アオバズクだけど浜野

August 02 [Tue], 2016, 11:12
子供がアトピーだとわかったのは、まだ2歳のときでした。
膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、赤みのぶり返しはやまず、ぜんぜん良くなりません。そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として関心を持たれています。オリゴ糖を投与された乳酸菌は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。乳酸菌とオリゴ糖は両者とも腸の機能改善や健康増進には非常に重要な成分だと主張することができます。

結構、有名ですが、乳酸菌を摂り込むと体には色んな効き目があります。
善玉菌を数を多くして悪玉菌の数を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。
その結果に、免疫力がアップして、たくさん健康に対する効果を得られます。アトピーに良い効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できます。乳酸菌は身体の健康を促進する働きかけが高いと言われています。アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、改善できることもあるといいます。

腸内にアレルギーを起こす原因物質が進入してしまうと、IgEという名の抗体ができる働きを持ちます。



ただ、このIgEがたくさんの数作られてしまうと、過剰反応となり、アレルギーを発生させることになるのです。
ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。
運動量が足りていないと筋肉が衰えていくだけではなく、身体の不調も引き起こします。
女性に多く見られる症状の一つは便秘状態です。
運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが推薦します。できれば、便秘を防ぐためにも、一週間に1、2回はウォーキングしたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。私が便秘になったのはなぜかというと、普段あまり運動をしないからでしょう。

会社へは毎日車で通っているので、あまり歩く事もありません。ペットを飼っているわけもでないので、散歩に行くようなこともないのです。
そういう生活習慣のせいで、私は便秘なのだと考えています。


便秘の改善や予防のためにも、ウォーキングをすることにしました。



うんちがでなくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口が臭います。



どれだけ毎食後に歯ブラシをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、お口の臭いは腸から胃をたどって不要なものを排出しようとし、口臭として現れるのです。


この場合、便秘が治ると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。


ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまって内科を受診しました。


どれくらい潜伏期間があるのか分かっているわけではないのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつってしまったのだと思います。
高い熱が3日続いていて辛い思いをしました。



インフルエンザは高い熱が出続けるので、いつもの風邪より大変ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shota
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ilewdromudmnbn/index1_0.rdf