーク


ニッスイ【イマーク】は臨床試験でも効果が認められた「特定保健用食品」で、
中性脂肪が気になり始めた方人気なんですよ。

更に、ニッスイ【イマーク】は日本では初めての
EPA含有「特定保健用食品」で私達の体内では作る事が出来ない
青魚のサラサラ成分である「EPA・DHA」配合しているんです。

この「EPA・DHA」には中性脂肪低下させる作用がある為、
近年、増加傾向にある「脂肪肝」の予防にお勧めな成分なんです。

ニッスイ【イマーク】は臨床試験で1日1本を2ヶ月飲用する事により
中性脂肪平均20%低下する事も証明されているんです。

更に、一時的に中性脂肪の上昇を抑えるのではなく、
その効果を維持出来るという所も人気を得ている理由なんですよ。


>>>ニッスイ 【イマーク】を詳しく知りたい方はこちらでチェック



ニッスイ イマークの気になる副作用について

September 09 [Sun], 2012, 9:27

イマーク


ニッスイ【イマーク】生活習慣病メタボ等が
気になり始めた方にお勧めな商品なんです。

ニッスイ【イマーク】中性脂肪を低下させる作用がある「EPA」を配合した
日本初のEPA含有「特定保健用食品」なんですよ!

ニッスイ【イマーク】の効果は臨床試験でも認められていますが、
飲用することで起こり得る副作用も実は存在しているんです。

では、どの様な副作用が起こり得るのでしょうか?

ニッスイ【イマーク】は、
中性脂肪を低下させる「EPA」を豊富に含んでいますが、
「EPA」には血液をサラサラにする効果もあり
「血小板」の作用を弱めているんです。

「血小板」は血液を固め易くする血中成分のことで、
傷が出来た時に傷口を塞ぐ作用があります。

この「血小板」の作用を弱めるという事は、出血が起こりやすくなり
傷が治りにくくなったり、女性では生理の時に出血量が多くなったりするんです。

この様な副作用はありますが「1日1本」を原則として
飲み続ける分には副作用が起こる心配はほとんど無いので安心して下さいね。

つい、「効果を増やそう」という思いから1日に何本も飲み続けてしまうと
副作用が起こる可能性があるので、「1日1本」を守る事が大切なんです!

沢山飲めば効果が得られるというものではないんですね。


>>>ニッスイ 【イマーク】を詳しく知りたい方はこちらでチェック