山ごはん

2012年04月02日(月) 20時17分
本日はエッセイスト華恵ちゃんと
モンベルさん企画の山ご飯ロケにいってまいりました。

本当にいい天気!
最高です☆
日頃の行いがよかったかな〜。ヤッタヤッタ♩



山初心者の私なので第一弾は身近な高尾山から。
しかもリフト使用。
ヘタレでごめん華恵ちゃん・・・笑



なんでこういうところって
誘惑が多いのかな〜
団子に黒ごま甘酒に☆




ふたりでワケワケ、モグモグ

なんかいい気分です。




昔のぼったときはつらかった記憶がありましたが
今回は以外にスムーズに頂上に到着☆
うれしい〜〜

さて、頂上についてからは
今回のテーマ「山ごはん」です。

頂上「kitchen小豆」開催です。



とても素直な生徒さんでした笑



ちょっとしたハプニングやらサプライズやらもありましたが
それも楽しい♩
爆笑でした。



今日のメニューは
「山のきのこチーズリゾット&レーズンと小豆の和風トリュフ」



おかわりしておなかもいっぱい大満足☆



華恵ちゃんありがとう〜♩
何月号かのモンベルさんの冊子に掲載されるそうです〜楽しみ♩

西東京へgo!

2012年03月07日(水) 20時35分
妹Q子&Q彼ジュンジュンとともに
休日ドライブに行って参りました。

お邪魔虫にしかみえない私ですが、
二人が誘ってくれているので
お邪魔虫ではないようです笑

でもとてもラブラブ、もといちょ〜仲良しな二人・・。
一緒にいるとこちらが照れてしまいます。

とにもかくにも東東京から西東京へレッツゴーです。

まずはご近所の人気パンやさんでパンを購入。

4つ程購入し、わけわけして食べます。
「あ、これおいし〜」
「あ、僕はこっちがすきだなー」
「もちもちだね〜」

わけわけできる間柄はとっても楽しい。



おお、東京タワ〜。
観光気分を盛り上げてくれます。



月火は定休日が多いようで(他人事でないっ)
開いていて、興味のあるお店を厳選してうろちょろ。





途中、突撃お宅訪問!




なな梅亭におじゃましました。
なんて図々しい・・・笑

急な訪問にもニコニコ迎え入れてくれたなな梅さん、ありがとうございました!

素敵なインテリア、しつらいに3人興奮しっぱなしでした。
フガフガ。

なな梅さん、一押しのたいやきやさんにも伺い



もちろんすぐパクリ。


このあと3人、やけどいたしました。

とろとろのあんこがおいしかったなあ。
最近薄皮たいやきがおいしい!と感じるようになりました。
ゆいさんも、とってもいい人☆
なにかご縁があるといいなあ。


その後も、なな梅さんお知り合いの方の道具屋さんにいき
素敵な店主さんとの会話に花をさかせつつ。


夜は吉祥寺まで車をはしらせ、3人晩ご飯。

JJ、朝から晩まで、運転ありがとう!
Q子、下調べありがとう。

ikura姉、ご満悦でございました。

扱い方

2012年02月25日(土) 19時40分
作品の扱い方で
その方の作品にたいする思いが垣間みれたりする。

自分の作品を丁寧に扱う人。
すごく好感がもてます。

かごにきっちり、ぴっちり作品をならべて持ってくる方
お菓子箱の仕切りを利用して、作品のサイズぴったりにおさめてくる方
ジップロックで、項目ごとにきれいに仕分けてくる方

そんな方から作品をお預かりすると
「大切にお預かりしなきゃっ」という身が引き締まる思いと
「良い方に引き取られるといいな」という素敵に販売してあげようという親心がうまれます。

どの作品・作家さんにも公平であろうと思うけれど
やっぱりそこはもちつもたれつ。

どこの店でもおけばいいと思っている方には
私だって、ぷいっとした気持ちになりますし、
意図がちがうなと感じます。

小豆はとても小さなお店です。
宣伝もほとんどしてません。

だけど、何かを感じて
ここで置きたいな、そう思ってくれる作家さん。
自分の作品を大切にして、作業を楽しんでいる方。

そんな方とつながっていきたいなと思ってます。

中から

2012年02月22日(水) 21時45分
「やほ〜」

突然サプライズで現れた友人のナオちゃん!

びっくりした〜〜。

ハワイから帰国したばかりの
相変わらず優雅な彼女。

やっぱり素敵。
私の自慢の友人です。

わざわざハワイのお土産と
誕生日プレゼントを持ってきてくれました。ウルル・・・

赤い袋をあけてみると・・・

わっ!☆



・・・・ん??



おやまああ〜〜〜〜!!???



なんとも笑える、もとい、かわいい爪ヤスリ!

ひと笑い頂きました。

心の友です。

やっぱり馴染みの友人ていいな、癒されました。

ありがとね〜〜ナオチンっ☆love

気になる気になる

2012年02月10日(金) 22時14分
今日は「華恵ちゃん」がきてくれました☆
わ〜い☆

初対面のときはどきどきしてましたが
きさくな華恵ちゃんのおかげで
すっかりわたくしも馴れ馴れしくなってしまいました。えへへ

華恵ちゃんから聞いた
「登山もマラソンとおなじですよ!」
の言葉が忘れられなく、
今年はちょっと「山」が気になる・・・

華恵ちゃんからいただいた登山本と
華恵ちゃんんが載っている冊子☆





う〜ん、モデルさんだなあ。かっちょいい

だから頑張れる

2012年02月01日(水) 20時44分
町屋のおしゃれお花屋さん「MOMO」さんから
いただいた美味しそ〜〜〜な酒粕!

MOMOさんと同じ店舗で
水曜〜金曜は入れ替えで元気村という物産をうっているお店が登場するそうで
そこからこんないきいきした酒粕を買ってきてくださいました。


酒粕が呼吸をしているから
空気を抜いても抜いてもすぐにパンパンになります。
すごいっ
おいしそうっ

momoさんのお花も大好きだけど
元気村さんもいってみたいな〜。
営業が重なりなかなかいけず残念・・・

renorenoユカさんからは
手作りキャンドルをいただきました☆
色合いがめちゃくちゃかわいい〜〜〜〜っ
そして手作りなのが、何より嬉しい。

そして今日、営業中、ふと届いた郵便。

ん?品名に「ハワイ」の文字。
ん??



あけてみると、中から手作りのアルバムが!

アルバムというより
作品長というか、ハワイ思い出本というか。

手作りのデコレーションや
メッセージ、
切り抜きや
ハワイの思い出の品物が
何ページにもわたり、ぎっっしり!!





なんか・・・なんか、こんなに手のこもった
愛の詰まった贈り物・・・・涙がでました。

大人になると、なにはなくとも忙しい毎日。
せわし「ぶってる」つもりの毎日なのかな。

こんな一冊を作るのはどれだけ
労力と時間を費やすか・・・
それを考えるだけで目頭が、ギュッ・・・。
本当に感動しました。

手作りは、作っている時間も贈り物の一つだなあ、と
改めて感じました。

やっぱり手作りって素敵。

私もがんばろう。
ありがとうアユチ〜〜っ

長短

2012年01月27日(金) 23時14分
Qちゃんが今月でお仕事を辞め
フリーになるとかならないとか。

今までのスタイリスト経験と
凄まじくこなしてきた仕事量を糧にどんどん飛躍してほしいなあと
姉心に願うところ。

そんなQちゃんから
お仕事仲間にお礼菓子を頼まれ。

ついついあれもこれもと手を加えてしまう。

チョコとピーカンナッツのビスコッティーに
yokoちゃんのメレンゲムラング。

ちまちまちまちま
ラッピングしていたら、あっ!
また残業時間オーバーだわっ






ついついのめり込んでしまうのが
うちの家族のだめなところでもあり、
長所でもある・・・と思いたい

実家にて

2012年01月24日(火) 20時39分
埼玉での雪はなおさら身にしみる。
でも、まわりが静かだからちょっと心地よくて
すこし子供の頃を思い出してうきうきする。



実家には、足の悪いおばあちゃんがいるので
今日は代理に大掃除にとりかかってきました。

窓を開けさらし、
掃除機とほうきの両方使い。

テーブルを吹き上げ、
壊れていたホルダーをねじとドライバーで止め。

賞味期限切れや、いらないものの始末。

おばあちゃんの爪切り。

一人ばたばたと結構いろいろやることあります。

昔の人だからかな・・・
うちのおばあちゃんは、ものを買い込む癖がある。

食べきれないだけ食料をどっさり冷蔵庫に入れこむ。

うーん・・・
私の生活スタイルと違うから
疑問に思うことも多々。

でもそれもそれ。

世代が違う人と一緒に同居してきた経験は
いろいろな事にいかされるなあと感じる今日この頃。

考えの違い
人間の老い
体が不自由になりながらも生活をしなくてはいけないこと
それを支える家族の事。

実家に帰ったときには
なるたけおかずを作り置きするようにしている。

今日は
白菜とツナの春雨とろみ煮
筑前煮の酢豚風
豚肉ともやしのすりごま煮込み
切り干しの煮なます



「こういうのをお前の店ではだしてるのか?」
「全部うまかったよ」

好き嫌いの多いおばあちゃんが、そう言ってくれるのは
なんだかホッとする。

町家は年配の方が多いけど
お年寄りがどんなものをたべるか
どんなものがいやがるか。
な〜んとなくでもわかるのは
おじいちゃんとおばあちゃんがいてくれたからだよね。

ありがとう、おばあちゃん

毎日、一人頑張る父にも家庭料理でほんの恩返し。



ありがとう、お父さん

シアワセ太り

2011年10月09日(日) 22時07分
九州でお世話になったハラダさんが
東京にいらっしゃいました!
忙しいスケジュールの中、わざわざ小豆にきてくださることが
とってもうれしい☆



ペペロンチーノの塩などの、楽しいおみやげもありがとう☆
はるちゃん、かわいいマンマル菓子ありがとう☆

あの形、うちの店っぽいよね笑



お久しぶりにいらっしゃった「みよかよ堂」さんからも
てづくりの無添加パン。
もっちりしていておいしかったなあ〜。
ふといらして、ふととびきり美味しいものをくださるみよかよさんは、なんだか妖精さんみたいだあ〜と
思ってしまいます。

mocha.さんからは
「家の片付けで不要になったけれど、小豆さんなら使えるかも」
と沢山の本をいただきました!
とっても素敵なecoですよね。


私にとっては宝の山!
小豆書庫に置きますのでご自由にご覧下さい。

北海道出身のフェルト作家「中丸みどり」さんからは
六花亭詰め合わせ!

きゃ〜〜〜☆

もおっやせれない笑

父の店

2011年10月02日(日) 20時42分
最近、実家の割烹料理店に旦那様の仕事仲間の方々がきてくださることが多く
本当〜〜〜にうれしい。

カメラマンさんのイケさん。


ディレクター同士のアベちゃん夫妻&話したい盛りのエイスケ君☆


小さい子が「オイシイネ!タノシイよ!」
と大きな声で言ってくれると、タレ目で笑う父。

しばしば紹介する父の味は、私にとっては和食の中で一番好きな味。

だしがどの料理にもきいていて、
濃い味付けではないのにぐっとしみる味が、すごく好き。

嬉しいことに旦那様も、父の味にほれてくれていて
「うまいから」と職場で話してくれているみたい。

身内ネタってどうなのかなって思うけど・・・
でもおいしいんです。
ワタシ、お世辞いえないから。
だから身内に対してもお世辞もいわなければ、謙遜もしません笑。

おいしいの。お父さんのご飯。

自分が店をもってから父のすごさと
父の考えにすごく賛同することが多い。

「うちのお客さんは、ほんっと〜にいいお客さんしかいない。
本当にいいお客さんばかりだ!
オレは本当に幸せなんだ!」

どんなに酔っ払っても、
自称「デレスケ」おじさんになっても
絶対絶対、お客さんを自慢げに話すし
自分が本当にしあわせだと言う。

「うそなく、一生懸命やればわかってくれるから」、と
50年ちかく板前をやっていても「一生懸命やる」ことを大事にする父。

なんだかすごく嬉しくなる。
その分、年々、なんだかよくわからない涙がでそうになったりする。



私が、体を心配して、ああしろこうしろ、これだめあれだめというのを
苦笑いしながら
「お前らいない時は、ホンット静かで飲みにいけるからいいのっ」
と、あいかわらず減らず口の父。

だって、すこしでも長く、元気でいてほしいんだもん。

お父さんの味だって、まだまだ習いきれてない。

今年も手伝うから、お節一緒につくろうね。

父が現役の間に、是非食べていただきたいお節。
注文があればやるかな〜との事でした笑

「ふじ乃井 特製お節」
2段 2万円
ikura.p@hotmail.co.jp
でも受付ます