ヨコチューとラブリー

June 26 [Sun], 2016, 16:22

いわゆる飲食業界の人が異業種への転職を成功させるのは厳しいです。



飲食業界は過酷で、納得のいかないような労働条件で働かされるということが多々あり、今後の生活に危険を感じ別の仕事を探し始める場合も多いです。


健康でなくなってしまったらますます新しい仕事に就くハードルは上がってしまいますから、転職活動を始めるなら早めがいいですね。




募集はあるのに応募で大勢が競う転職戦争なので、うつ病と診断される人もいます。うつ病の症状をかかえてしまうと、治療には長い日数を見込む必要がありますし、何より生計をたてる経済力の自信喪失の苦痛が最大になります。



職業や職場を変えたくて転職先を探していると、もう自分にはほかの職場がないような光のささない感覚になって、苦痛からの脱出そのものが無理に思えて思考がフリーズすることも多いです。





次の職場さえ決まればすべてが解決すると、ひとりで苦痛に耐え抜く気持ちに陥る前に早く、専門の窓口で相談をしてみる勇気を出しましょう。


転職する時に記入する履歴書では、今までの職歴を読み手に伝わりやすいように記入しましょう。あなたの今までの業務の内容がわかれば、新しい職場に馴染み、力を発揮できるか、書類選考の際に、人事がより的確に判断できます。


さらに、顔写真は意外と重視されるもので、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮影してもらったほうが、良いものになります。



誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、面倒でも、新しい履歴書をつかってください。





転職により状況が悪くなる事もよく見られます。


最悪なことに転職前の仕事より合わなかったり、年収が理想と違ったり、転職先の空気に合わない事もあるようです。



転職を失敗しないためには、念入りに調べる事が重要です。




それから、自分の魅力を伝える力も必項です。


焦る事なくがんばるようにしてください。


一般的に、転職時の志望動機で大切になるのは、仕事への意欲が伝わるような前向きな内容でしょう。自分の成長につながりそうだとか、習得している能力を活かすことができそうといった意欲的な志望動機を述べましょう。


できることなら、その企業の業種や事業内容、応募職種に合うような志望動機をまとめることが望ましいと考えられます。したがって、十分な下調べを行うといいですね。



転職すると決めた先が異業種である場合、ちょうどよく転職できる企業を見つけられないことがあるでしょう。転職をしたい人がまだ未来ある若者であるならば転職を考えるまで見たことも聞いたこともなかったような業界でも入れるなどと小耳にはさむこともありますが、既に30代後半であるという方は諦めた方がいいかもしれません。まあ、人手をいつも欲しているような業種に目星をつけているのであれば特に労働条件への拘りなどなければ転職というハードルを乗り越える日が近付くことでしょう。


仕事を変えるとなると面接を受ける必要がありますが、その時は清潔なイメージの恰好をして前向きに生きている方だと思わせるように動きましょう。





確認されると思われる事項はだいたい同じようなことですから、先に煮詰めておいて、切れ味の良い口調で答えてください。うまく説明ができなくなったり、後ろ向きなもの言いは好まれません。


自分に自信があるのだなと思わせましょう。




どうしたら後悔のない就職ができるでしょう。


それはやはり今の仕事は続けながら転職先を探し、決まった後に退職すること。これに尽きます。


退職してから次の就職先を探そうとすると、すぐに転職先が見つからないと焦り始めます。





また、お金の面でも心細くなるかもしれませんので、次の就職先を見つけてから退職することをおすすめします。





また、自分ひとりで探そうとせず人にアドバイスを求めてもよいかもしれません。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kanon
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ilmldwildnlbed/index1_0.rdf