子供の予防接種 

January 31 [Thu], 2008, 0:17
子育て中は子供に、予防接種を何種類も受けなさせなくてはなりません。
予防接種とは、ワクチンを接種して、免疫を作ることによって病気に対する抵抗力をつけます。
発病を予防したり、症状を軽くしたりする方法といってもよいでしょう。
子供は生後8〜12ヶ月ごろまでに、病気の抵抗力が自然と失われていくのです。

予防接種の種類は、BCG・三種混合(DPTワクチン)・ポリオ・麻疹、風疹(MRワクチン)・インフルエンザなどがあります。
ワクチンとは、何かご存知でしょうか?
ワクチンとは、予防接種に使用する薬液のことをいいます。
生ワクチン・不活化ワクチン・トキソイドの3つの種類のワクチンがあります。
生ワクチンは、生きた病原体の弱めたものを接種し、体の中で増やして免疫をつけるものです。
不活化ワクチンとは、免疫を作るのに必要な成分のみを病原体から取り出し、毒性をなくしたものを接種して免疫をつくります。
そしてトキソイドとは、細菌が産出する毒素だけを取り出し、毒性を弱めたものを接種して免疫をつくるものです。

BCG・ポリオ・麻疹、風疹・水痘(水ぼうそう)は生ワクチンを使用します。
そして、三種混合(DPTワクチン)・インフルエンザは、不活化ワクチンを使用するのです。

子供が大きくなるにつれ、外出する機会も増えてきます。
予防接種とは、子供を悪い病気から守るという意味でもありますね。
子育てにかかせない事のひとつです。
接種する際は、注意事項などをよく読んでから接種させてあげてください
P R
最新記事
http://yaplog.jp/ikuzi123/index1_0.rdf