診療について

November 18 [Wed], 2015, 21:12
診療ガイドライン
中医学界での臨床の現在の迷路を公衆に導くガイドライン-と大きな信頼関係を構築するための努力で、プロセス医学研究所(IOM)が呼ばれ、2011年に発行した報告書「臨床実践ガイドライン我々は信頼のできます。」報告書は、2つの重要なそのうち臨床ガイドラインを標準化することを目的といくつかの提言を、作られた:ガイドラインが最良かつ最も現在の研究の音概 要に基づくべきである、とガイドラインの開発者は、バイアスすることはできません。

(現在国立医学アカデミーまたは「NAM」と呼ばれる)IOMは、知的専門的、または値に関連した紛争が含まれるように、「利益相反」の定義を広げることにより、バイアスに、その勧告に特に高いバーを設定します。今日のガイドラインを書い専門家は、多くの場合、ガイドラインは、彼らの特定の専門分野や臨床実践をサポートしている場合に得るために何かを持っているので、この定義は、主に拡張されました。

良いニュース:臨床研究コミュニティがポイントで、2011年のケースでIOMによって設定された基準を満たすいくつかの進歩を遂げている、そのようなACS、米国予防サービスタスクフォース(USPSTF)、および医師のアメリカの大学のような組織がの基礎高品質体系的証拠のレビューに勧告。

悪いニュース:ガイドラインの作成に関心のバイアスや紛争、複雑かつ広範両方残ります。

何をすべき?
公平な臨床ガイドラインが存在しない場合には、医師と患者はただ、自分の治療計画を作成する必要がありますか?

ではない正確に。私は解決策は、実際には2つの方面からだと思います。

まず、患者とその医師はそれを認識しなければならない - それは、臨床ガイドライン-1のサイズになると、すべてに適合していません。常に個々の特性や状況 - など併存疾患、病歴、個人的な好みとして、及び気付そのための特定の患者のための推奨事項が変更されますアクセスがあります。医師にそれらの状況やリスク要因を議論するために患者を奨励することは、我々がこれまで持っている最高の戦略です。そのようなACSとUSPSTFなどの組織は、すでに彼らの勧告に共有意思決定を組み込んだ、と私は他の人が同様にそうすることを始めたいと考えています。

第二に、臨床医と患者レビュー更新指針として、私はこのような質問をすることにより、IOMの枠組みに従うためにそれらを奨励します:

そのガイドラインが実装されている場合、ガイドラインの開発者は、財政的に利益を得るだろうか?言い換えれば、彼らは彼らが提供するサービスのために提唱されていますか?
彼らは彼らのガイドラインが形成されたかを明確にし、公的に詳述していますか?
彼らは外部のレビュアーからのコメントやフィードバックを考えたことがありますか?
同じ質問は同様に批評家や投じをガイドラインの提起する必要があります。彼らは、知的専門的、または値に関連した紛争の自由ではない場合は、国民の信頼に値しません。このように、ガイドラインの開発とその批評家の両方が公に意味のある方法で興味のある対立を開示することが不可欠です。彼らは、チャネルの数を介してこれらの開示を行うことができます - メディアのインタビューにと自分の仕事を公開する医学雑誌に含みます。これは、医療に対する国民の信頼を高め、ガイドライン自体に向けた重要なステップです。

私はいくつかのガイドラインの開発 - などACSおよびなどUSPSTFは-ている特定の勧告の周りのコンセンサスを達成に向けて動き始めているという事実によって勇気づけています。ACSおよびタスクフォースの両方がIOMのレポートで概説したのと同様のプロセスを使用します。彼らは、利益相反の欠如のために吟味し、また、利益相反を持っていなかった独立した研究者からの証拠を使用されてきた専門家に依存していました。それが証拠の彼らの独立した評価の調和で一歩前進である - この二つの組織がこれまで以上に整列されている理由を説明することがあります。

我々はより多くの組織が臨床ガイドラインを作るためのIOMフレームワークのガイダンスに従う表示されるまで、現代医療に対する国民の信頼が唯一減少し続けます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りょう
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ikumouikumou/index1_0.rdf