まりえってぃだけど坂倉

June 04 [Mon], 2018, 16:53
乳酸菌を食べたり飲んだりすると色んな効果があります。
まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、腸内環境をより良くします。


その結果に、免疫力がアップして、たくさん健康に対する効果を得られます。


アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。

乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いんです。
私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、やはりビオフェルミンです。まだ小さかった頃からあったサプリメントであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、たえず私のお腹を守ってくれていたのでした。「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、ビオフェルミンです。

最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効くといわれています。


約1年前に、小学生に乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというプログラムがありました。



うちの娘が受験を控えておりましたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが断然いいそうです。


最近は毎年恒例のように冬になればインフルエンザが大流行しています。年々予防注射をする人数も上昇しているようですが、都市部では結構な数の人数がかかているのが現状です。



感染の経緯は色々と考えられますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と接触する時に感染しているのではないでしょうか。

通常、便秘に効く食事は、水分、食物繊維、乳酸菌を内部にもつ 、発酵食物などであります。


大変な便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。

少しでも早く、この状態を解放して、トイレにいきやすくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で整えるといいでしょう。便秘に効くツボで有名なのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところにある天枢(てんすう)であります。

へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。


手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。色々なタイプの便秘によっても、効果的なツボは違うので、自身に適したツボを押すと改善につながるでしょう。



花粉症となってしまって以来、乳酸菌を取り入れるようにしました。

二年前より花粉症となってしまって、延々とくしゃみや鼻水が止まらなくなりました。治療薬を使うのは気が乗らなかったので、この間、テレビで紹介していた乳酸菌サプリを試しました。


今の段階では、花粉症を抑えられています。ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私が試してみると、かなりたくさん食べないと、大して、効果が感じられない気がします。
日ごとに1パックぐらい食べて、ようやく便通があるという感じです。


ヨーグルト好きはいいですが、好きではない人も、ジャムを入れて味を変えるなどしてなるべく摂取するとよいでしょう。
乳酸菌といえば連想されるのはカルピスですよね。幼いころから、毎日楽しんでいました。どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。
母親が毎朝、私に飲ませてくれました。
そのために、私は便秘を経験したことがありません。カルピスを飲んでいたのが理由でとても健康体になりました。インフルエンザは風邪とは異なるもの耳にします。その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、すぐに高熱となり、その状態が3日から7日続きます。タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。



時として、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、恐ろしくもある感染症です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽愛
読者になる
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる