柳澤の南出

June 09 [Fri], 2017, 4:24
アトピー性皮膚炎の治療に使われる医薬品は、年々高い効き目を得られるようになっています。言うまでもないことですが、必ず医師の指導の下で正しく使用するということが必須です。

もし、異なる治療方法や薬を試したい時には、医師、薬剤師の意見を聞くか、セカンドオピニオンを活用するといいでしょう。



自分勝手な判断は好ましいことではありません。
インフルエンザは風邪とは異なるものという説があります。


その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、すぐに高熱となり、それ症状が3日から7日続きます。


種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状に少しのが見られます。しかし、肺炎をおこしたり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、恐れるに匹敵する感染症です。娘のインフルエンザの予防注射に通院しました。私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射をしています。

注射が終了した後は怖い!と伝えていました。もっと怖いんじゃないかな?と感じましたが、あまり話せませんでした。インフルエンザを患ったら、何をおいても栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。お薬ももちろん大事ですが、栄養補給も大切です。一刻も早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。
例え丸一日、食欲がなかったとしても、胃に優しくて栄養満点なものを可能な限り食べてください。
1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザ感染し、発熱を起こした後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状が出るのがインフルエンザ脳症となります。

インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、治った後に後遺症が残るケースもございます。一般的な乳製品でなくても、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌について調べてみました。いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことをさしていました。これって知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、初めてわかった事実です。赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、最も大変なことになりかねません。まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも可能性が有るでしょう。インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が正しいかもしれません。アトピーは乳酸菌の性質により、症状の改善に役立つ可能性があるのです。
腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという名の抗体ができる働きを持ちます。



そして、発生したこのIgEがたくさんの数作られてしまうと、過剰反応が発生してしまって、アレルギーが起こってしまうのです。



アトピーを起こす原因とされていますが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。ご存知の通り、アトピーの改善には食事も重要と考えられます。

アトピーに効果的な食事にすることで健康的な肌へ変わっていくことが可能となります。胃腸などの消化器官を調整して免疫力を良くする成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品を日々バランスよく摂取するとアトピーの治療に効果的です。

乳酸菌をたくさん摂りすぎても副作用を心配することはありません。しかしながらそうは言いますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーのオーバーすることはありますよね。
消化し吸収できる量には限界があるので、常識内の量に保つと大丈夫でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽愛
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる