もう、今日でおしまい。そして始まり。そして、繰り返し。

February 03 [Fri], 2006, 22:33
2月3日金曜日。
午後9:00ぴったりに祐介くんからメールがきてた。
でも気付いたのは9:20分過ぎだった。
メール開く前、「あのさ、」だけが見えた。

なんだろ・・・

でも、そのとき嫌な予感とかしなかった。
だけど予想は見事にハズレた。
「もう別れない?」
このメールみたとき、
『ついにきた・・・』とか、半分夢をみてる気分で思ってた。
でも、これは現実で・・・
はじめは心臓がバクバクいってて驚いてた。
状況がうまくつかめてなかった。
いきなりのことだったから・・・。

涙が込み上げてくるのがわかった。
泣きたくなかった。「あのさあ、もう別れない?」
こんな口調で、塾の休み時間に、いきなりメールきて、悲しむんじゃなくて
怒ってたかった。
だからなみにすぐ電話した。
泣いてしまいそうだった・・・。

なみと話してるうちにだんだん落ち着いてきて、
「もう別れた」ってゆう自覚ができた。
電話の最中に、涙が何回かあふれちゃいそうになったけど、止めてた。

10:07
ゆうすけくんからメールが来た。
「俺は、寿世と付き合ってて楽しかったよ。
別れたことは、俺は受け止めることしかできないからさ…
これからは寿世が一番の女友達だから。
よろしくな」
メール読み終わった瞬間、いっきに涙がでてきちゃって、
なみと電話どころじゃなかった。
ごめんって言って電話切った。
その後すぐ我慢してた涙がボロボロ落ちてきて
初めて、こんなに悲しいような、ゆうすけ君の気持ちが嬉しいような
『もう、特別な彼女ではないんだ・・・』って想いでいっぱいで、
いっぱい泣いた。声も出るくらい。
それほど寂しかったんだと思う。


数分後、涙が邪魔してケータイの画面ぼやけてて見にくかったけど
「ありがとう。うちも楽しかったし、祐介くんのこと大好きだったから。
これからも友達でいてね!!」
って返信した。
まぁ、返信はこなかったんだけどね。
でも、もういいんだ。
一番の女友達でも、嬉しい。
ゆうすけくんの友達になれるなら嬉しい。
嫌われてないんだったら、なんでもいいから・・・

一緒にいて楽しい祐介くんが大好きだった。
今もまだ好きかもしれない。そうだったら片思いだけど。
これからもよろしくね。前みたくいっぱい話したいなぁ。
  • URL:http://yaplog.jp/ilovemyheart/archive/7
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ilovemyheart
読者になる
Yapme!一覧
読者になる