日本ブランド戦略--主な施策<創造力の強化>(1) 

February 18 [Sat], 2012, 14:43
戦略1 ソフトパワー産業の振興
コンテンツ産業を中心としたソフトパワー産業においては、1つ1つの商品や コンテンツが優れた価値を持っているものの、中小企業や創業間もない事業者等 が多いため、事業展開のノウハウや資金力?ネットワークに乏しく、グローバル 市場での競争力発揮が難しいという構造的な問題がある。このため、中小企業対 策の積極的な活用による、産学官連携?異業種間連携、インキュベーションの機 能の強化等を通じた新商品?新サービスの開発?販路開拓等への支援が必要であ る。 また、コンテンツについては、デジタル ?ネット環境を活かした新たなサービ スの創出を支援するため、円滑な流通を促進するためのコンテンツ取引支援シス テムが必要である。 さらに、新しいメディアを活用した新規サービス創出を促進することによって、 コンテンツ産業の拡大を目指す。
<主な施策>
○ ソフトパワー産業における中小企業支援策の活用の促進 産業クラスター等を活用し、地域のソフ トパワー産業のネットワーク形 成を促進するとともに、産学官連携や異業種間連携の支援、インキュベーション機能の強化、販路開拓等の中小企業支援策のソフトパワー産業における積極的な活用を促進する。
○ 地域ソフト資源の映像化を通じた地域におけるソフトパワー産業の育成地域におけるソフトパワー産業のネットワーク形成を促進し、地域の発 信力向上を図るため、地域に眠るソフト資源(自然、産業遺産、観光資源など)に関する放送番組を含む映像コンテンツの製作?対外発信活動、海外展開を支援する。
○ コンテンツ関連技術の研究開発の促進によるイノベーションの創出ソフトパワー産業の活性化と新産業の創出等を図るため、立体映像技術や超高精細映像技術等の映像技術やデジタルミュージアム等の公開?展示技術など、先進的なコンテンツ製作や新たな表現及び流通の実現をもたらし得る先端技術の研究開発を促進する。
○ デジタル?ネット環境の進展に伴うコンテンツ取引支援システムの構築メディアの多様化によるコンテンツの利用許諾手続や流通経路の複雑化に対応するため、「権利情報集中処理機構」(音楽分野)の取組を支援する.
とともに、その実績も踏まえ、権利の所在をリアルタイムで把握できる機 能等を有する次世代のコンテンツ取引支援システムを構築する。
○ 新しいメディアを活用した新規サービス創出の促進 通信?放送を融合?連携させた新しいサービスの創出を促進し得る法制 度の在り方や技術的環境の整備について検討を行い、必要な措置を講ずる。 また、携帯端末向けマルチメディア放送、デジタルサイネージ、e 空間等を活用した新しいサービスの創出を促進する。
○ ソフトパワー産業に係る基礎データの充実ソフトパワー産業の現況を把握するため、コンテンツ、ファッション等 の産業に係る市場規模、労働人口等の必要な統計を整備する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ブランド
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:国外
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像高樹千佳子
» モンクレール (2012年02月09日)