髪の毛は加齢とともに徐々に薄くなっていく

August 24 [Sat], 2013, 6:27
髪の毛は加齢とともに徐々に薄くなっていくものですが、最近の特徴は、薄毛が若年層や女性にまでも広がっているということです。
薄毛に悩む男性は1300万人、女性は600万人とも言われ、多くの方が悩んでいる症状です。

そして薄毛の兆候は、生え際に最も出やすいと言われています。

「最近、髪質が細くなってきた」「抜け毛が増えてきた」という症状に気付き、慌てて育毛方法について調べる方も多いと思いますが、残念なことに、一般的に生え際の発毛は一番困難だとされているのです。

同様の薄毛でも、頭頂部は、生え際と比較すると改善しやすいそうです。
生え際の発毛が他の箇所と比べて難しいのかは、DHTいう男性ホルモンが関与しています。

男性ホルモンと毛細胞が結合して脱毛ホルモンであるDHTを生成することで、髪の毛が成長しなくなってしまうのです。

生え際がDHTの影響を最も受けやすい箇所であることと、DHTが生え際にもっとも存在していることが、生え際の育毛を困難にさせていると言われています。

ですから、特に生え際の育毛には、体質に合った育毛剤と根気が不可欠となります。
いくつかの方法を調べ、自分に合った育毛法を試してみてください。

育毛剤には数多くの種類があり、血行促進、栄養補給、男性ホルモンの抑制、皮脂の除去といった効果も様々です。

自分の薄毛の原因を知り、育毛剤を選ぶようにしましょう。

育毛剤を使うのと同時に、正しい生活習慣や正しいヘアケアを身に付けることも重要です。

生え際の薄毛対策のポイントは、 バランスの摂れた食事と十分な睡眠と、頭皮の過剰な皮脂を除去することです。

これを守れば、血行が促進されて毛根に栄養を届き、毛母細胞の分裂を活性化させることに繋がります。

まずは日頃の生活習慣を改善して、内部環境を整え、低刺激のアミノ酸シャンプーで頭皮の皮脂を適度に洗い、頭皮環境をしっかり整えましょう。

育毛の基礎を整えてからこそ、育毛剤が頭皮の血行を促進して、育毛の効果をより一層実感できるようになるのです。

育毛は効果が現れるまでに短くても半年はかかるといわれています。
長いスパンで育毛計画を立て、コスト的にも労力的にも無理のない方法を考えましょう。

結果を実感できないと続けることが難しいので、生活習慣の改善と育毛剤でのケアをしっかり行って効果の高い育毛ケアを実行することが肝心です。

男性育毛剤≫ 薬用凌駕育毛剤