自分で売ればいいじゃない

May 23 [Tue], 2017, 16:54
自分で売ればいいじゃないと言う人もいますが、危険な考えだと思います。

取引では権利や責任を明確にする必要がありますし、法律、税務、登記などの知識が専門家なみにあれば別ですが、素人レベルで手を出しても、賠償問題などになったとき対応できません。売主が負担する手数料はそれなりの額になりますが、ストレスのない取引をするためにはきちんとした業者に依頼するのが一番です。仮に充分なリテラシーがあり、面倒な手続きも厭わないなら、業者等に依存せず自力で売るという選択肢もあります。もう完成した新築物件や中古物件、マンションの一室などの実物を見学できるように開放しているのをオープンハウスといいます。通風や採光など住んでみて初めてわかる部分も確認できますから、住宅売却を決めたらオープンハウスを開催し、内覧希望者に見てもらうと良いかもしれません。
もし居住中でしたら、外泊ないし外出して家をあける必要がありますが、生活感が出ているのを売手が気にする一方で、購入する方は自分たちが暮らしたときのことを想像しやすく、売却に結びつきやすいのです。自分で何でもやるのなら別ですが、土地家屋等を売却するときは不動産仲介会社に家の価値を見積もってもらい、売主が売り出し価格を決めて媒介契約を締結します。査定は当日中に済みますが、契約書を用意するのに一日から数日かかることもあります。


肝心なのはどの位の期間で買い手が決まるかですが、その地域でのニーズや物件の状態、価格等にもよるでしょう。

ただし宅地建物取引業法の定めるところにより、不動産売却のための媒介契約というのは媒介契約書の契約日を起点に3ヶ月で一旦終了するため、売却計画もそれをめどにしたほうがやりやすいでしょう。

建物や土地など不動産全般に課せられている地方税のことを固定資産税といいます。
年齢や収入に関わりなく、不動産を所有している人なら毎年納めなければいけません。
この場合、所有者というのは1月1日時点の所有者を指します。買い手との売買契約は1月1日以前に成立していても、1月1日の所有者がまだ旧所有者となっているときは、売主側に固定資産税を納税する義務があります。

買手に納税義務が生じるのは所有権移転登記を済ませた次の年と覚えておくと良いかもしれません。

土地や家屋は価格が高いですし、売却する場合でもいくらで売るかが重要な課題です。割高な物件に興味を持つ人は少ないですし、逆に割安すぎても事情を詮索されるかもしれませんから、近隣相場を無視した価格設定はありえません。



不動産取引では価格交渉もしばしばありますし、仲介業者への手数料、家財等の処分費などを念頭において販売価格を設定しておかなければ、売り手が売却で得る実質金額は当初考えていたよりも少ないものになってしまいます。家を売却する場合、住宅ローンの支払いが残っているときは、正式にはローンをすべて完済した時点でようやく売却可能な状態になります。


もし残債を残した状態で家を処分しなければならないときは、最も有効な手段として任意売却があります。当該物件の売却で得た金銭は残債返済に最も優先的に充てると確約することで、借入した金融機関から完済前の売買を許可してもらうのです。
売却益を充てても完済できない場合、残りが借金となりますが、債務は大幅に少なくなります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ikka
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる