駐車場の説明

January 09 [Wed], 2013, 17:57
その結果として、一般人は、こんな乏しい当てにならぬ救済を乞う必要を避けるために非常な努力をしている。報告の多くには、彼らは疾病や老齢に備えて蓄えをしないことは滅多になく、一般に、教区の救済を受けなければならぬ恐れのあるものの、大きくなった子供や親戚は、普く一家の恥辱と考えられているかかる堕落を出来るなら防止しようと、進んで助力をするのである。
 各種教区の報告の筆者はしばしば、極めて強い言葉で英蘭流の貧民税賦課制度を非難し、蘇格蘭流の救済という方法が決定的に優れていると云っている。工業都市ではあるが貧民が多数いるペイズリに関する報告1)[#「1)」は縦中横、行右小書き]の中で、筆者はなお英蘭の制度を非難し、そしておそらく行き過ぎの記述をしている。彼は曰く、英蘭ほど多額の貧民救済金はどこでも見られないが、しかも英蘭ほど貧民の多い国はない。そして彼らの状態は、他国の貧民[#「他国の貧民」に傍点]に比較して、真に最も悲惨である[#「真に最も悲惨である」に傍点]、と。 ケエラヴェロックに関する報告には1)[#「1)」は縦中横、行右小書き]、貧民はいかに給養せらるべきかという問題に答えて、極めて適切に次の如く述べてある。『窮迫と貧困とはそれを救済するために作られた資金に比例して増大する。慈善の方策は、それを分配すべき必要が生ずるまでは、眼に見えぬようにしておくべきである。蘇格蘭の地方教区では、一般に、少額の随時の自発的義捐金で十分である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iksdlw20
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iksdlw20/index1_0.rdf