」と、相談することもなく一人で離婚届を出すのは完全にNG

August 26 [Fri], 2016, 5:48

法律上の離婚をしていなくたって、パートナーを裏切る浮気や不倫をされた場合は、慰謝料などの請求するのは問題ありませんが、やはり離婚するほうが慰謝料の額が増加するというのは間違っていないらしいです。







不倫の件を白状することなく、前触れなく「離婚してほしい」と言ってきたときは、浮気のことがバレてしまった後で離婚が成立すると、相当な額の慰謝料を請求されることになるので、ひた隠しにしようと考えているとも考えられます。







頼みたいんだけれどいいのかな?何円くらいの費用かかるのかな?日数はどのくらい?心を決めて不倫調査をお願いしても、何も変わらないときは次はどうすれば?など。







なんだかんだ躊躇うのも仕方のないことなんですよ。







自分の夫の行動を監視するときに、あなたや夫と関係がある友人とか家族にやってもらうのはダメなのです。







自分自身で夫と話し合い、本当の浮気なのか誤解なのかを確かめましょう。







女性独特の勘に関しては、しょっちゅう当たるようでして、女の人の側から探偵事務所や興信所に調査依頼された不倫・浮気に関する問題についての素行調査の内、衝撃の約80%が見事に的中しているとか。







平均的に夫のほうが妻が浮気していることを覚るまでにずいぶん時間が経過してしまうなんてことをよく耳にします。







家で過ごしていても見え隠れする妻の変調を見破ることができないのがほとんどだからです。







現在、パートナーの言動・様子がおかしいと感じていらっしゃるのであれば、すぐにでも浮気の事実の証拠を手に入れて、「不安が的中しているのか!?」ハッキリとした答えを出すことです。







疑っているばかりじゃ、少しも解決に向けて進むことなんてまずできません。







相手への不信感が解消できるように、「パートナーがどこかで誰かと浮気をしているというのは事実か否かについて本当のことを知りたい」と思っている方が探偵や興信所に不倫調査の依頼をするみたいです。







残念ながら疑惑をなくすことができない場合も多いのです。







家庭裁判所などでは、明確な証拠だとか当事者以外の証言や情報などがないと、確かに浮気していたという判断はくだしません。







調停・裁判による離婚は結構難しく、離婚せざるを得ない事情を示さなければ、認めることはないのです。







どうも最近夫のやっていることが怪しかったとか、この頃仕事が忙しくてと、家に戻るのがずいぶんと遅い時間になったとか、夫が浮気しているんじゃないかと疑いがちになる出来事はいくつもあるのです。







不倫にしても浮気にしても、それによって平凡な家庭生活をすっかり壊してしまい、正式に離婚となるケースだって少なくありません。







そのほかにも、精神的に損害を受けたことへの慰謝料の準備という悩みまで起きることになります。







結局夫の浮気が間違いないとわかった際に、最もポイントを置くべきなのは妻、つまりあなたの考えであるとはっきり言えます。







夫を許すか、離婚を選んで再スタートするのか。







時間をかけてじっくりと考えて、後年失敗したと思わないような選択を忘れずに。







普通の人では不可能な、質のいい確実な証拠を確実に入手することができるのですから、失敗が嫌なら、探偵や興信所等のプロに頼んで浮気調査をやってもらうのが間違いありません。







もう一度夫婦二人で相談しなければいけないとしても、浮気の相手であった人物に慰謝料を請求する場合にも、離婚することになった場合に自分の条件を調停・裁判で認めさせるにしても、効果の高い浮気の証拠を入手していないと、前に行くことはできません。







疑いの心がなくなるように、「パートナーが浮気をしているというのは事実か否か事実を教えてもらいたい」と考えている皆さんが不倫調査を頼んでいるわけです。







しかし不安な気持ちが無くならない場合だって少なくありません。







別に離婚をするつもりがない方でも、浮気や不倫に関する慰謝料の支払いを主張するのは問題ありませんが、離婚して請求した場合の方が比較すると慰謝料に関して高額になるのは信じてよいようです。







配偶者の不倫で離婚しそうな緊急事態!そうなってしまったら、一番に配偶者との関係改善と信頼関係の修復をすることが最重要です。







何のアクションもせずに月日が過ぎて行ってしまうと、夫婦関係がもっともっと悪化していくことになるのです。







夫婦の離婚理由はケースごとに違って、「給料から生活費を出さない」「性生活が成り立たない」などもあげられると考えられますが、そうなっている原因が「不倫」なんて場合もあり得ます。







仮にパートナーによる浮気である不倫の事実が判明し、「絶対に離婚!」という意思を固めても、「もう配偶者とは会いたくない。







」「話し合いもしたくないから。







」と、相談することもなく一人で離婚届を出すのは完全にNGです。







たとえ妻が不倫したことが引き金になった離婚の時でも、結婚生活中に形成した財産のうち5割というのは妻のもの。







このため、離婚の原因の側の財産の配分がゼロなどということは考えられません。







もめごとを回避するという意味でも、一番に念入りに探偵社ごとの料金システムの特色を確認しておいてください。







極力、費用の相場も相談したいところです。







一般的に不倫調査は、その人ごとで調査項目などが違っている場合が少なくないものなのです。







というわけで、調査について契約内容がはっきりと、かつ的確に整備されているかについて前もって見ておいてください。







いいかげんに調査費用の安さのみを物差しにして、調査してもらう探偵事務所などを決定することになると、考えていたような調査をできたとは言えない状況で、意味のない調査料金だけはしっかり取られてしまうといったケースもありうるのです。







必要な調査費用の額が相場よりずいぶん安いとこっていうのは、激安である理由が存在します。







調査を任せる探偵事務所に調査に必要なノウハウがさっぱり無いなんてこともあるみたいです。







調査をお願いするのなら探偵選びは細かいところまで確認が必要です。







よく聞く女の勘っていうのは、相当はずれがないようで、女の人によって探偵に調査の申込があった不倫とか浮気に関係する素行調査では、驚くことに約80%のケースが本当に浮気しているそうです。







利用方法についてはいろいろだけど、調査している相手の買い物の内容や捨てられたもの等、素行調査だったら考えていた以上にたくさんのデータを得ることが可能なのです。







引き取ることになる子供の養育費とか慰謝料を要求する際に、要求をのませることになる証拠の確保以外にも、いったい誰と浮気しているのか?なんて身元を割り出す調査、関係する相手に対する素行調査もございます。







配偶者の一方が浮気や不倫をやったといった状況だと、不倫された配偶者は、貞操権侵害によって発生した精神的苦痛に対する正式な慰謝料ということで、それに見合った損害賠償を要求だって可能なんです。







実は妻が夫の浮気や不倫を知った要因の約80%が携帯電話です。







ずっとしたことがなかったロックを使うようになった等、女性は携帯電話やスマホのわずかな違いでもかなり敏感です。







根の深い不倫トラブルによって離婚しそうな状態にあるのなら一番に夫婦の関係の修復をすることが最も重要だと言えるでしょう。







ぼーっとしたまま時間が過ぎて行ってしまうと、夫婦関係がもっともっと最悪なものになっていきます。








http://blog.livedoor.jp/reo1l96/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ila8dyf
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ila8dyf/index1_0.rdf