2004年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像じゃっきー
焼き芋 (2004年12月09日)
アイコン画像じゃっきー
再出発 (2004年11月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:imamyi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
焼き芋 / 2004年12月09日(木)
18:00頃にお店の前を焼き芋屋さんが通った。
うちの新人のちえみちゃんが焼き芋屋さんの車を止めようとしてました。
なのでおごってあげました。
新人ちえみちゃん、焼き芋屋さんの車を止めたのが、
人生初めてだそうです。
良かったよかった。

焼き芋見た中西くん、あいかわらず変態な想像してました。
やつにはもうおごらない。
 
   
Posted at 18:05/ この記事のURL
コメント(1)
再出発 / 2004年11月24日(水)
さて、いいかげん更新してなくていかんと思いつつ
今日まで経ってしまうま。(古)
思えば激動の2ヶ月でした。自分にとっては。
自分は多分仕事人間なので、生活の中心はお仕事になってしまうのですが
この仕事で多々大変な思いをしまうま。(しつこい)
自分にとってあと何年かはいてくれると思っていた右腕は無くすは
腰が痛くて人伝に店辞めたいっていうのがいたりして
脳味噌がパンク寸前まで追いやられて、こりゃりゃりゃどうしたもんかと
思っていたのが、つい最近まででした。

とりあえず、今日で進むべき方向性がちらりと見えたので進むことにしました。
テンションあげていきます。結構なハイテンションで。

12月1日付でNEWな社員が入ります。女の子です。若いです。
てなことで、皆様のご協力が必要となりますのでお力貸して下さいませませ。
いぐぜっ(柴田恭平風)

乱筆乱文をお許しくださいませませ。
 
   
Posted at 01:15/ この記事のURL
コメント(1)
思った。 / 2004年07月27日(火)
今日、人と待ち合わせをした。
が、時間に間に合わなかった。

これが事実なわけで、
遅れた理由はあるけれど、事実は結果なわけで。

これが自分のイカンところであって、
直さなければイカンところである。

何事も完璧な人間ってのは無理かもしれんが、
完璧に近い人間はいるので、
それに成れるよう努力しようと思ったさ。

思ったから実行するか。
 
   
Posted at 01:08/ この記事のURL
コメント(0)
自転車その3 / 2004年07月16日(金)
すっかりさぼってしまいました。日記。すいません。
今週は自転車2台も組んでしまって(作ってしまって)なんも出来なかった。

さて、スーパーカー自転車大破の話まで書きましたが、その自転車のあと
に乗った自転車の話でも書きますわ。
小学校6年生の時に従兄弟と自転車をトレードしました。
いわゆる「ロードマン」です。ドロップハンドルの12段変速です。
これが自分にとって初めてのスポーツ自転車です。
でも、実際のところあまり印象がありません。
1年間しか乗らなかったので当たり前といえばそうなのですが、思い出が
無いんですね。記憶に残っているのは青いフレームで、遠出したのは
青森の雲谷スキー場に夏にラジコン大会に出る為に友達と出かけたこと
くらいです。多分ハマッテたのがラジコンだから印象が薄いのでしょうね。
ちなみにラジコンはお年玉叩いて買いました。タミヤのファルコンっていう
2駆のオフロードのラジコンです。ギアボックス作れなくて親父が夜な夜な
作ってたです。これはまだ実家に残ってます。

てな感じで小学校の時に乗ってた自転車は3台。贅沢ですな。
中学のときは1台しか乗ってないのに・・・。
 
   
Posted at 01:44/ この記事のURL
コメント(0)
洗車その後 / 2004年07月08日(木)
さて48時間経ちました。
アクア○リスタルの効果は・・・

イインデナイノ

ってな感じでした。まあ洗車したから綺麗なのは当たり前なのですが、
たしかに光ってる感じはします。
今度は他の物に使ってみます。
なんか人柱っぽい感じがするなぁ、自分。
おもろいからいいっか。
 
   
Posted at 02:34/ この記事のURL
コメント(0)
洗車 / 2004年07月06日(火)
今日(月曜ね)、仕事が休みだったので車の洗車をしたみた。

自分の車は去年の11月に友人から2万円(本体価格0円オーディオ価格2万円)
で貰ったもので、発売から10年たっている車です。白状しますと今まで自分で
車を洗ったのは2回だけで、あとはガソリンスタンドかディーラーで洗車してました。
1BOXの車は洗車価格がセダンなどと比べると割高なんですが、ガソリン入れに
行くと「お車汚れていますがついでに洗車でもいかがですか」と店員さんに
アプローチされるとつい「はいお願いします。1番イイやつで。」(2,500円前後)と
なってしまういいお客さんなのであります。

で、なぜ自分で洗車したかというと先日勤め先のスタッフと割り勘で深夜通販で
良く売っている「アクアクリスタル」なるコーティング剤を割安で購入したので
実験がてら使ってみることにしたのです。
説明書どおりに使ってみました。でかい車なので2時間かかりました。慣れれば
1時間で終わりますね。多分。で、結果なのですが確かに綺麗になります。
手順は簡単に書くと、普通に洗う→よく水で流す→水滴が付いたまま
アクアクリスタルをつけて伸ばす→また水で流す→乾拭き(念入りに)で終了。
何でも48時間後はもちっと輝くらしいので結果報告します。
でもあれだけ水かけて拭いたら何でも綺麗になる気がするような・・・
また暇があればやってみようと思ったです。
 
   
Posted at 01:01/ この記事のURL
コメント(0)
自転車その2 / 2004年07月05日(月)
なんだか昨日の書いたものを読み返して、改行はおかしく表示されてる
みたいだわ、文章は下手だわ、もちっと考えてやろうと思った次第です。

さて、自転車なんですが一応自分が乗ったこと(所有した)あるものを
書いてみてるのですが、スーパーカー自転車の話の続きです。
この自転車は今までで一番事故率が高い自転車でした。全部自損
ですが。近所の友達と路地1周レースをしていたら、コーナーで塀に隠れて
いた友達3人に上から水をかけられて、水が目に入って見えなくなり
そのままコーナー曲がりきれずにブロック塀に正面衝突して、自転車の前を
大破して、自分の怪我はトップチューブに取り付けてある変速レバーに
金○をぶつけて1段目に入っていたはずの変速を金○で6段にして
「玉痛いじゃ〜」って飛び跳ねたり(そのあと僕のあれはすごい腫れた)
近くの土採掘場のがけから飛び落ちて肘膝ずるむけになったり、
今思えばよく死ななかったなぁと思う出来事満載でした。

あの経験があるから今、自転車乗っても大怪我しないのかな?と
ふと思った次第であります。怪我には気をつけましょう。皆様。
 
   
Posted at 03:13/ この記事のURL
コメント(0)
自転車その1.8 / 2004年07月04日(日)
〜続き〜
がっかりした僕を見てバイク屋のおじさんは本当はオプションのカゴをつけてくれました。
で、それ乗って家に帰りました。でも一緒に買いに行った親父はバイク(50CCのカブ)で先行
してくれるのはいいのですが、どんどんスピードを出して「早ぐこねがな。」ってまくしたてまくるのです。しかも表情は半分キレ気味で。多分バイク屋さんで駄々こねて、しかもお目当てでは無い自転車を乗っててムクれている僕を見て頭に来てたのでしょう。それでビビッた僕は慌ててペダルを漕ぎました。家に着いて「これ最高たじゃ〜。」って言ってご機嫌取るのもしました。そしたら親父はご満悦そうに「33,000円もすれば最高たべや。」って言いました。これで
一件落着です。そのあとこの丸石号は2年に渡り、大活躍をしてくれました。

その話は明日また。って長い話で申し訳ないです。結構記憶に残ってるもんですな。
 
   
Posted at 02:49/ この記事のURL
コメント(0)
自転車その1.5 / 2004年07月04日(日)
〜続き〜
小学4年生の4月に新車を買ってもらえることになり狂喜乱舞しました。
当時の流行はスポーツカーみたいな自転車。ライトが前に2個付いててウインカーがついてて、変速がフレームの真ん中に車のシフトみたいに5〜6段ついててハンドルが変に曲がってたヤツ。カゴをつけるとしたら折りたたみのかごを後ろのキャリアの横につけて、そのカゴにガンプラ買いに行ってお目当てでは無いムサイとかカゴをいれてショボーンと帰ってくる
なんてことをしたヤツですよ。
 そんな高級自転車を親父はなじみのバイク屋さんで買ってくれると言い出したのです。
子供心にも欲しいのはもう決まっていて、バイク屋さんにいったらそれはありました。
電池をいれる(単1電池6本)バッテリパックがリアキャリアの右についてて、フレームの
真ん中にマウントしてあるシフトレバーがまるでマニュアル車みたいにシフト出来る電動
変速のすごい自転車。値段も5万円を超えていたと思います。でもそれは親父は駄目だ
と言いました。電動の変速であるということ。つまり電池が切れると変速できなくなるから不経済だと。次に値段。高すぎると。バイク屋さんのおじさんと3人でもめにもめました。僕は地団駄を踏みました。で、結局決まったのはそのスーパーカールックではあるものの、2個グレード下のまったく電動では無いシフトは6段変速だけれども上下にカチカチしか出来ないものでした。メーカーは丸石製で価格も3万3000円でした。でも十分高いのね。今思うと。いやな子供です。ごめんなさいお父さん。
〜続く〜
 
   
Posted at 02:48/ この記事のURL
コメント(0)
自転車その1 / 2004年07月04日(日)
 今思えば子供のころから自転車に執着心がありました。
一番最初に乗ったのは黄色と黒のツートンの補助輪付きのやつ。ホイールサイズは多分
16インチ。僕の田舎の小学校では公道を自転車で走るのは小学4年からという決まりが
あって、小学3年生のころはもうイテモッタッテモいられない気持ちに駆り立てられ、つい
家の前から数十メートル走ってしまい、上級生に見つかり前輪を蹴られて泣いたという記憶
があります。ははっ。でその後はお決まりのセリフ「先生に言ってやろぅ」って上級生に脅されて結局チクられずに済んだので、ほっとしたはずです。まぁそのあともコッソリと4年になるまで乗ってました。
〜続く〜

 
   
Posted at 01:39/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!