不出来な絵・果実が美しく・曠 野

May 22 [Sun], 2011, 0:17
はじめまして。こんにちは。

しばらく私の糧にしようと思っている詩3編を著作権完全無視で記しておきたいと思います。


不出来な絵 石垣りん

この絵を貴方にさしあげます
下手ですが
心をこめて描きました

向こうに見える一本の道
あそこに
私の思いが通っております
その向こうに展けた空
うす紫とバラ色の
あれは私の見た空、美しい空

それらをささえる湖と
湖につき出た青い岬
すべて私が見、心に抱き
そして愛した風景

あまりに不出来なこの絵を
はずかしいと思えばとても上げられない
けれど貴方は欲しい、と言われる

下手だからいやですと
言い張ってみたものの
そんな依怙地さを通してきたのが
いま迄の私であったように
ふと、思われ
それでさしあげる気になりました。

そうです
下手だからみっともないという
それは世間体
遠慮や見得のまじり合い
そのかげで
私はひそかに
でも愛している
自分が描いた
その対象になったものを
ことごとく愛している
と、きっぱり思っているのです

これもどうやら
私の過去を思わせる
この絵の風景に日暮れがやってきても
この絵の風景に冬がきて
木々が裸になったとしても
ああ、愛している
まだ愛している
と、思うのです
それだけ、それっきり

不出来な私の過去のように
下手ですが精一ぱい
心をこめて描きました。



果実が美しく 高見順

果実が美しく
そうして強く熟している所で
今日もそのひとに会った
果実のように静かなそのひとに

そのひとのことを
君にも知って貰いたい
栽培する者の苦しみは知らなくても
栽培された果実の味は知っている君に

そのひとは知っているのだ
果樹は栽培されても
栽培だけで果実は熟さない
果実を熟させるものは何か

神を知らない私だから
神の恩寵を云々できないから
果実を熟させるものが
果実の野心ではないとしか言えないが

そのひとにはわかっているのだ
果実を熟させる何かを
そのひとの眼は静かにみている
そうしてそのひとの眼は私を見ない

果実にだけ眼をそそいでいる
そのひとの眼は私に告げる
この世の苦しみや挫折を
たくさん見てきたひとの眼だと

糞尿をかぶった根のように
辱めをも精神の肥料にした
若い日の私は私から失われ
喜びも今の私を養わない

その私も今日はそのひとから
果実のようでなくともいいから
眼をそそいで貰いたいとお辞儀をしたら
たいへん恥ずかしそうにそのひとは微笑んだ

ああその微笑みを
君にも見せたかった
君 盲目の野心家よ
私の内部に病み倒れている者よ



曠 野    新藤凉子

高粱畑を過ぎ 牧草地を過ぎ
赤い芥子の咲き乱れる群落を過ぎても
夏の草の原は
地平線の限りを続いた
太陽が昇ったあと
半日をかけて衰えた陽は
天と地のすべてを血のように染めて融けた
そのあとに月は曠野のうえを冴え渡る
もう三日もこの景色は変らない
毎日 地平線から太陽は昇り 陽は沈む
お父さん いま
迎えに行くのよ
万里の長城を越えて
二千年をかけて造ったこの城壁を
たった九年しか生きていないわたしが
いま越えてゆく
万里の長城の二千年も
わたしの九年も
お父さんの生きた三十六年も
まぼろしのよう
先生がこわい顔をして
「……だからすぐに帰りなさい」といったとき
隣りの席の子が
わたしのお父さんでなくてよかった!
とつぶやいた そのときに
わっ と泣いたわたしだったけど
こんなに果てしない広いところを見てしまって
こんなにも大きな夕陽に覆われて
わたしたちの いのち
芥子粒より 小さい とはじめてわかる
この天と地はなにもかも飲み込んでしまった
わたしが泣いただけじゃない
この国のひとはもっと泣いているよ
わたしたちのいのちは 永遠のなかの
一滴の涙のように はかないのに
この美しい地球で人間が争いにまきこまれるのは
とてもむなしい
いつの日にか この思いを
この曠野を なつかしむだろう
わたしたちが滅んだあとにも
毎日 陽は昇り 陽は沈むだろう
お父さん わたしは生きるよ
ひとしずくの血になって土に染みとおり
海に流れこむまで
わたしは生きる 生きてやる
さあ わたしの血を運べ
汽車よ 汗血馬よ
すっかり小さくなった
父のそばに


なにがいったい本当のことなのかさえ分からない時が続いています。
平凡な日常が、とてももろいものに感じられます。
でも
「わたしは生きる、生きてやる」
と思うことです。そうすればきっとなんであれ生きていける、そんな気がしています。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:今田あゆ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1992年
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-日本語とか日本文学関連、石垣りん、高見順の詩、日本の児童文学などなど読みます。
    ・音楽-中島みゆきさん、たま、bo gumbos、早川義夫さん、森田童子さん、さねよしいさ子さんが好きです。
    ・散歩-一人で自然がある場所へ出かけるのが好きです。
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/imada_ayu/index1_0.rdf