高嶋がマヒワ

July 08 [Fri], 2016, 12:47
看護師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと地位が高くなっていきます。



具体的には、婦長と聞けばその役職も想像がつきやすいですが、また別に主任などの役職があるのです。一口に看護師といっても、学生やパート看護師が多くなっていますので、資格を持った正看護師という地位も役職的には上の立場になるわけです。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。希望の病院や医療機関への転職を試みる看護師にとって、重大なことが面接なのです。


看護師が面接時によくされる質問としては前の職場でしていた仕事のこと、離職理由、転職したら、この病院でどんなことをやりたいと思うか、看護観などです。
言葉に詰まることなく、しっかり説明するためにも、事前にまとめておく必要があります。昨今、看護師は不足傾向にあります。

看護師の免許を持っていても、看護師をやっていないというケースは少なくありません。では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。
常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。大多数が女性の職場なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。



看護師目線で言うとお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは簡単ではない問題といえます。どんなに病院で仕事をしたいと思っても、育児をしながら看護師の任務を果たすためには、実に様々な問題が生じてしまいます。


看護師も育児もこなすのは個人による問題というより医療全ての問題として取り組むことが必要でしょう。



少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。

その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。



夜勤のない職場に移ったとしても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、さらに看護師の需要は高まっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。
それ以前は看護師が男性の場合に限って、士という文字が使われていました。
しかし、今は男性のケースでも女性のケースでも、看護師の仕事をしていれば、師という漢字を付けるようになっています。看護師、看護士の両方を用いていると、あやふやで分かりにくくなるので、一つに変更されたのだと思います。

病院で看護師として働く場合、毎日の勤務時間がばらばらであり、厳しい労働環境であることなどが影響して他の仕事に移る人も結構いるということですが、実は看護師の資格というものは、その他の仕事でも役立てられることがよくあるといいます。
具体例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。ナースはいつもスマイルでいることが必要です。病院に来る患者さんは心が不安でいっぱいだったりすることも少なくありません。看護師が笑顔でいたら不安でいっぱいの心を軽くできます。常ににこにこ笑顔で来院者に接するように心がけましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aoi
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ilraadfrayyaed/index1_0.rdf