精神と時の部屋 

January 22 [Sun], 2006, 21:06
永遠の中に時間はない。
永遠の中に変化はない。
永遠、そこに存在するのは質。

物体、気配、気体、感情、名誉・・・
君たちは永遠たるものに何を求めるだろうか。

修行者よ、
精神と時の部屋は、永遠そのもの。

君たちが求めるものは、何だろうか。

復帰! 

January 20 [Fri], 2006, 1:31
このページを使わなくなったせい、だかなんだかわからないけど、ほぼ留年・・・なんて惨めな。やっぱりここを利用しながらがんばってかないとな笑!!
というわけで、これからがんばって悪あがきしていきます!!

新企画その二 

August 07 [Sun], 2005, 21:27
最近ずいぶんここにごぶさたしてたわ、おひさしぶりです。んで、題名どおりその2なんだけど、ちょっと書き込みます。
夏休みも始まり、毎日ダラダラと過ごそうと思っていたわけですが、友人の誘いもあり、スペイン語の個人レッスンをうけることとなりました。まあ先生も自分らで探して、ネイティブとお茶して楽しむ、っていうようなちっぽけな企画ですが。とりあえず在学中にわりとしゃべれるようになりたいので、がんばってみようと思います。
あと、今京極夏彦があつい!!そして彼に洗脳され、妖怪関係書物を集めている今日この頃・・・・妖怪っておもしろい!!
とりあえず眠いから今日はそんなとこで。

新企画? 

June 08 [Wed], 2005, 1:03
今簿記・経営学・会計学・商業学ってけっこうかたよった勉強ばっかしてる。んで、ちょっと見えてきたことがある。
そろそろ就職活動のことも考えなければいけない、ゼミのことも考えなければいけない。とりあえず、今漠然とある人生の目標・言ってしまえば将来はいりたい企業、を決めたいと思う。しかし今自分の中にあるこれらの候補は、有名ブランドばかり、名前で選んでいるところがある。まあきっかけとか動機なんてそんなもんだろうけど、これだけで選ぶのはちょっと不安だな、とちょっと思い始めちゃいました。
で、出てきたのが、各企業の出す業績報告・つまり損益計算書を集め、業績を見極めようじゃないか、っていう案。まあ、暇な今だからできるんだけどね。ちょっとつくって見ようと思います。うまくできたら、アツいね。

ちなみに、一応毎日ハリー・ポッターの原書または、スペイン語の本読むようにしてます。語学力は継続しないとつかない気がした。後短期集中でやるといいとも思ったため。めざせペラペラ。

はぁ 

June 02 [Thu], 2005, 23:30
今日やった勉強といえば、スペイン語の語彙を増やしたことくらいかな。今日はとても無駄な一日を過ごしてしまった。学校サボっちゃったしね。はあ。このままじゃ衰退していくね、頭も体も。とりあえず寝すぎたし。今日みたいな日は二度とないように努力しなきゃだ。がんばれ、俺。

ところで、語学を覚える、学ぶっていうのは、果たして本当に勉強することなのかな、ってよく思う。言葉って結局は人間特有の喋る、っていう特技じゃない?母国語なんて、勉強とはまた違った習得の仕方をするんだし、極端な話、学校に行けない貧しい子供でも、言葉を話すことはできる。読み書きになるとまた別だけど。でも、読み書きにしたって、結局は本を読めば覚えることができるし、やっぱり語学の勉強っていうのにはなにか矛盾を感じる。ぼんやりとしか感じないけどね。何ヶ国語喋れたって、勉強の成果で、って言いがたい気がするんだよね。まあそれ相当の努力は認めるけど。なんだかな〜〜。

なんかマイナス思考かもね、今日は。とりあえず、数学のレポート明日までだし、がんばるかぁ

就職活動とか 

June 01 [Wed], 2005, 23:17
そんなに遠い未来のことじゃないんだろうなって思って、
リク・ナビとか見てみました。

正直、「企業がずるい方針をとってる!!」って思った。
「契約社員募集」とかけっこう多いんだなって。
あと、英語力ってやっぱり必要なのかな><ってこと。
2005年入社の倍率、文系で一番人気だったのは全日空だったらしい。
そこで見てみた。そりゃ空港での仕事だから、英語力は求められる。
募集の「条件」のところに早速、「TOEIC650点以上が望ましい」とある。
さすがだなーって思った。
でも入社の面接って、「英語で答えてください」っていうのがけっこうあるみたい。
どこかの喫茶店で就活中の女性が言ってた。
「じゃああなたはどう考えますか?」って英語で聞き返してみたら、
ばっちし英語で、さらっと返されたらしい。笑

怖いなぁ。就職浪人ってほとんどいない。
でも就職活動って、一回しかないじゃない!!
私ははっきり言って、電話の対応にはかなりの自信を持っている。
でもコミュニケーション能力、とりわけ英語でのコミュニケーションは、
まだ駄目だ。からっきし駄目だ。

だから決めた。英語を優先。好きだし。単語をちょっとでも増やして、
あとは慣れるための度胸。しゃべる。スティーブンに絡んでみよう。

タバコ税 

June 01 [Wed], 2005, 21:06
タバコ税について。履修している自由科目の自由課題として出された課題。
期限が過ぎているので調べてまとめる程度にしておこう。

私は最近成人したけど、やっぱりタバコには興味がない。
タバコ税が上がったときのことも記憶にはあるけど、関心はなかった。
しかしながらタバコというやつは、想像以上に迷惑な存在なのかもしれない。
以下、調べて理解したこと。

そもそも、なんでタバコには特別な課税がされるのか。
これは、タバコによる害が、国レベルの害につながるかららしい。
タバコ購入、喫煙。→喫煙者・受動喫煙者の肺がん、胎児への影響。→国の「医療費負担」発生。
つまりタバコを買うならば、のちに国が被ってしまう負担費を請け負いましょうね、ということだろう。 

しかし日本のタバコは他国に比べて、かなり安いらしい。
例えばイギリスなんかでは1箱1000円くらいするとのこと!!
これは、ただの物価の違いではなく、タバコ税の差だという。
日本だって既に6割ほど課税されているのに、それ以上。かなり上だ。
計算があっているか微妙なところだけど、物価のことを考えても課税率7倍以上ではないかと思う。

またアメリカでは、「タバコが1箱売れるごとに、7ドル(920円)の損害」と言われているという。内訳は、喫煙が原因とされる病気の医療費が3.5ドル、休業・寿命が縮まることによる労働力損失が3.7ドル。(計7.2ドル)
これにのっとって、仮にタバコ依存症の人が1日1箱ずつ消費していったとすると、1週間で6400円、一ヶ月で25600円以上の損失を国に与えることになる。
実際、日本でも「タバコ適正価格」は、1箱600円〜1000円で妥当と言えるとのこと。
政治家でも鳩山さんなんかは「なぜタバコ税だけが叩かれるのか」なんて言っていた模様ですが、さあ、これからどうなっていくことやら。。

タバコで体を壊しても本人の自由だ、なんて主張してる人がいるけど、タバコというやつはほんとに底知れぬ害を潜在的に持ったあくどいやつですね。
キャンパス内でタバコを吸っちゃう19歳の少年たち、わたしの言うことを聞いて、これからはNO SMOKING!!です。

クローン技術の人間への応用(2/2) 

June 01 [Wed], 2005, 2:43
でもこれはさまざまな面から問題点が多すぎて、未だクローン人間を作った報告はされていません。というか禁止されてます。まあ当然ですよね。で、人権の問題を解決させるべく、ある科学者が、なんとも恐ろしいクローンを作り上げてしまったのです。「Headless mice」つまり顔(頭)なしネズミです。これを人間に応用すれば、そのクローンは脳がないため思考を持つこともなく、人権も発生しない、人間であって人間でないクローンが作れるのだ、そうです。このクローンの存在意義は、あるんです。たとえば医療面で考えてみると、臓器移植が必要な患者の全く同じ体を作り、その臓器を移植することによって、移植後の体と新臓器の適合性を限りなく100%に近いものにもってけるとか。移植元の体には頭(脳)がないから、ためらいなく臓器を提供できるのだそうです。
今クローン人間とは別にこの「顔なしクローン人間」の問題が新たな議題となって、世界中で討論されています。

マジメすぎて気持ち悪くなってしまう内容だけど、これでレポート書かなきゃいけないんだよね〜。おえっ!
ってか長すぎたね、今回は。次からもうちょい簡潔にまとめて投稿しますわ。

ちなみにリンクは
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kagaku/klon98/index.htm#01

初学〜クローン技術の人間への応用(1/2) 

June 01 [Wed], 2005, 2:04
まず、手始めに、マジメなこと書いてみまっする。

まあ英語の授業のテーマで今、クローン技術についての記事を読んでるんだけど、重大性っつーのがよく見えなかったんで、調べてみました。ひさびさにマジメに調べ物しちゃったり。
これがなかなかきつい話なんですわ。簡単に下に要約してみました。

どんなに知識のない人でも、クローン羊ドリーの名前くらいは聞いたことあると思うんだけど、まずこいつがなんであんなに大げさなニュースになったか。まずそっからね。
実はクローン技術によってつくられた動物っていうのは、1986年にもう報告されてたんですよ。そのときも羊だったんですが・・・。で、なんでドリー(1996年)があそこまで国際的ニュースになったかというと、ドリーは新しい産生方法で生まれたクローンだったわけです。(詳しいことはめんどくさいから知りたいならリンク先にてちょ。)しかも二年後にドリー君は妊娠し、出産もしたということで、クローンにも生殖能力があるってことが証明されました。そして更なる研究が進み、この新しいクローン産生方法の確実性が増してきて、科学者たちは、次なるステップアップを考えています。それが、「クローン技術の人間への応用」なんです。

修行者 

May 31 [Tue], 2005, 1:28
目的はひとつ。
自主的に勉強する。
なんでもいい。
漢字の書き取りですら、悪くない。
英単語帳を作ることですら、悪くない。
資格をとるための勉強、悪くない。
すべてが自分の力になる。

「精神と時の部屋」へようこそ。
君はきっとここへ来るために、
自主的に何かをしたいと願うようになる。
さあ、はじめようか。
なんだっていいんだ。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像Junichi
» タバコ税 (2005年06月02日)
アイコン画像Sacchie
» クローン技術の人間への応用(2/2) (2005年06月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:im-tokitoki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる