1000万戸に太陽光発電

August 07 [Tue], 2012, 1:23
2030年までの28年で1000万戸以上に太陽光発電を設置するなんてプランを検討しているのか。
設置容量の平均は4kWくらいだったと思うので、合計4千万kWだから原発40基分くらい。
日本中が晴天になると、日中に原発40基分の電力が生じて、夜間には消滅することになる。
それまでに蓄電技術も少しは進歩するかもしれないけれど。
電力事業連合会の資料によると、夏の電力需要のピークは18千万kWになり、同じ日の夜には9千万kWにまで減少する。
その差9千万kWの半分弱を賄えれば万々歳だが。
朝は太陽光発電が発電を始めるよりも電力需要の上昇カーブは遅れるが、夕刻は太陽光発電が発電しなくなった後も電力需要の下降は遅れる。
この唐注目すればサマータイムの導入によって電力需要のピークを早めることは有効なように思う。
だからといって夜更かしすると意味は無い。
ところで曇りや雨の日は一気に発電量が落ちてしまって火力などによるバックアップが必要になる。
日本中が雨天になることを想定すれば太陽光発電が無くても良いように火力等を控えさせなければならないので設備の量は今より減らせない、老朽化したり非効率な設備の更新を行わなければならないが、太陽光が発電してくれれば遊ばせておくことになるので稼働率は下がる。
太陽光発電が増えても火力の燃料費は下がるものの、設備の建設費や保守コストは下がらないので電気代はいずれにしても上がる。
平均家庭の電気代は現状で7千円くらいだから、これから1万円上がるとすれば25倍になる計算だ。
この場合は火力の稼働率は下がって燃料は余剰になるのでガス代は上がらず、オール電化の負担は増えそうな予感がする。
でも住宅への設置だと、大電力を期待できる住宅は郊外の方になるだろうし、電力需要の高まる都市部には大電力の設置は望めないので配電網の見直しも含めて2030年というのは間に合わないように思う。
エネルギー戦略現実的な電源構成案に改めよ読売新聞08月04日0157mediaid20政府のエネルギー戦略の選択肢は、実現性に疑問があるうえに、説明不足が否めない。
問題唐臼すべきである。
政府は6月、2030年の原子力発電の比率を0152025とする三つの選択肢を示した。
現行のエネルギー基本計画を見直すたたき台で、いずれも原発を減らし、太陽光など再生可能エネルギーや火力発電で補う内容だ。
政府は意見聴取会など国民的議vを経て、今月中に結出すとしている。
脱原発を図る0から、中長期的に原発を活用する2025まで、選択の幅は広いように見える。
だが、すべての選択肢が現実味に乏しいという、致命的な欠唐抱c窒トいる。
再生エネの見積もりが明らかに過大である。
水力を含め約10に過ぎない再生エネについて、原発ゼロ案は35に、原発を残す2案も2530に増やす想定だ。
太陽光を20倍に拡大するため、1000万戸以上の住宅に太陽光パネルを設置するという。
この計画を実現する道筋は不透明だ。
再生エネの買い取り制度は7月にスタートしたが、ドイツのように電気料金が急騰する副作用も懸念される。
再生エネの目標は現実的な水準に改めるべきだろう。
国民生活への影響に関する説明も物足りない。
政府は再生エネの拡大などに伴い、標準的な家庭の電気花右京メイド隊代が最大月1万円ほど増えるといった試算を示している。
しかし、負担増はこれにとどまらないのではないか。
生産など経済全体の電力コストが上がり、物価上昇や企業業績の悪化を招くと考えられるからだ。
リストラの拡大も予想される。
経団連が政府の審議会のデータをもとに試算したところ、原発ゼロのケースでは、現在約300万人の失業者が200万人増え、勤労者世帯の所得は年60万円近く減る。
国民生活に大打撃となる。
国民が減原発や省エネのマイナス面を正確に把握し、望ましい電源構成を決めることが重要だ。
政府は判断材料となる情報を、わかりやすく提供すべきである。
三つの選択肢が前提とする経済成長率が実質1前後と、政府の日本再生戦略で目指す2成長を下回っている唐熾s可解だ。
古川国家戦略相は選択肢の想定と成長戦略は直接関係しないと釈明するが、説得力に欠ける。
エネルギー戦略は、成長への重要な柱であることを踏まえ、三つの選択肢を再検討すべきである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ilsy73mapm
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ilsy73mapm/index1_0.rdf