船戸で柴山

April 01 [Fri], 2016, 8:38
いつ妊活を始めたらよいか、悩んでいる女性も相当数いると思います。


難しい問いですが、答えるとするならば、結婚している人もしていない人も、いずれ妊娠をしたいと考えている女性であれば、だれでも、いつでも行うべきだと言えるのではないでしょうか。妊活というものは、すぐに妊娠するために行われるものだけを意味しているのではなくて、体を妊娠しやすい状態に整えるために行われる活動のことです。


そういう訳で、たとえいつ始めたとしても、早いということはないと思います。

ビタミンの一種である葉酸は通常の摂取量より多く、妊娠初期に摂ると細胞分裂の障害を防ぐなど健やかな発育に良い効果があるのは一般に知られています。
ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草、枝豆などの食材に、葉酸がたくさん含まれていて、いろいろな会社から発売されているサプリメントでも十分摂取できるので、女性は、妊娠前から妊娠中まで必要な量の摂取を心がけましょう。一見すると無関係なように感じますが、妊娠と歯の健康との間にはとても深い関連があるということが判明しています。

最近、分かった研究結果から、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などのリスクを高めることが明らかになりました。妊娠していると治療に制限が出てきます。
今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方は出来るだけ早く、受診するのがベターです。


葉酸の添加を特長にしている食品は目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。これは消費者庁認可のマークで、食品についてそれぞれきちんと審査を行い、認可を受けた食品に限り、特定保健用食品の名称、それに、マークの使用を認めるのです。



食品のどこかに特定保健用食品のマークがついていれば消費者庁の認可を受けていることの公的な証明になっているので、食品で葉酸を多く摂りたいと思うときにも選ぶ際、ぜひ参考にしましょう。


データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。冷えは妊活には禁物で、体を冷えないようにすることも、妊活で大切なことです。ということで、腹巻や冷え取り靴下といったものが冷え防止に役立ちます。


実際、これらを使うようになって自然に妊娠したという報告も多く、容易にできてしかも効果もありそうな妊活だと考えられます。妊活の最中は何を飲むかも気にした方がよいです。カフェイン入りの飲料は着床を妨げたり、体を冷やす要因にもなるので避けた方がよいです。

お茶のうち、体を温めてくれて、なおかつノンカフェインのものが最適です。



成分にミネラルを多く含有しているルイボスティーや漢方薬として使われることもあるたんぽぽ茶などがおすすめです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダン
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ilem2mosh7mnso/index1_0.rdf