小熊恒久さんのダーツ 上達 DVD動画

November 06 [Thu], 2014, 5:02

上手い人たちからアドバイスをもらっても、なかなか思い通りに体を動かすことができず、同じレベルを行ったり来たりし続けていたとしても、
最適なポイントでリリースするコツが身についていき、上達の過程に潜んでいる様々な壁をするりと乗り越えていける方法がこちら


あなたも↓のような悩みなんてさっさと解決して、今までに体験したやり切れない思いを払しょくしていきませんか?


ブルにも当たり前のように入るようになる

ハットやトリプルが当たり前に出る

ゲームで勝てるようになる

自分よりうまい人に挑戦したくなる


スポーツとは違ってダーツでは身体能力や運動神経などに左右される要素が少ないため、子供でも大人と対等にゲームすることが出来ますし、男女の実力差に大きな違いが出るわけではありません。
年齢が進んでも手軽に楽しめるゲームではありますが、その代わり、日常生活ではまずやらないような動作を体で覚えていく必要があります。

ひじを固定するとか、肩・ひじ・手首そして目線を一直線にすることはダーツでは必須テクニックとなりますが、普段の生活の中でこういった動作を取ることはまずありませんよね?
どちらかというと、肩や手首を動かせば自然とひじは動いてしまうものですし、人間の骨格的にみると、肩やひじ・手首を一直線にするのはあまり自然な姿勢ではないのが事実です。

つまりダーツの必須テクニックを本当の意味で身に着けるためには、今までの経験の延長で考えてはだめで、抜本的に取り組み方を変える必要があります。
ダーツが上手くなるためには練習を続けるのも重要ではありますが、間違った考え方に基づいた練習を続けても↓のような悩みが解決されるめどはほとんど見えてこないはずです。


ゲームの途中でスコアが乱れてしまうことが多い

力加減が良くわからない

重心の位置をうまくつかめない

自分のどこを直せばレーティングが上がるのか?ハッキリと分からない


では、ダーツで実力アップを目指していくには何をすればよいのかというと、まず最初に取り組まなければいけないのは基本となるフォームを覚えることです。
ダーツを誰かに教わると、必ずと言ってよいほど「力が入れ過ぎないように」といった指導を受けるものですが、この指摘は半分正解で半分間違いというのが実際のところです。

基本のフォームを身に着けることが出来れば、結果的に力が入らないようになるというのが正解で、
小熊恒久さんの小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法ならば、ダーツが上手くなるための過程が順序立ててわかりやすく紹介されています。


小熊恒久さんとはちなみに、あなたも名前を初めて見かけたかもしれませんが、渡部紘士(ワンタン)さんの先輩にあたるといえばなんとなく通じるかもしれませんね。
1980年代の日本のダーツ業界を引っ張っていた第一人者でもあり、10年連続で世界大会の日本代表に選ばれたり、ポール・リムと世界大会で何度も決勝でぶつかるといった実績の持ち主です。

小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法には小熊恒久さんの培ってきたノウハウが凝縮されており、特に海外のトッププレーヤーでさえ舌を巻くほどの練習量から導き出された練習メソッドには定評があります。
そのため、DVDの収録時間が10時間以上にも達しているにもかかわらず、作者のプロフィールをダラダラと続けて時間稼ぎをしたり、
「本当にそれ必要なの?」と感じてしまう準備体操であったり、ダーツの基本用語の解説のために時間をつぶすことなく、最初から最後まで練習方法の解説が盛りだくさんとなっています。

→→柔らかい動作で切れあるリリースできるようになる小熊恒久さんの小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法の「ひじの関節の正しい角度」とは?


http://kangosininki.digi2.jp/
http://burutuya.sitemix.jp/

小熊恒久さんのダーツ 上達 コツとスピード

November 06 [Thu], 2014, 4:54


正しいフォームが身についているかどうかでスポーツでは大きなパフォーマンスが違いが生まれるものです。
僕はダーツを始める前に、バスケットボール、ラグビー、ゴルフなんかを経験してきて、今はゴルフだけは今でも続けて、バスケットボール、ラグビーはやめてしまったのですが、もし、正しいフォームこそ重要なんだとわかっていれば、もっともっと上のレベルに到達できたんじゃないかと思います。

ゴルフはフォームがカチッとはまれば、同じように振ってもボールの飛び方がまるで変わるのがよくわかるスポーツで、ダーツもゴルフに似たようなところがあるなと感じていました。
そのため早い段階から肩・肘・手首を一直線にするとか、肘を固定するといったコツをある程度は実践することはできて、フォームはそれなりにきれいに出来上がっている自信はあったものの、それがスコアに結び付いているかというと決してそんなわけではありませんでした。

自分では正しいフォームで投げられている感覚があるのになぜスコアが伸びないんだろうと悩んでいたんですが、
小熊恒久さんの小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法を見て、なぜダーツのスキルが伸び悩んでいたのか、その原因をはっきりつかむことができました。
ダーツの実力を本当の意味で伸ばしていくためには、正しいフォームを身に着けるだけじゃだめで、自分の体格に沿ったフォーム作りが重要なんだということ今ははっきりと理解しています。



例えばダーツでは肩・ひじ・手首のラインを一直線にしたうえで、目線も合わせなければいけないわけですが、単純に「そうしなさい!」と言われてもすぐにできるものではありません。
客観的に見て結果として「一直線になる」のが現実で、そのためには自分の体格に合わせてフォームを微調整しなければいけません。

こうやって自分の場合にはどうするのが正解なのか?というのを考えていくと、従来から言われてきたことのほとんどが間違っているとは言わないけれど、うのみにするのは危険だということが分かるはずです。
重心の位置やリリースポイントに関しても、どんな風にするのが良いのか?とう正解らしい回答はあるものの、最終的には自分にとって最適なフォームを見つけることが重要になりますので、小熊恒久さんの小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法にもある通り、まずは基本フォームを覚えたら自分のフォームを固めていくようにしてくださいね。

ダーツの動作はパッと見では単純ではあるものの、動作を細かく区切っていくと実にたくさんの注意点が浮かび上がってきますので「難しい〜〜。。。!」と感じるようになります。
しかし、そういったさまざまなポイントの中でも本当に気を付けなければいけないのはごくわずかだし、どんなことに注意しなければいけないのか?というのも、小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法ならわかりやすく紹介してくれています。

基本が身につく前は、ダーツを入れようとするよりもフォームを固めることを意識したほうが結果としてよりスムーズに上達していくものですし、悪い癖に足を引っ張られてしまうようなこともなくなりますよ。

他の人なら短時間でできてしまうようなテクニックでさえ習得に時間がかかってしまい、自分の才能のなさにがっくりと肩を落とすのは今日で終わりにして、
自分の体型を活かしたフォーム作りの方法を学び、美しい軌道を描くようにダーツを目標へと飛ばせるようになりませんか?

小熊恒久さんの小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法で、ちぐはぐな練習を続けてこれ以上上達がもたついてしまう前に、気持ちよくダーツを投げて気持ちよくスコアを伸ばせるようになるにはこちら






和氣布由巳
川井太郎 川井式喘息改善エクササイズ 口コミ評判
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング

PVランキング