ケーキのようなものをつくる 

2005年12月03日(土) 15時19分
食開膳のホームページをつくってみました。
急いでつくったから適当だけど・・・こんなかんじです。
http://www.shokukaizen.com/

大量のハーブでつくるこのカレーが催事ものでめちゃくちゃ売れるとのことなので、学祭とかで売り出して、収益の一部を途上国支援にあてる「カレーファンド」とか、そういうことを妄想しています。

昨夜は深夜までこの店で企画のリハーサルでお菓子をつくっていました。
まるで爆弾を製造しているかのように。
結果↓
http://blog.canpan.info/glsc/

H木くんがたまらない表情をしています。

フセイン裁判 

2005年12月01日(木) 7時48分
一昨日久しぶりにサッカーをしたため、昨日は一日筋肉痛でした。どこぞの国の少年のように、裸足でサッカーしたら、気持ちよかった。

フセイン裁判ってやってるじゃないですか。あれってどこの国の法律を使ってるのかな?国際人道法か何かなのかな?って新聞記事には書いてないから、ネットで調べてみたら、どうもイラク国法に基づいて裁判をしているらしい。

たしかにフセインはひどい独裁者で虐殺とかもいろいろやったんだろうけど、大統領として行なったことを自国の法律で裁かれるというのは、いったいどういう論理になってるんだろう。国家の責任をどうやってフセイン個人に背負わせているのか。

ある自衛隊員がイラクで、命令されてないのに勝手にテロリストをリンチして殺したら、彼は殺人罪に問われるだろう。でもそれを日本政府の指揮命令の一環としてやったならば、国際法上の責任は問われても、日本法上は正当業務行為であって免責されるのではないだろうか。

同じように、そのリンチが首相の命令にもとづいていたからといって、首相が刑事訴追されるなんていうことは考えられないだろう。個人ではなく、国家がやったことなのだから。

だから、なんかよくわからないなあと思いました。

子どもは誰のものか 

2005年11月30日(水) 7時54分
終電がなくなって赤坂の店に泊まってました。今日は一限があるのでこれから直接学校に向かう予定。

昼は子どもと親向けのラジオ番組を企画されている方々とお会いし、夜はS兼くん、S巻さんらと飲んでいた。

0歳児ひとりにかかる公的資金は、さまざまな施設や扶助を合計すると子ども一人当たり60万円になるという。保育にはお金がかかっている。これからもかけていくべきだというのが少子化時代の流れだろう。

では、どのようなところにかけるのか。

自民党の政策は「待機児童ゼロ作戦」で保育園を増やし、深夜まで保育ができる体制にするという。
また前回の総選挙のマニフェストには「幼児教育を無償化する」という、やる気があるのかないのかよくわからないが、目新しい政策が書いてあった。

その背景には、一方では親業に対して理解のない職場環境、共働きがすすむなかでも育児について母親に負担がかけられているという現実から、保育時間を延長してほしいという親側からのニーズがあり→待機児童ゼロさくせん、深夜保育推進
また他方では、「本能が壊れたために(?)」子どもをどう育てていいかわからない、現代の親に対する不信感があるのではないか→幼児教育無償化と保育施設充実で、専門家による子育てへの関与を推進する。

これらを総合すると、
親はお金を稼ぐ専門家だから、両親ともにたっぷり働いていただき、
子育ては保育の専門家である保育園や幼稚園に任せなさい、
という親を信用しない結論になり、
保育の長期化によって親子が触れあう時間が減少し、
ますます親子の絆は失われていくことになる。

他方で、養育費・教育費を税額控除することや、育児に対する公的扶助を増額する政策は、親による子育てを尊重し、「親を信頼する」政策と言えるのではないだろうか。

少子化時代、「育児政策を強化する」というスローガンは一見したところ耳ざわりが良い。けれども、少子化になればなるほど、「子どもは親のもの」なのか「子どもは社会のもの」なのかという綱引きは激しくなるのであり、後者の徹底は恐ろしいと思う。

blog再開します 

2005年11月29日(火) 9時02分
しばらくブログの更新を止めていました。(特に理由なし)
「時間が止まったかのよう」と感慨深いコメントをいただき、
これまた特に理由もないのですが、
そろそろブログの更新を再開しようと思います。

この間に起きた主な出来事を並べてみると

・制作途中をレポートしていた赤坂見附のカレー屋「食開膳」は10月5日にオープンしました。同時に僕も23歳になりました。一時期カレー中毒がひどくなりました。
・日曜日に東大のロースクールの2次試験を受け、これで院試が終わりすこし楽になりました。
・「てのひらサロン」をオープンさせました。まだコンテンツないけど。
・いろいろと考えていた将来の構想が「カウンセリングファーストの法律事務所」というビジネスモデルで、とりあえずたたき台になりました。

しばらく、ブログではなく俳句をつくっていました。
ブログは書くとついつい書いたことについて責任を感じてしまうのですが、俳句だと同じように日常生活を題材としながらも、責任を感じずにすむし、空想の世界の表現でもOKということで、とても自由なかんじがしました。

でも一方でちゃんと長めの(?)文章を書くのも精神のために大切かなと。
なのでまた書きます。

大型冷蔵庫 

2005年09月15日(木) 9時28分
ワインセラーと冷蔵庫、その他厨房用品が到着。5人がかりで地下まで搬入しました。なんとか入れることはできたけど、果たして再び出すことができるのか大いに疑問。

ソリューション・ビジネス 

2005年09月13日(火) 10時02分
専門家は、最後まで「手遅れですね」と言ってはいけないのだ。

ソリューションの提供者でなくなれば、ただの批評家になってしまう。手を取り合う間柄でなければ、クライアントにとっては何の価値もない。

法律もITもデザインもカウンセリングも教育も、結局はソリューション・ビジネス。目の前にいる人に対してどんなまなざしを向けるのか。自分が学んできたことは全て共通している。

クリック&モルタル 

2005年09月09日(金) 21時46分
今週と来週は試験期間のため更新が滞っていますが作業は毎日してますよ。午前中に大学、午後はモルタルづくり、夜はweb店舗の打ち合わせ。帰ってちょっと寝て試験勉強といったかんじ。

モルタルづくり 

2005年09月08日(木) 14時03分
これ運んでます。トンの勢いです。。

汗だくになったけど 

2005年09月04日(日) 15時56分
結局最後まではいきませんでした。でもペンキって素敵。職人がつぎつぎ誕生中。

ぬりかべ 

2005年09月02日(金) 20時49分
今日から作業服(\1200也)を着用。出入りの業者さんからは完全に「ペンキ屋さん」だと思われてる。いちおう運営者なんだけどな。。
果たして16日オープンできるのか…。あと二週間の勝負。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像vanilla
» <<大学>>を読むB (2007年08月03日)
アイコン画像阿秀
» 子どもは誰のものか (2005年12月03日)
アイコン画像みなと
» 子どもは誰のものか (2005年12月01日)
アイコン画像阿秀
» 子どもは誰のものか (2005年12月01日)
アイコン画像みなと
» 子どもは誰のものか (2005年12月01日)
アイコン画像江原
» クリック&モルタル (2005年09月13日)
アイコン画像nasdaq
» クリック&モルタル (2005年09月12日)
アイコン画像ヒヵル
» 壁の色が変わってきました (2005年09月02日)
アイコン画像阿秀
» 壁の色が変わってきました (2005年09月02日)
アイコン画像ヒヵル
» 壁の色が変わってきました (2005年09月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ikt
読者になる
Yapme!一覧
読者になる