卵管造影結果☆と 

February 26 [Tue], 2008, 23:37
お待たせしました・・・金曜日に卵管造影の結果でました☆

右&左ともよ〜く通ってました☆★☆

あんまり痛くなかったし大丈夫って思ってたケド☆

まぁ結果出た後だから何とでも言えるけどね!!!


ゴールデン期間突入〜






しかし・・・・





こないだの血液検査の結果で・・・

内膜症の疑いが・・・ってか内膜症ですね〜

って!!!

そんな心構えしてなかったし!!!(検査出してたのも忘れてた)

卵管造影の結果からも癒着してるのが分かるし血液検査の結果も通常の7倍くらいの数値でてたし・・・

内膜症って聞いた事あるけど、実際どんな病状かもわからなく・・・

先生に説明してもらったけど、なんか頭真っ白やった。

今のままじゃ自然妊娠は難しいし治療は必要になると、

〓内膜症の本格的な検査を受けて手術をする。

〓体外受精で妊娠して、妊娠したら内膜症も治る可能性もある。

との事でした・・・

予想もしてなかったし・・・

どうしたらいいのか???

不安になっちゃいました・・・

日本の青空 

February 16 [Sat], 2008, 0:32
昨日、近くの公民館のサークルに参加している関係で

「日本の青空」という映画を風雅堂で観てきました。

日本国憲法が、鈴木安蔵を中心とした民間人によって作成された草案が

GHQのお手本になっていたという映画です。


憲法というと難しくて、関係ないと思ってたけど、

憲法があるから守られてるんだなって映画を観てわかりました☆



やはり、9条は変えてはいけない…  と思います。

カレーうどんにしました☆ 

February 09 [Sat], 2008, 5:29
  私はカレーが大好きなので毎週のように作ります。

  その時の冷蔵庫の中によって入れるものが変わりますが
  大体は鶏肉と玉葱、じゃがいも、にんじんが定番です。

 
  前の日はカレーライスを食べたのですが
  今日は「そうだ!」と思いついて
  
  カレーうどんを作ってみました。

  うどんの出し汁を加えてサラ〜っとしたカレーに作り替え
  茹でた細いうどんの上にたっぷりとかけて食べました。

  ツルツルッ、サラサラ〜っと出し汁の効いたカレーが
  とっても美味しかったです。

  

  

映画・キサラギ 

January 19 [Sat], 2008, 9:32
ストーリー

知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。

メインキャストは小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之。
あとは如月ミキ以外はほとんど登場しない。舞台も1つの部屋の中だけと日本映画ではとてもめずらしい映画です。基本コメディですが突然シリアスになったり、またコメディになったりいろいろ楽しめる面白い映画でした。小栗旬と香川照之の熱演はとても面白いです。ストーリーとしては面白いけど、途中から最後まで同じパターンで展開されるのでもうひとつ展開が欲しかった感じもします。
でも、面白い映画には違いないのでオススメです。

やっぱりお世話になるか〜・・ 

January 11 [Fri], 2008, 20:51
今日、飲みに行ったら、みんな、

ラララ・ライ・ライ・ライライライ!!

と藤崎マーケットを踊っていた・・・

ボクは踊れない・・・・

多くは語りませんが・・・

これナ〜ンダ??? 

December 22 [Sat], 2007, 17:12
手のひらサイズ。

ヒント:あたしの大好きなもの(知るかって?笑)

モイカがハイビスカスでビールに化け 

December 18 [Tue], 2007, 13:40
ブログの初回に紹介したハイビスカスが花を咲かせてくれました。今度こそ大切にしよう。
なぜハイビスカスかというと、27日にモイカ釣りの視察に鶴見半島に出掛けた際に民家の垣根になったハイビスカスが真っ赤な花を咲かせているのを観たからです。カメラを持参していなかったのでその景観を御見せ出来ないのが残念です。場所は米水津村(現在は佐伯市)の間越(はざこ)です。同じ大分県でも我が家は県北で米水津は県南ですが、びっくりしました。瀬戸内に面していても我が家のハイビスカスは戸外に移植した途端に枯れてしまったのですから。宮崎県に近い東西に伸びた鶴見半島の背を山脈が横断していて南側にある間越はその山により冬将軍から守られてをり、半島を洗う黒潮が暖房の役目をしているからではあろうが。峠の上には青い秋空、油で磨いたような濃緑の葉が微風にそよいで太陽の光を乱射するなかで、燃えるような赤い花、眼下には蒼い海。これで飲まずにいられようか。早速、風景を肴に持参していた缶ビールで一杯となる。飲みながらひそかに今回はハイビスカスの所為でモイカの試釣りは中止になったが、来月あたり再訪して釣ったモイカの刺身で熱燗も良いなどと又も自分勝手な算段をしていた。「秋晴れの漁村の丘に陽を浴びてハイビスカスは・・・」などと短歌をひねってみたが自信がないのか諦めて、野原で寝そべりながら「秋日和ハイビスカスの垣根かな」と暢気爺さんは独り言で誤魔化す。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ilerle1312
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ネオニート
» やっぱりお世話になるか〜・・ (2008年01月19日)
Yapme!一覧
読者になる