変化 

2005年12月17日(土) 18時52分
 あたしは今まで何をしてきたんだろうね。
ダラけてサボって適当にごまかしてかっこいいつもりだった。
ああ、本当に馬鹿だ。

あの子はいまだにそんな馬鹿やって毎日過ごしてる。
あたしのからだは戻りたいって言ってるけど
あたしの浸かるべき場所はここじゃないはずだよ。
あたしはあの子みたいにもう子供じゃない。
気づけたんだからできるはず。
理想に近い場所に行けるはず。

がんばってみな
がんばってみようよ

あんたならできるから。

恋愛 

2005年08月28日(日) 1時33分
恋愛は洗脳みたいだと思う。
だって,あなたが好きと言ったものはあたしも全部好きになってしまうんだもん。
恋愛は危ないものだと思う。
だって,こんなにもあなたに会いたくて会いたくてしかたないんだもん。
恋愛はずるいものだと思う。
だって,あたしばっかり切なくて苦しい思いばかりするんだもん。
でも 恋愛はいいものだと思うよ。
だって,こんなに素直に綺麗な涙が出る。
だって,こんなに優しい気持ちになれてる自分に会える。
それは相手があなただからかもしれないけどね。
いつかあなたにもそう思ってもらえたらいいな・・・・なんてね。

**HappyBirthday** 

2005年08月22日(月) 13時20分
夏も終わりに近づいた 17年前のこの日
あなたは生まれたんだね

あなたがいたからあたしはここまで頑張れた
あなたがいたから暗くて寂しい夜も乗り越えられた
あなたの一言で涙を流した日もあったけど
今はそれさえ愛しく思える
だからあたしの持てる力を全て使って伝えたい
いつも傍に居てくれて
いつも笑っててくれて
いつも元気付けてくれて
ありがとう
そして
生まれてきてくれて
ありがとう

HappyBirthday!

あなたも見ているでしょうか 漆黒の夜空に輝くあの金の月を 

2005年08月22日(月) 12時51分
あなたも見ているでしょうか
漆黒の夜空に輝くあの金の月を

寂しくて寂しくて一人膝を抱えてしまう夜は
そっとカーテンを開けてあの月を見ながらあたしを思い出してね
つらくてつらくて涙が流れて止まらない夜は
窓から射す柔らかい光を眺めながらあたしを思い浮かべてね
そうすればほら 悲しかった気持ちが少しづつ少しづつ薄れていくでしょう?
優しく儚いけれどとても強い光が冷たく凍りついた心を溶かしてくれるでしょう?
あなたは一人じゃないよ あなたは一人じゃないんだよ

あなたも見ているでしょうか
漆黒の夜空に輝くあの金の月を

空が伝える秋,風が運ぶ冬 

2005年08月19日(金) 18時09分
夏が終わってく 空の色が変わってく
少し前まで自然と上向きな心にしてくれるような
今日も一日頑張ろうって思えるような
そんな色だった気がしたのに
今は見上げるだけで涙がこぼれてくる
いづれ必ず来る冬の寂しさを
いのちが枯れてく事の悲しさを
誰よりも早く伝えようとしているみたいに

ああ,あたしはいつもこの時をどうやって乗り越えてきた?
涙がこぼれてしかたない

ほら,風が秋を連れてきた
もうすぐ冬が,全てを枯らし尽くす冬が・・・

ばかなあたしとしゃぼんだま 

2005年08月17日(水) 21時46分
しゃぼんだまって
ばかみたい。
せっかく生まれてきても
消えるのを待ってるだけで。
でも
そんなばかみたいなあんたたちを生み出してるあたしも
すごくばかなんだ。
きっとあたしは
自分よりばかな奴を見つけたくて
あんたたちを生み出しては見つめているんだろうね。
なんてばかなんだろう。
あんたたちは消えるまでの間
風に乗ってどこまでも行ける。
意志なんか関係なく
どこまでも気まぐれに。
それでいいじゃないか。
それだけでいいじゃないか。

ホントのばかはあたしだけだったってこと
今気づいた。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iku193
読者になる
Yapme!一覧
読者になる