美濃路は・・太田宿にて 

February 20 [Wed], 2008, 4:13
美濃加茂市に行ってきた。
ちょっとしたお付き合いで出かけたので、何も考えず、
ナビを頼りに、名古屋から国道41号線をひたすら。



美濃加茂と言うが駅名は「美濃太田」。
夫が帰り際「ここは旧中山道の宿場町だった」と。
え、なんで先にそれを・・。
駅前のシティホテルでパンフをGET。
おっ、ここからすぐじゃん。



もう11時過ぎ。
自宅につく頃は真夜中を過ぎるから・・
と渋る夫を「誰のお付き合いでここまで・・」と脅し「もうここで30分歩いても帰るのは同じ真夜中」
だと、諭し、細〜い街道に。



姫街道。
皇女和宮が降嫁のため江戸へと向かった道。
そして木曽川を渡るために一泊したという本陣。(門が残っています)
江戸まではまだまだ遠い。
もう、どの家も戸を下ろし雨戸も閉め暗闇が・・
と思いきや、
軒下にズラッと並ぶ灯り。
こんな時間にも、訪れる旅人を山の美濃路を迷わず案内するように灯っていた。
一つ一つに屋号と川柳が。



海辺の町に育った私は山道が苦手。
それでも馬篭・妻篭そして碓氷峠と中山道に立ち寄ってきた。
ここ太田宿はその山間に開かれた700m弱の平坦な街道。
次回はゆっくり歩いて、皆さんをご案内いたします。

小樽、蕎麦、一福 

February 15 [Fri], 2008, 13:48
今日はランチで、小樽で美味しい蕎麦屋さん一福に行きました。

通な僕の注文は、もり蕎麦と

天ぷら蕎麦

蕎麦の味がわかる、もりが激うまです。
天ぷらそばも体が温まって、美味しかったです。
スープは少々濃い味ですが、いい味で飲み干してしましました。

今日の出来事 

February 08 [Fri], 2008, 15:12
♪明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜
 夢の日々を大事にいきましょう!もういっちょ!!♪



なぁんてねっっ
今、Mステ見てます!!
パソコンもしてます!!
結構、テンション上がってマス!!笑"
てカ、今日ゎあたしのお友ダチ(嵐FANでゎナイ・・・仔)に、
『one』のリーダーのソロハマっちゃったww
って話になったんですが。。。
何だっけ??????????って思って。。。
必死で思い出してましたっっ
『one』のソロって言ったら、
「いつかのSummer」と「秘密」しかでてこなかったモン!!笑"
まぁ、思い出すコトが出来ましたが。。。
まっ!!頑張ろう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

<男とハサミ>は使いよう!<美女><長谷川真理子>教授に<喝采>を贈りたい。 

January 19 [Sat], 2008, 1:38
日経夕刊のコラム<明日への話題>に連載中の長谷川真理子教授。6月12日は「過剰生産性のゆくえ」―――。

火山、彼女が毎週<月曜日>に執筆する都度、<目の敵>にしてきた。特に<集団と個>などは<無知!>と口汚くコキおろした。<独断>が多く<論理>にも飛躍がある。これでよく<総合研究大学院>大学などという<凄い>研究機関に<職>を得られたとびっくりしたのだ。きっと「<美人>に違いない。だからスカウトされた」と推測した。
ナントしばらくしたらNHKのクローズアップ現代に登場した。自然環境の保護、個体の保全といったような話題だったと思う。仰天!!やっぱり<美人>だった。タレント並だ。

だが―――。今度ばかりは<感心>した。ご立派! やはりただのムジナではなかった。いや、こういったらムジナに失礼だろうか。
「先週、男と女の生産性について述べた。狩猟採集生活という生業形態を見ると、男性の食料生産性は10代後半から20代前半にかけて急激に上昇し、自らが消費する量の数倍もの生産性をあげる。一方、女性の食料生産性は思春期にはさほど急激に上昇はしないが、以後もずっと上昇し続け、45歳から65歳にピークを迎える」と始まった。

「女性の食料生産性は、なぜ思春期に急激に上昇しないのか」―――。ここからが面白い。
「それはこの時期の女性が、食料生産ではなく、子どもの生産の繁殖の時期に入るからだ」と続く。「この時期の女性は、持てるエネルギーの多くを妊娠、出産、授乳という大仕事に費やす」―――。面白い。実に素晴らしい着眼。

だが―――。もっと面白いのがタイトルとなった「<過剰生産性>のゆくえ」という話だ。
「(男性の潜在的生産力の行方を考えると…)チンパンジーだって、他の哺乳類だって、雄は思春期以後に急速に力をつけ競争力を増強する。そして雄どうしで闘い、勝った個体だけが繁殖できる。厳しい闘いの結果、雄は競争に勝とうとする動機付けや強大な筋力やリスクを省みない情動を身に付けた」―――。凄い。長谷川真理子教授のような<美女>からそういわれると火山でも<勇み立つ>! なんちゃって…。

だが自然界の<掟>は厳しい。<弱肉強食>だ。ヒト以外の動物の世界では<負けた雄>が持っていた<潜在的生産力>はすべて<無>に帰する。生かされることなく消える。<優勝劣敗>―――。<非情>の論理が支配する。
だが、何とかこの<潜在力>を生かす<道>はないか―――というのだ。しかも<美女>長谷川教授は<ヒト>の<男>に求める。<動物>の<雄>は除外。問題は<男>だ!

「人間でも、男性の生産性や攻撃性、競争に勝ちたいという動機付けは、もともと他の哺乳類と同様に雄どうしの競争の結果として獲得された。それを個々の雄どうしの闘いのみに終らせることなく、その過剰生産能力を、社会全体のために使う方策を見出したところに、人類発展の鍵があるのだ。『男とハサミは使いよう』というと失礼かもしれないけれど」と<可愛らしく>終る―――。ブラーヴァ!!

今回はこれでよい。だが前回、火山、またもや<カッ>となりかかった。題して「男と女の生産性」―――。

「狩猟は男の仕事である。一人の男性がどれだけの獲物を捕ってくるかを測定したところ、それは10代後半から20代前半にかけて急激に増加し、30代でピークを迎え、45歳を過ぎると急速に落ちる。一方、植物性食品の採集は女性の仕事である。女性では思春期にそれほど急激に生産性が高まるわけではないが、以後もずっと伸び続ける。そしてピークはなんと45歳から65歳なのである」―――。

何が<カッ>となったか。もちろん男性の生産性が「45歳から急激に落ちる」だ。これを平気で聞けるとしたら<男>じゃない。火山の現役最後の10年は人事制度が<年功序列>から<能力主義>に移行する時期だった。だから年収は下がっても仕方がない。
<目標管理>で自己申告した目標を自己査定、上司と協議して<年俸>が決まる。だが幸い火山の年俸は伸び続け、定年直前が<ピーク>。住宅ローンも完済していたので、家内と二人で一応、ゴールデンエイジをエンジョイした。だから激怒!なんちゃって…。

長谷川真理子教授に言わせると「以前から、学生を見ていて、男子学生は20代前半で見るべきところが見えないとその先も伸びないが(残酷な言い方。美人特有の冷たさ―――)、女子学生は、もっとずっと長く見ないとわからない(勝手な言い分。独断!―――)という気がしていた」…ですと!!
「この直観には本当に根拠があるかもしれない」と終っていた。どう思いますか。

もっとも、昨日の<過剰生産性のゆくえ>は、どっちにしろ<ブラーヴァ>だ!!!火山も<美女>の<ハサミ>になりたい。

温泉卵と キノコカレー 

January 10 [Thu], 2008, 10:23
温泉卵作った。

冷蔵庫にあったキノコ入れて作りました

てっぺん、てっぺん・・・お山の、てっぺん! 

December 29 [Sat], 2007, 17:25
 谷川岳天神平から、リフトに乗って、さらに上へ・・・。

 到着したのは、標高1502mの天神峠。
 
 谷川岳山頂が、すぐそこに見え・・・お山のてっぺん!・・・という感じ。

 尾根づたいに、岩場を行くと・・・「おっ、山登り!。」・・・という気分になります。

 小刻みなアップダウンのある岩場・・・るんちゃんも、一生懸命、歩いていました。

 中には、1mもある垂直の壁もありましたが、るんちゃん、難なく、ジャンプ!。

 登りは、「るん」が、引っ張って行ってくれ、楽チンなのですが・・・

 降りは・・・逆に、手加減なしに、引きずられ・・・危険極まりない!・・・。

 「るんちゃん、待って、待ってぇ!。もっと、ゆっくり!。危ない!っつうの。」

 「るん」の、元気の良さ!には・・・ほんと、脱帽!・・・です。

 秋のお山の、清々しい空気を吸って、

 「るん」も、ほんと、気持ちよさそう!・・・でした。

 
 ・・・・・・・以上、谷川岳・紅葉狩りの旅!・・・でした。
 

【特集:マックスマーラ】ブランド初の回顧展がスタート 

December 18 [Tue], 2007, 22:36
マックスマーラの洋服は。

かなり好きかも 

だって。シックなんです。。。。違う?

★広山直美のライターお仕事実況中継〓 11月3日【土】★ 

December 12 [Wed], 2007, 16:21
こんにちは*広山直美です。

やっとこさ「某観光地ガイドブック」
4ページ目まで原稿作成が完了!

担当ページ全17ページまでは
あと13ページ!

まだまだ道のりは長いっ・・・けど、
土曜と日曜の2日間で分ければ、
まだ波に乗り切れていない本日は時間がかかるから8ページ、
明日はだんだん慣れてくる頃だから9ページ。

そう考えると
本日のノルマ8ページの半分に到達!
なんだか元気が出てきました♪

それにしても。
本当に、信じられないくらい時間がかかっていますねぇ。

こんなにも「初めて立ち上げる本」というのは
大変なことだったんだ・・・と知りました。

過去の本もない、
レイアウトもない、
載せる写真もわからない!

この「三重苦」の中で特に辛いのは、
使われる写真がわからないこと。
取材では多めに撮っているため、どの写真が使われるかは
レイアウトを見なくてはわからない!

けれどネームはこの週末で何が何でも
出さなくてはならない。

なので撮影した数だけネームを作成し、
どの写真が使われてもいいようにしているのです。

ものすご〜く「非効率的」だなあとは思うけれど
編集者さんからの依頼なら、
何が何でもやるしかないっ!

今は苦しさの真っ只中におりますが、
本が出たときの喜びをイメージし、ただひたすら耐えて
コツコツとできることを進めるのみ。

ライターって、
体力勝負、根性勝負だなあと
感じるのはこんな時。

何が何でもいただいたお仕事はやりぬく!!!
この根性こそがライターの必需品なのかもしれませんね。

さぁて。
遅めのランチをいただいたら、
また再開いたします♪

がんばるぞぉ〜!!!


広山直美

今日は…♡+゜ 

December 07 [Fri], 2007, 11:50
えぇ〜★こんにちゎ!!

今日は放生会です♪
 
あたしが住んでるところでゎこの時期に
 
お祭りがあるんですッ☆

とても楽しLlですよ!!リンゴ飴とかぁ…金魚すくLlとか♡+゜
まぁ定番ですけどね,,,(^・^)笑

今行く前に急Llで日記書Llてマス^^;

でゎそろ×02行ってきます!!

ストップウォッチ…の巻き♪ 

December 03 [Mon], 2007, 21:56
付けてみた。
A氏ありがとう♪
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ilenfr930
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年10月17日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年10月10日)
アイコン画像めーたん
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年10月06日)
アイコン画像りぃこ
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年09月28日)
アイコン画像ゆりり
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年09月25日)
アイコン画像南雲
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年09月21日)
アイコン画像えびふりゃー
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年09月19日)
アイコン画像火星の後継者
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年09月16日)
アイコン画像Muraちゃん
» 美濃路は・・太田宿にて (2008年06月22日)
Yapme!一覧
読者になる