続き。

March 04 [Wed], 2009, 16:31
長すぎてサーセンw
続きでございます。



3月1日。
・地下鉄を使ってコロッセオへ
・もう地下鉄もお茶の子さいさいDA☆ZE☆
・と、思っていたら、向う方向によって地下鉄への入り口が違うっていう
・改札通ってから気がついたっていう・・・ローマパス買っておいて良かった

・んで、ついに

コ ロ ッ セ オ 到 着


・↑中央に見えるのが北門?だっけ?とりあえず皇帝の出入りするところ
・地下にある舞台装置、武器庫、猛獣の檻が見えます
・が、どこがどうだかサッパリわかりません(ぉ


・↑東門。犠牲になった戦闘者達が運び出された門だそうな
・見えにくいですが、門の前には十字架が・・・
・ていうかどこが門だかわからない・・・?

コロッセオですが、7年で建てられたそうです。
すげぇぇぇぇ!!
本当は4階建てなのだけど、中世に教会を建設する為の石材として使用されたため
4階部分は一部しか残っていないらしい。
今では鳩が飛んでいたりと、とても平和ですが
1900年前?には、剣闘士と猛獣が戦わされたりしていたんですよね・・・。
恐ろしくも素晴らしい建築物でした。

・ちなみに

↑地下はこんな感じ

水を張ると、模擬海戦もできる仕組みらしい。



・↑コロッセオの近くにある、コンスタンティヌス帝の凱旋門


・パラティーノの丘へ
・草むらというか、草原にたくさんの遺跡が・・・
素晴らしい美しい・・・!!
白神、遺跡に目覚める


・↑アウグストゥス帝?の何か?・・・よくわからないもの←

次に予定があったので、早々にパラティーノの丘を後にしました。
遺跡すきー(経歴はすげぇ浅いが)としては、じっくり回りたかった・・・。
また行きたいです、1日かけて見回りたい・・・!


・地下鉄に乗り、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会へ向う
・駅近くにF.A.O(国連食糧農業機構)があり、友人達が盛り上がる
・白神「・・・・・・( ゜p゜)?
・チルコ・マッシモを素通り

あとで知ったのだけど、チルコ・マッシモもローマ時代の巨大な競技場跡地で
有名な場所だったのですね。
くそぅ、もっとちゃんと見ておけばよかったずら。


・サンタ・マリア・イン・コスメディン教会へ

真 実 の 口 !
・手を入れましたが、食べられませんでした。
白神が嘘吐きではないことが明らかn(馬鹿めが)

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会は、人が多いながらも落ち着いた雰囲気でした。
他の大きな教会はザワザワとしていて、教会らしからぬ雰囲気だったので・・・。
真実の口が井戸の蓋と知ってびっくりしました。
井戸の蓋って・・・動かすの大変だろうなぁ・・・とか思っていましたんふ。

余談ですが、真実の口の顔真似をしたら似ていると言われ
何だか複雑な心境です。


・アッピア街道へ行く
・が、白神は特に感動を覚えず←
・カラカッラ浴場へ行くが、閉館していて入れず・・・・
・オペラ座へ・・・外観を見て満足する
・ローマ三越で部活の友人に会い、騒ぐ(迷惑


3月2日。
・早朝、空港へ出発
・レオナルド・ダ・ヴィンチ空港に到着、名前が素敵
・飛行機が1時間遅れ、焦る
・パリに着き、急いで出国審査をする
・が、審査のおにーやんがビザのところに判を押してくれず、不安になる
・なんとか無事に飛行機に乗り、日本へ
・帰りにも「ウォーリー」を見て号泣


こんな感じでウォーリーで始まり、ウォーリーで終わった旅でした。
もう少し長い日数滞在出来れば、いろいろゆっくり見られたのになぁと残念に思います。

よし、次は1ヵ月滞在だ。



イタリア旅行を通して、ちょっと思うところ。
美術品は実際に目で見るものだ。
絵画とか、写真を撮ってすぐ次の絵に行く人がいて、すごく勿体ないと思いました。

あとは、旅行客のマナー。
フラッシュ禁止、写真禁止のところで普通にフラッシュたいたり、写真撮ったり。
カメラ奪って床に叩きつけてやろうかと思った。
フラッシュや写真を禁止するには、それなりの理由があるのだから
最低限、守ってほしい。

注意書きは見ようぜ?兄弟。

結構そんなことでストレスを溜めた白神であった。



これで旅の日記は終わりです。
長々とお付き合いありがとうございました。

13時間睡眠。

March 04 [Wed], 2009, 14:04
昨日22時に眠りにつき、目が覚めたら今日の11時でした。

・・・時差ボケ?

どうも、白神です。
13時間睡眠にも関わらず、まだ眠いって何事か。

それではイタリア旅行の続きをば。



2月27日。
・乗る予定の列車がホームに到着しておらず、焦る白神ら。
電光掲示板読めねぇわっかんねぇぇぇぇぇ!!(イタリア語だった)
・イタリア語を勉強しようと思う白神ら(時既に遅し)

・なんとかローマへ到着
・帰りの為の空港行の券売機で切符を買おうとする
・と、声を掛けてきた派手なおばちゃんに勝手に操作され、チップを強請られる
ローマこぇぇぇ・・・・

・ホテルに荷物を置き、早速

スペイン広場へ!

地下鉄に乗る時ドアに挟まれ、地元民に爆笑されました(恥)。
そしてスペイン広場はカップルばかりでした。
濃厚なちゅーを其処此処で展開していて思わずがん見
見目麗しい男性カップルを発見し、友人(非腐女子)と密かに騒ぎました。

いやぁ、いいもん見た(笑顔)。


・トレビの泉へ

・またローマへ来れるよう、後ろ向きでコインを投げる
1セントですみません
・思わず「ポセイドーンッ!」と叫んだ白神自重

ここでは女性カップルを見かけドキドキしました。



2月28日。
・地下鉄を使い、ヴァチカン市国へ
・今度はドアに挟まれなかった!イエスッ!

・ヴァチカン美術館へ

・↑出口と思われる門

・ピオ・クレメンティーノ美術館に、あのラオコーンが・・・!

意外と小さくて驚いた

・エジプト美術館、地図、タペストリー、彫刻の展示をさらりと見学
・ラッファエロの間「アテネの学堂(ラファエロ)」にしばし見入る
・システィーナ礼拝堂「最後の審判」「創世記」(ミケランジェロ)にしばし見入る
・ピナコテカ「キリストの変容(ミケランジェロ)」にしばし見入る

箇条書きにさらりと書きましたが、ヴァチカン美術館は全長7キロあるそうです。
ウフィッツィ―美術館でじっくり見て疲労困憊したので
今回は見たい部分のみに照準を絞って見て回りました。
それでも4時間かかった・・・恐るべしヴァチカン美術館。

ミケランジェロの「最後の審判」を見た時は鳥肌が立ちました。
美術に関して勉強したいなぁ・・・美術館をもっと楽しみたいっ

そういえば、スペイン広場で見かけた見目麗しい男性カップルが居て
運命的な何かを感じました。


・サン・ピエトロ大聖堂へ

・↑正面から
・ミケランジェロ作のピエタ像が!
・えーと、やばいあんまり覚えていな(殴

今まで見てきた教会の中で群を抜いて大きかったです。
取り敢えず、入口正面にヴァチカン美術館にあった「キリストの変容」があり
え?どっちが本物・・・?と困惑しました。

・サン・ピエトロ大聖堂のクーポラに登る
・クーポラの壁画がモザイクで出来ていて大興奮

・↑クーポラから見えたサン・ピエトロ広場

クーポラからはヴァチカン市国も見渡せました。
しっかし、市国というだけあって本当に小さい国でした(オマエ)。


・サンタンジェロ城へ

・↑屋上からはサン・ピエトロ大聖堂が・・・逆光で見えないorz


・↑ローマの町並みも見渡せます

サンタンジェロ城は兵器が多く展示されていました。大砲とか。兜とか。
怖いのでさらりとしか見ていません←
しかし眺めはとても良かった!

帰りに地下鉄で男性カップルの生ちゅーを見てしまい
人生経験が大幅にアップした気分です。

いやぁ、いいもん(ry



この日は此れでおしまい。
続きは次の日記に書こうと思います。
1記事の中に画像が10枚しかアップ出来ないなんて・・・ないと思います。
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像優子ですが。
» 昨日の話。 (2009年03月09日)
アイコン画像白神です。
» 続き。 (2009年03月08日)
アイコン画像優子です。
» 続き。 (2009年03月08日)
アイコン画像白神です。
» 新種の食べ物。 (2009年02月23日)
アイコン画像優子です。
» 新種の食べ物。 (2009年02月20日)
アイコン画像白神です。
» まさかそんな。 (2008年12月25日)
アイコン画像優子です。
» まさかそんな。 (2008年12月25日)
アイコン画像白神です。
» 今の時期のハエは刺すらしい。 (2008年11月12日)
アイコン画像優子です。
» 今の時期のハエは刺すらしい。 (2008年11月12日)
アイコン画像白神
» カラオケ。 (2008年11月06日)