明日は模試 

2005年04月16日(土) 16時08分

明日は第一回目の首都圏模試
少しでも入試に近い形で、と午前受験を希望したので朝が早い。
八時半には会場に着いていないとならない。
八時半までに会場の***中高に着くようにするには…と起床時間を
逆算してみて午後受験にすれば良かったかな?とちょっと後悔
会場の***中高はアチャモの志望校のひとつと割と近くにあるので
実際の入試の時の練習になるかも?と思って決めた。
陽気が良い今の時期に早起きで弱音を言っていたら二月の試験本番になんて
起きられないじゃないかーーーと自分に言い聞かせてみる(苦笑)
今夜は親子とも早く寝るようにしようっと

しかし明日の模試、地理がほぼ全部の範囲で出るらしいけどアチャモは
工業地帯だの農業だの覚えているのだろうかと思い、
ためしにメモリーチェックをやらせてみたら散々な出来でした…
明日は本当の意味で実力テストになりそうだわ〜

受験シーズンまっただ中 

2005年01月26日(水) 18時46分
都内の出願受付あたりからあちこちのブログサイトで現六年生の
お母さん方の思いを読んで回っている。
優秀なお子さんをお持ちのお母さんもそうでないお子さんのお母さんも
思いはみな同じ。
ひしひしとその思いが行間から溢れて出て来ていて痛いほど。
来年は私もそうなんだろうなあ…
埼玉、千葉入試はほぼ終わり、いよいよ東京の試験まで1週間を切った…。
あーーーどうしよう〜〜〜!と一年後のことを考えてはドキドキしている私。
アチャモもだけど、私もどんな日々を過ごしているんだろう…
考えただけでもおそろしい…

ちなみにアチャモの第一志望校はここ5年間で最高の出願率
もちろん当日の欠席者も出るだろうし合格者もぴったり募集定員ではないので
実質倍率は下がるにしても…でもでも〜倍率が高い〜
来年はどうなるのかしら…はあーーーー思いやられるわ…

アチャモの第一志望試験まであと1年と6日

返って来たテスト… 

2005年01月19日(水) 16時39分

八日に受けた四谷大塚のテストが郵送されて今日返って来ました。
四谷大塚サイトの合否判定の偏差値と照らし合わせてみると
第一志望の某女子校合格率80%までに6ポイントも足りない
アチャモの偏差値だと20%の合格率しかなく……
国語の出来が悪かったのが原因かな…。
算数はアチャモにしたら出来た方なのかもだけど決して褒められたものでは
ないし。
気を引き締めて又勉強して貰わないと

2006年入試まであと1年と12日(ヤマト風)

仕事始め? 

2005年01月04日(火) 12時31分

今日からアチャモは第二弾の冬期講習。
お弁当持ちで出かけました。
終わるのは四時かな。
頑張って〜

一年の計は元旦にあり… 

2005年01月01日(土) 12時21分
ということで元旦から来年の受験に向けて(?)
初詣の途中、パパの車でアチャモの第一志望の中学に行ってきました。
誰もいないのをいいことにアチャモを校門前に立たせて
ここに入れますように…との祈りを込めて記念撮影して来ました。
元旦=1月1日ということは受験まであと1年と1ヶ月!
その日出来ることを確実にこなして積み重ねていかなくては!!と
改めて気を引き締め直しました。

志望校判定テスト 

2004年12月05日(日) 17時50分

下の画像、アチャモとマリルだと思っていたらマリルじゃなくて「ゴニョニョ」なんだそうで
ここに訂正します〜。

ところで先日志望校判定テストがあって返ってきた結果に
第一志望はががーーんで、押さえの学校も全然ダメダメ
確かに体調悪くしてて殆ど寝込んでたけど、こりゃないでしょ、っていう……。
本人もかなり「まずい!」と思ったらしくいつもよりはまじめに宿題などに取り組む姿勢は見せ始めてはいるのだけど……
一体この先どうなることやら、のアチャモ家なのでした


アチャモとマリル 

2004年11月24日(水) 11時27分

ネットサーフィンしていたらこんな画像があった。
弾けているアチャモと振り回されて参ったなーーーって表情のマリル。
それがなんとなく「らしく」て下の息子はマリルに決定☆
丑年関係のポケモンってミルタンクしか知らないんだけどミルタンクじゃあちょっとね





それにしてもきょうだい関係がよく現れているわ、この画像

amazon.com 

2004年11月23日(火) 9時50分
ネットで頼んでいた本が今日届いた。
集英社の「ちびまる子ちゃんの音読暗唱教室」(斉藤孝著)と「ちびまる子ちゃんの慣用句教室」(川嶋優著)だ。
アチャモ」は四字熟語やことわざは比較的得意(ということにしておいて…)なのだが慣用句については定義すらよくわかっていないようだったので購入。
届いてから今まで夢中で読んでいる。なかなか楽しそう。
親も横から眺めてみるが面白そうだ。
熱心に読んでいるアチャモの様子に下の一年坊主の息子(マリルとでもしておこうか)も興味津々。
「僕にも読ませて〜〜〜」を連発。
しかしアチャモ、夢中になって読んでいるので貸してあげない。
まあ、おねーちゃんの為の本だから君は後でね。
1年生の今から読ませておけば5年になって苦労せずに済むかな?(しめしめ)

カバーには他にも歴史シリーズやら算数のシリーズやらの広告も載っていてアチャモは両さん(こち亀)の歴史本が欲しいと言い始めた。
見てみると他にもアラレちゃんの英語だとかかけ算だとかキャプテン翼のサッカー教室だとかいろいろあるのねー
はいはい、注文しておきます、「両さんの日本史大達人 1・2・3」ね。

ポチっとな

しかし…マンガでお勉強してくれるのは助かるけどポチっとな、で気軽に買えるためについつい買いすぎてしまいそうだ

請求書がこわいなー

転塾? 

2004年11月21日(日) 22時34分
小五の夏期講習後、アチャモの通う塾のメンバーが一人また一人と他の塾に移り始めた。
参観日に同じ小学校の女の子のママに理由を訊ねてみると塾のテキストが自分の子には難しくこなせないのでもっと基礎から教えてくれるところに移ったのだという。
別の男の子のママに訊くと内容が物足りないから、だという。
ふーん
どっちもわかるような気がする。
アチャモにとって算数や社会(つまり苦手科目)は基本問題は基本でなく応用問題やチャレンジ問題などはかなり手強い様子。
算数などは補習に通い、更に親が宿題を見てなんとかついていっている(のか?)始末。
でも比較的(あくまでも≪比較的≫よ、比較的)得意な科目である国語や理科は物足りないというかもっと突っ込んだところを問うような設問や指導が欲しいとも思うのだ。
だからどっちのいい分もわかる。
塾は面倒見がとても良いわけでもないがほったらかしでもない。
もっとこうしてくれたらいいのにという不満がなくはない。
だからといって転塾するなんてことは考えてもいなかったのだが、こうして転塾する子を目の当たりにすると本当にここでいいのか、と気持ちが揺らいだ。
で、いつから考えていたのかそのママに訊いてみると他に移るまでにあちこち検討し始めて決断するまでに3ヶ月かかったという。
3ヶ月
3ヶ月といったらもう小六のカリキュラムが始まって塾では受験生じゃないー
変わるなら今月中くらいには変わらないともう無理!
いや〜もう変わっていないと遅いでしょう…そのつもりなら…。
冬期講習の申し込みだって済ませちゃったし2005年度のカリキュラムも届いちゃったしうちの塾でもそうなのだからどこの塾でも同じ状況のはずだ。
もう転塾出来る時期は逃してしまった、のだ。
だとしたらもうここでやると腹をくくるしかない
もうこの塾と心中する覚悟で(をいをい)しがみつきなりふり構わず再来年までやるしかないのだ。

はじめまして 

2004年11月21日(日) 17時12分
我が家の子供は上が小五の女の子、下が小一の男の子。
その上の娘の方が2006年に私立中学受験を目指している。
志望校は中堅あたりの某女子校。
エンジンのなかなかかからない娘の愚痴をこぼす場所としてブログを書いてみようかと思った。

中学受験はポケモンバトルみたいなものだと書いてあったのをどこかで読んだ。
受験というバトルの当事者はポケモン(子供)であっても母親(トレーナー)が環境を整え成長させていくものだと。
1993年生まれの酉年生まれの娘はポケモンでいうとアチャモじゃない?
というのがタイトルの名前の由来。
アチャモが進化してワカシャモ、バシャーモになり、晴れて合格通知を手にすることを願ってつらつらと受験の話を書いていけたらいいなと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ilovemacintosh
読者になる
Yapme!一覧
読者になる