【 更新情報 】

スポンサードリンク

駐車違反の点数と罰金

駐車違反をした際に引かれる点数についてですが、
そもそも駐車違反にはいくつか種類があります。

・放置駐車違反
駐停車禁止場所等の場合

点数は3点。
罰金は普通車の場合で18000円。

駐車禁止場所等の場合

点数は2点。
罰金は普通車の場合で15000円。

となっています。


・駐停車違反
駐停車禁止場所等の場合

点数は3点。
罰金は普通車の場合で12000円。

駐車禁止場所等の場合

点数は2点。
罰金は普通車の場合で10000円。

・保管場所法違反

道路使用、長時間駐車ともに罰金はなく
点数がそれぞれ3点と2点です。

しかし、駐車違反は、その反則金だけでなく
レッカー代金もかかってくるというのが大きいですね。

駐車違反の罰金と道路交通法

駐車違反は、その行政の業務を民間委託してからというもの
さらに厳しい処置をとられるようになっているようです。
緑色の服のおっさんには気をつけろ!
駐車違反というのは、自分はその場所にいないときにやられるので
あとが非常に面倒です。
警察署まで出頭しないといけないし、無視することももちろんできない。
原付でさえも、駐車違反で点数を引かれる場合があるんですよ。
あとで放置違反金納付命令書と一緒に放置違反金仮納付書や納付書が郵送されてくるのは本当にストレスになるもんです。
しかも、2006年6月1日の道路交通法の改正移行は、ちょっとのことで駐車違反をとられることが多くなった気がします。
ハンドルを握る以上は、その責任はあなたにあります。
なんとか罰金の支払いだけはさけたいところですね。

駐車違反

駐車違反をしたときというのも反則金を支払う必要があります。
道路交通法でこれは決められているんですね。
私は以前弁明書を提出したり、罰金を払ったりと大変でした。
また、駐車違反をすると痛いのは、反則金以外にも車のレッカー代金なんかも取られることです。これは結構きついです。その後に出頭しても、このお金は戻ってきません。
駐車違反にも罰金料金が取られます。前、私の家の前に不法に車を止めている人がいたので、指南して通報したら警察官が来まして、レッカー移動されていました。
私としてはそれでよかったんですが、持って行かれた人はちょっとかわいそうでした。
また、駐車違反は車だけでなく、バイクや原付でも行われますよ。
気を抜かずにちゃんと駐車して下さいね。