移転しました 

2005年08月07日(日) 16時51分

Harry Potter and the Half Blood Prince 

2005年08月01日(月) 20時39分
先週末に読み終えました。




ハッキリ言って、とても衝撃的な内容でした。
(特にラスト50〜30ページぐらいが)




えぇぇぇぇええ〜!




そんなのあり!?




ていうか次どーなんの!?





最終巻が出るまでこの悶々とした状態を1年ぐらい(もしくはそれ以上)も我慢しないといけないのかと思うとおかしくなりそうな気がします。





5巻よりは読みやすかったですが、いまだにショックから立ち直れていません。




著者に苦情殺到してないのかなあ。



OH NO! 

2005年07月24日(日) 19時46分
一生懸命書いた記事が消えました・・・。



リライトする気にならねえ。





「セックス・ボランティア」 / 河合香織 

2005年07月13日(水) 23時53分
休みの日に電車に乗っていると、最近よく知的障害を持った方の外出を介助されている方を見かけるのですが、電車の中でものすごく暴れる人が多くて、介助の人は大変だな〜といつも思っていました。



そのときに、ふと思ったのですが、障害を持っている方というのは性的な衝動ってコントロールできるんだろうか、と。

例えば、「公の場では服を脱いではいけません」とか、分からないぐらいの重度の障害があった場合、イキナリR指定な場面が展開しないのだろうか、と。




以前新聞の書籍紹介欄でこの本を見かけて、興味がありつつもそのまま忘れていたのですが、最近友達と話をしていたときにこの本のことを思い出したので、購入して読んでみました。


障害者の性や、その介助をする人々(=有償・無償のボランティアで。ただし、有償だとボランティアって言わないと思うんだけどなあ)について書かれている本なのですが、かなり重かったです。私には。




愛し合って結婚した相手が、事故か何かでそうなってしまった場合はともかく、全然知らない赤の他人のためにそこまでいわば「シモの世話」的なお世話をできるんだろうか、と考えさせられました。


ていうか普通はイヤだよね。


愛のない行為はできないタイプなんです、アタシ。


区別して書くためには他に書き方はないのかもしれないけど「障害者」「健常者」っていう言葉自体あんまり好きじゃないんだなー。





河合香織
セックス・ボランティア

押尾コータロー / 「Panorama」 

2005年07月11日(月) 21時01分
楽しみにしている4thアルバムの発売が決定。


1st  "STARTING POINT"


2nd   "Dramatic"


3rd   "Be HAPPY"




ときて



4th  ”Panorama”


だそうだ。




今年はモントルーの話題が出ていないということはお呼ばれしてないのかな。



自業自得・・・? 

2005年07月11日(月) 0時56分



あまりにも肩凝りがひどかったので、いつものごとく応急処置として点温膏を肩にベタベタ針まくる。
(1シート全部使用)




これまたいつものことながら




体が火照って眠れない。




翌朝はかなりスッキリするんだけどね・・・。





カネボウ・点温膏



肩凝りでお悩みの肩、一度お試しを。




ブック・バトン / Reading Baton 

2005年07月05日(火) 21時03分
ミュージカルバトンの本バージョンです。


誰からも回ってきてないけど、やってみました。



★持っている本の冊数


数えたことないなあ。収納場所に困って、読まなさそうなのとかはずいぶんたくさん処分したので、100冊ぐらい?(辞書のぞく)


★今読みかけの本 or 読もうと思っている本


読みかけの本は、吉川英治の「三国志」。
現在4巻でストップ中。
読もうと思ってるのは、10日後に発売予定のハリー・ポッター6巻。



★最後に買った本(既読、未読問わず)

飯嶋和一  「神無き月十番目の夜」
読み応えずっしり!



★特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)


・「わたしのワンピース」 (絵本)

 私が小さい頃読んでいた絵本です。
 あまりにも気に入りすぎて3歳ぐらいで丸ごと暗誦できたらしく、親は「そのときは天才かと思ったわ。そのときだけね。」と言ってました。



・「宮本武蔵」 (吉川英治)

 最終巻で泣きました。
 お通が架空の人物だったと後で知ったときの衝撃といったら!!!
 でも好きです。



・「影武者徳川家康」 (隆 慶一郎)


 何も言いますまい。
 歴史は本当にこうだったのかもしれない、と思うぐらいの説得力がある小説です。
 漢(おとこ)と漢のアツく爽やかな友情と、駆け引きの凄まじさ。



・「SLAM DUNK」  (井上雄彦)


 漫画なんですけどね、一応「本」だよね?
 社会現象まで巻き起こした大ベストセラー。発行部数は1億冊以上。
 私がちょうど中学生ぐらいのときに連載開始だったんですけど、バスケット部だった私にとっては聖書のような本でした。いや、マジで。
 今でも一年に1回か2回は全巻イッキ読みします。泣けます。


・「ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」 (稲田多佳子)


 レシピですけど、これも一応本ですよね?
 お菓子作りにハマったきっかけの本です。手作りのものって誰かにプレゼントするのってある意味冒険だと思いますが(そういうの嫌いな人もいるし)、プレゼントした後に喜んでくれたら嬉しい! 



★次にまわす人5人まで


 友達がいないのがバレますが、5人も思いつかないので・・・・(以下略)。

ミュージカルバトン / Musical Baton 

2005年07月05日(火) 20時51分
友達からまわってきたので私もチャレンジしてみました。
「音楽のバトン」っちゅうやつですね。



★Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)


 471MB and more...?
あんまり音楽入れてないんです。





★Song playing right now (今聞いている曲)


 特になし。というか最近音楽から離れ気味。(忙しい)





★The last CD I bought (最後に買ったCD)

 Jamiroquai ”Dynamite”

 Jay、どーしたん!?って感じ。
 前作のほうが好き・・・ちゅーか、 路線変わってない?
 





★Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
  (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

 順不同です。思いついた順で書くので。


 @福山雅治 ”Squall”
  当時ものすごく好きな人がいました。
  この曲を聴くたびに思い出すんだなあ。これが。
  今では良い思い出。




 A小沼ようすけ ”Virtual Insanity”
  Jamiroquaiのヒット曲をカヴァーしたもの。
  私がギターファンになったきっかけの曲。
  ちなみにエレキギターによる演奏。Jazzyな一曲。




 BYO‐YO MA(馬 友友) ”G線上のアリア”
  全部好きだけど、この曲を聴くと心が洗われるような気がして好き。
  すごく荘厳というか。
  汚れきった私にとってオアシスな1曲。




 CHaendel ”MESSIAH”
  クリスマスシーズンになるとよく耳にする「ハレルヤ」の歌。
  クリスマス礼拝で高校3年生が全員で歌うという決まりになっていて
  下級生の頃は早く高校3年になりたい!と憧れたものでした。

  ちなみに。
  今はドスがきいている私の声ですが、当時のパートはソプラノ。
  え?何かの間違い?私もそう思うねん。




 DSting  ”Shape of my heart”
  最後の1曲。
  めちゃ迷いましたが結局これにしました。
  メロディーが好き。彼の声も好き。




★Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

 えーと、5人も思いつかないので、この日記を読んでくれた人で
 やってみたい方、よろしくどうぞ〜。




Name:Yuki

Favourites:

ヴィゴ・モーテンセン

ジョニー・デップ

バスケットボール

Whittardの紅茶

てんびん座の人

2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ





Yapme!一覧
読者になる