サドル村

サドル村では自転車のサドルに特化して情報発信しています。

お尻の痛みを解消したい、サドルの選び方が分からない、調整方法は?など
できるだけわかり易く解説しています。

また、おすすめのサドルもご紹介します。




主なコンテンツ

サドルフェチ男逮捕「女性のにおいを嗅ぎたかった」で200個窃盗


サドルフェチ男逮捕「女性のにおいを嗅ぎたかった」で200個窃盗 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

200個・・・



200個とはすごい・・・今までよく捕まらなかったものです。
目的は女性の臭いを嗅ぐ事?女性なら誰でもいいんですかねぇ。
サドルじゃないとダメだったんでしょうか。

(引用)「200個はすべて女性のものだった。近藤容疑者は「においで完全に判別できる」と豪語しているという。」

ある意味すごい才能だと思います。
何か人の役に立つ事に活かしてほしいですね。

サドルと空気入れが合体?

紹介している記事のタイトルちょっと誤解を招きそうですね。
サドルに内蔵してる訳ではなくサドルのシートポストに空気入れを内蔵しているという事です。

サドルに空気入れを内蔵するアイデア | roomie(ルーミー)


なんか絶賛?されてますが、実用的にどうかなと個人的に思ったり。
「ロードバイクなどは特に定期的な空気管理が必要」とあります。
そのとおりなのですが、きっとロードバイクに乗る人はこれ使わないと思います。

なんでかと言うと、あ、これあくまでも勝手な個人的な見解ですので。
・見た目重そう
・空気入れる度にサドルを調整したくない
・シートポストのサイズにどんだけ対応してるのか?
・時間短縮どころか余計時間かかりそう
・サドルを押して空気を入れてる姿がなんだか恥ずかしい

と、まあこんなところでしょうか。

ネガティブな意見ばかりでしたが、確かにアイデアとしては面白いと思います。
いつでもどこでもしっかりしたポンプで空気を入れたい人はいいかもしれないですね。
あの普通サイズのポンプを持ち歩くのは大変ですから。

あと一時的に人気者になれるかもしれません!
おもむろにシートポスト外して空気入れる。。。
ちょっとビックリしますよね。プチ自慢とかできそうです(笑)

興味のある方はどうぞ。


ヤプログの禁止タグ

サドルとは全然関係ない話ですが、このブログ、ヤプログを使っています。
最近ほとんど更新していなかったのですが、ある記事を少し修正しました。

ところが、「禁止タグが入力されています」と表示されて記事更新ができませんでした。
修正前の状態で更新しようとしても同じ結果です。

なんだこれ?

まぁ、まずはヘルプで「禁止タグ」を検索・・・

無い・・・なぜだ。
禁止するなら「禁止タグ一覧」とかありそうなものなのに。
なかなかの不親切ぶりを発揮しているヤプログです。
(ヤプログは縛りが多くて不便なので引っ越すかも)

ググっても困ってるっていう情報しかなくやっぱり困ってしまいました。
という訳で自分で記事に使われていたタグを怪しいやつからテストしてみました。

結果、一発目でビンゴだったのですが(笑)

そのタグとは<SCRIPT>です。
スパーンっと削除で解決です。

ヤプログの禁止タグでお悩みの方はこれ試してみて下さい。SCRIPTタグ使ってないですか?
この他にも禁止タグあるかもしれませんが、とりあえず一つ見つけました。

それにしてもヤプログは禁止タグ掲載すべきですよね。

サドルの盗難防止対策

自転車のサドルだけ盗まれる事がある。
実によくある話だ。それだけ困った事でもある。

サドル盗まれた事ありますか?
もうめちゃくちゃ腹立ちますよね。


盗む目的は何なのだろう。


だいたい考えられるのは

(1)愉快犯。
  いたずらですね。そう遠くない所に捨ててあったりする。
  腹立つー!

(2)盗まれた人が他の人のサドルをまた盗む。
  悪循環...orz

(3)純粋にそのサドルが欲しかった。
  自分で買えよ。

(4)盗んだサドルで・・・
  真似されるといけないので言えません。。。

こんなもんじゃないでしょうか。




いずれにしても盗まれた側はたまったものではありません。
押して歩くか立ちこぎしかないのですから。
周りの目も恥ずかしいですし。


こんな目に遭わない為に盗難防止対策をしましょう。


どんな方法があるのか。


簡単です。

盗られるような場所に自転車を停めない事。
目の届くところに停める事。
大事な自転車を丸ごと盗られない為にもこれが一番です。

と言ってもそれが難しいから停めるんですよね。


そんな中でリスクを減らすには

サドルに限って言えば
サドルが自転車本体からすぐに外せないように何かで繋げばいいのです。




とりあえずの応急処置として針金を巻くだけでもOKです。
極端な話をすればその辺のヒモでも効果はあります。

盗む人は時間がかかって面倒なのは苦手ですから見ただけであきらめます。
となりの自転車を狙うでしょうw

安心なのは市販されているワイヤー鍵をつけるのがいいでしょう。
必要な時の脱着が簡単なので。サドル専用の小さいものがあります。



他に、これいいかも!と思ったのがこれです。↓
まあ、普通のワイヤー錠なんですが、180cmと長いです。
この長さを活かして、サドルはもちろん、前後輪を全部つなげば自転車丸ごと盗難防止できますね。
クイックレリーズだと前後輪も簡単に工具無しで外れるので、これなら安心です。使用イメージ



ダイヤルロックが不安な方はシリンダー錠タイプもあります。


実はサドルが盗まれやすい理由は他にもあります。
工具無しで簡単に外せる。という事。

サドルの固定には高さの調整がしやすいようにレバー式の固定ボルトを使っているものがほとんどです。
簡単に手でボルトをゆるめる事ができるのでこれも大きな原因のひとつです。

そこでレバー無しの普通のボルトナットにしてしまうという手があります。
ロードレーサーは最初からシートピン仕様だったりします。
サドルの高さは一度決まると頻繁に調整しないので、そんなに困らないと思います。

高さ調整をこれまで通り簡単にしたい場合は鍵付きのレバー式固定ボルトで対応できます。



ここで注意して欲しいのは、盗む人が工具を持っていない場合は鍵付固定ボルトでもOKですが、
工具を持っているとシートポストからサドルを外すのは簡単なので、やっぱりワイヤー鍵が得策ですね。
見た目上の防犯効果も大きいです。

楽天でサドル用鍵を探す

ヤプログ!PR


















Amazon情報
全品に拡大 無料配送キャンペーン

カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サドル村長
読者になる
  • seo
track feed サドル村