あざみの笹井隆司

January 14 [Sun], 2018, 0:23
お金を借りるのには昔は時間がかかったものです。それが今では即日というのがごく当たりまえの時代になりました。



CMで名の通ったカードローンの会社ではすごいところで30分や、長くて3時間もあれば融資金を手にできるというのが普通です。数年前まではもう少し遅かったのですが、まさかこんなに早くなるとは予想しませんでした。


これが当たり前になってくると、以前のように時間がかかっていたほうが「なんで?」という気もします。

審査項目が以前に比べて少ないとか、利用者が極端に少なくなったとか、昨今の迅速化の背景には複数の要因があると思いますが、申し込む側としてはメリットのあることだと思います。消費者金融で高い金利で借金している場合には過払いの金額を請求すれば払い過ぎたお金が戻る事を知っておられますでしょうか?総量規制というルールが作られたことによって、過払いのお金を請求してお金を取り戻す人が増加傾向にあるのです。
以前、30万円ぐらいキャッシング利用で借入したいと申込んでみたのですが、審査に落ちてしまいました。想像するに、まだ職に就いて日が浅いということもあり、信用されてなかったと思うので、それが原因だったと思います。仕方ないので、10万でいいことにし、それならオーケーと言われ無事、審査を通過しました。過去に延滞などの履歴があり事故顧客リストに掲載されている人でも新たに借り入れできる金融業者があります。しかし、CMや広告などで世間に認知されている銀行はもちろん、大手消費者金融では審査が通りません(ブラックですから)。


したがって無名か、あるいは中小規模の消費者金融から借り入れます。

脅かすわけではありませんが、そういった金融業者は名前で評価されることがないのでブラック企業的な行動が見られることが多いようです。

借り方、返し方次第では大丈夫かもしれませんが、注意が大事でしょう。

モビットというキャッシングはネットで24時間申し込みができ、およそ10秒で審査結果が表示されます。三井住友銀行グループといった、安心感も人気の理由であるのです。提携ATMが全国に10万台設置してあるため、コンビニエンスストアからでも簡単にキャッシングが可能です。

「WEB完結」で申し込みすれば、郵送手続きをすることなくキャッシングできるのです。何を基準にカードローンを選択するのかは人それぞれ違います。



真っ先に思い当たるのは金利かと思われますが、借入や返済のとき手数料0円で利用できるATMの場所や、支払いが出来るように返済日を給料日の後に設けるなど実用性に優れているだとか使い勝手を優先したりと選び方は様々です。金利が低ければ低いほどいいとそこを選んでしまい、生活に支障をきたすようなカードローンにならぬようよく考えて選択しましょう。
インターネットは一般に広く知られるようになってからはPCやスマホなどからも借用することができるようになりましたから、手軽に利用できます。
また、借金をつくれるのは18才または20才以上の仕事をしていて額の変動幅にさほど大きな変化のない収入がある人です。
小口の借金の金利は会社によって変動します。
可能な限り低いキャッシング会社を探すというのが重要です。



日常生活ではやりくりできていても、急な飲み会の誘いや、なにかしらの催事の度に出費がかさみ、借金をしなければいけなくなる時があると思います。誰かから借りようと思っても、そう簡単なことではありませんし、金銭トラブルに発展してしまうかもしれません。



しかし、キャッシングサービスを使うと、誰にも迷惑を掛けずに即座に融資を受けられます。


返済の目途が立っているのなら、便利にキャッシングでお金を借りて活用しましょう。一般的に、カードローンの申込可能なのは成人、つまり満20歳からですが、利用できる年齢にも制限があって、信販会社などの消費者金融では69歳、銀行カードローンの多くが65歳と決められています。


この年齢は申込んだ時の年齢であり、基本的にその後は自動更新が行われ、上限年齢を超えれば契約も更新されません。

信販会社などの契約更新は基本5年で、銀行は1年おきに更新されます。


キャッシング利用者の中には、返済を続けても債務が増えるばかりなので、いっそのこと踏み倒そうかと思っている人もいるかもしれません。
しかし、ハッキリ言って逃げ切れる可能性は相当低いです。
キャッシングの時効は5年ですから、最後の借入返済から5年間、返済を放置し続ければ返済義務は消滅します。
ただ、毎日催促の電話や郵送の手紙が送られてきますし、仕事も辞めなければならなくなるでしょう。



また、5年という期間がさらに伸びる可能性があります。業者もプロですから、踏み倒されないようにあの手この手を使ってくるでしょう。もし、仮処分や差し押さえなどが施行されると、時効はストップし、場合によってはさらに期間が追加されてしまうのです。踏み倒しを成功させるのは、人生を捨てるほどの覚悟が必要になります。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナデ
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる