8歳で子供を出産した黒人女性写真 

February 16 [Sat], 2008, 8:00
黒人

大型バスにのって。 

February 09 [Sat], 2008, 15:48
今日はムスメの初めての遠足。




大型バスに年長組さんとペアでバスに乗っていきました。




オイラといえば



一昨日あたりから何だか身体がだるいは、喉は痛いは・・・。



昨日の夕方には久々に38.7℃まで発熱する始末。




今は身体のだるいのと、喉の痛みは残るものの起きていられるまで回復。




んでもって、昨日のお約束の夢。




お弁当作るの忘れて、作りに帰ろうと思っているのに



色んな障害があって、なかなか家に辿り着けず



着いた頃にはもうバスの出発時間。 う〜〜わ〜〜〜(滝汗)



ってなトコで目が覚めました。  ああ、夢で良かった。



こういうトコで、小心者のトコロがバレバレだったり。



プレッシャーに弱いんだよね・・・。 問い詰められると自信なくなるし(苦笑)



忘れずに作ったお弁当。




一応お約束のキャラ弁で(笑)




最近時々グズグズ言っちゃうムスメ。



今日もそんな感じだったんだけど



『んじゃ、帰ろう。』 って言ったら



『ヤダ!!!』 だって(笑)



バスに乗ったらもう嬉しくなっちゃったのか、スッゴク笑ってました。



何だよ、もう。



初めても遠足、めいっぱい楽しんできてね。 

口述模試〜レック〜 

January 19 [Sat], 2008, 22:46
レックの口述模試を受けてきた。

非常によかったです。

何が良かったかと言うと、実際の口頭試験のやり取りが体験できたことではありません。
本番では質問内容が変わりますし、
信用金庫の渉外マンだった自分にとっては、話ベタということもないので。

そのQ&A終了後の、最後の面接官(講師)のアドバイスが非常によかった。
それを要約すると、

「面接官の言葉を否定せずにに乗っかれ!!」

と言うことに尽きるだろう。

わからないと答えずに、とりあえず何か答える。
自分が誤った答え、見当はずれの答えをしても、
〜ではありませんか?の面接官の問いには必ず否定せず、
あ、そうでした。と乗っかる。

問われる問題は基本的なものなのでしょうが、
答えがでない、質問の意味がわからない、誤った答えをした、
これらの場合でも大丈夫ということ。
むしろ試験官に助け船を「出させる」くらいの気持ちでもいいのではないでしょうか。

コレ、知っているのと知らないのでは、
本番の緊張度がかなり違ってくるでしょうね。

今日、レックの口述のレジュメをもらったので、
LとW両方のレジュメが揃ったことになります。
その内容は両者でかなり違う。

Lは3章に分かれていて、
1章は過去問、2章は各科目の各論の整理問題、3章は予想問題。
Wは単純なQ&A方式が科目毎にだらだら記載されている。
(過去問はこの中に散りばめられていると思われる)

パッと見た感じ、完全にLに1票。
Lの方は考えに考え尽くされた構成である。
Wは、誰でも作れそうな稚拙なレジュメですね。

LとW双方の分量でもかなりあるので、他の予備校の口述対策レジュメは必要ないだろう。
迷っていたが、LとWで十分と判断する。

あと10日ほど、しっかり受験生するか。


これをもって、L答錬2007の書庫を完結と致しますね。

損保・生保試験 

January 15 [Tue], 2008, 6:09
以前から試験のあるのはわかっていたが、連絡がなかったので、

11月はもうないね〜と局で話していたところに、突然の郵便。

職員二人は来月10日、私だけ12月試験。

受験場所指定で遠いとこ〜〜

テキストは休憩室に置いたまま。。

二人「間に合うかな?落ちたらどうなる?」と慌て気味ーー

私は皆より1ヶ月余裕ありでいいけど、やる気でない〜〜

今日はいじめについてまじめに考えました。 

January 03 [Thu], 2008, 16:08
今日はここで







こんなことをしてきました。







各元年がそれぞれ、自分たちで考え、放課後練習した「いじめ」に関する劇をしました。



よく考えられた、迫真に迫る演技でした。



1年生は自殺まで考えるというもの。



2年生は、周りの子が勇気をもって助けてあげるというもの。



3年生は、家族にもだれにも言えず、一人でかかえこんでいるもの。



そして、先生方は最近問題になっているメールやネットによるものをとりあげていました。







そして、そのあと、1年生代表、2年生代表、3年生代表、保護者代表、そしてσ(・_・)



ステージの上でパネルディスカッションを行いました。







みんなこの日のために一生懸命準備し、一生懸命考えてやったものです。



ステージ下の200人以上の生徒も、真剣に考え、真剣に聞いてくれていました。



いじめの報道が後を絶ちません。



悲しいことに子供の世界だけでなく、大人の世界にもいじめがないとは言えません。



いじめられる側にはもちろん、いじめた側も、自分の行動の重大さに気づいたとき、



一生消えない心の傷が残ります。



そして、それを見て見ぬふりをしてしまった周りの人たちにもです。




一人ひとり、みんな素敵な子供達です。



自分を生かせる場を見つけて、輝いていて欲しいですね。




「ちょっと遊んじゃえ〜♪」の書庫に入れてしまいましたが、



ぜんぜん遊んでないですよ。真剣に考えました(ρ'ο')q 



みなさんも真剣に考えてみてくださいね。



そして自分を輝かしていきましょうね。



お互い思いやりの気持ちを忘れず、いじめは絶対いけないことだという気持ちを持ちましょうね。



書きたいこといっぱいあるけど、読んでくれた皆さんに考えてもらうことにします(∩_∩)ゞ

21、娘と高校進学 

December 18 [Tue], 2007, 20:35
中学三年生の新年というのは、当然、高校受験の直前で、
皆、正月どころではない。



ただし、我が家では別だ。



「高校なんて行かない」の一点張り。



「将来、絶対、後悔するから。
どこでもいいから、行けるところに行っておき」



「どうせ、どこも行ける所なんて無いし、
いったところで勉強なんかしても意味ないし
友達とかも今の友達がいたらそれでいいし、
行く意味何もない。」



中三生と母。。正月あけて、まだこんな会話だ。



しかし、我が家では、こんな会話でも、
少し会話らしいものができるようになって、正直、少しホッとしていた。




毎年恒例の、身内が集まっての正月会。



その場では、たとえ、娘がいつものように突っ張ったことを言ったところで、
「何アホなこというてるんや」と、身内ならではの愛を込めて無視される。
身内とはいいもんだ。
いつまでも、子供のまま・・・変わらない。



私まで、心が慰められた。



高校進学の話も、皆が
「とりあえず、高校行け。
 悪いこと言わんから。」



理由なんて、そんな高尚な言葉が出てくる身内でもない。



そんなことがあって、今、高校進学をどうするか
最終期限が迫っている。
当然、普通の期限はとっくに終わっていて
三次募集とか、最後の最後の最終期限だ。



「な、とりあえず、どこかに行っておき。」



「好きにしたらいいやん。私、行かへんし」



「わかった、好きにさせてもらうわ」



娘の了承は、得た。
本当に、歪んだ会話だ。でも、今はそんな我が家だ。



しかし、担任に相談しても、今さら行ける普通の高校なんて無い。
成績、内申、出席日数・・・どう考えても行ける内容ではない。
担任は高校のパンフレットが入っている引出しをう〜んと唸りながら
探してくれている。



担任は探しながら言った。



「でも、お母さん、未由の仕事はどうするんですか。
 仕事を続けるのなら、行ける高校は東京しかないし、
 この機会にやめるなら・・・がんばって探してみますけど・・・。」



そうなんだよなぁ・・・。
うやむやにしている。
わかっている。



肝心なこと・・・。



やっぱり、一度ちゃんと娘と話さないと・・。



また、荒れたらやっかいだ・・なんて思って逃げている。
確認しないでこのまま流して続けさせよう・・とも思っている。



でも、アカンよな。それでは。
私は、娘の母だから。
逃げていて誰も解決してくれない。
強くならないと・・。



その晩、夕食後、娘に一緒に散歩に行くかと聞いた。
今日は機嫌がいいみたいだ。娘は行くと言った。



分厚いコートにマフラーに手袋。
娘の分も用意し、玄関で差し出した。
満点の星がきれいだ。



歩いていると段々、マフラーや手袋が暑くなってくる。



「高校、ほんまのとこ、どうする?」



「そやから勝手にしてって。」



「仕事は?」



「辞めたいってずっと言ってるやん」



「でも、ここまで仕事も頑張ってきたやん。
 アンタもここまでいい思いも辛い思いもしたやろ。
 ここでやめたらもったいなんと違う?



 高校かて、仕事つづけるならそれなりのところが
 東京に行ったらあるやん。
 堀越学園とか!アイドルみんな行ってるで!」



「東京行って、それこそ、そんな学校に行って
 私一人、そんなに仕事が無かったら嫌やん。
 売れてない芸能人が、一番辛いやて。」



「そうなんか・・。辞めたいって言うのは、
 この仕事が嫌なわけやないんや。
 御芝居することはどうなん?」



「たぶん、お芝居するのは好きなんやとおもう。
 撮影現場も楽しいし。」



「そうなんや・・それやったら、続けたらいいやん」



「お母さんにはわからへんねんて。
 芸能人っていうのは、有名なんが芸能人なんや。



 今の私は芸能人って、胸張って人に言えない。



 私は何なん、て思う。私の居場所はどこなん、て思う。」



「そっか・・・お母さんが思っていた以上に辛い思いをしてたんやな・・・。
 そこまでのことわかってあげられてなくて・・・
 ごめんな・・。」



「たぶんな・・・私、人に言いわけしてるやと思う。



 一生懸命仕事やってて、仕事無かったらカッコ悪いやん。
 でも、私は仕事なんて辞めたいねん。そやのに辞めさせてくれへんし
 イヤイヤやってるねん。
 そう言ってる方が仕事が無くってもカッコつくやん。



 それに、芸能界に入りたくて、どうしようもなくて
 必死で頑張って入った子と違うやん。私て。



 執着心とか、絶対有名になるとか、
 そんな気持ちって、私にはわからへんねん。



 自分でも、この宙ぶらりんがすごいイヤ!
 中途半端に芸能人でいることとか。
 それを周りの人はどう思っているんやろうとか。



 そやしって、自分がどうしたらいいかもわからへんねん!
 そんなんが、すごいイヤ!」




・・・・・!!




そうなんだ・・・。それが本心なんだ・・・。



この子らしいわ。



「売れるんなら続けたいし・・。
 芸能人やってて、中途半端なんが、もう、しんどいねん・・・
 ほんま、どうしたらいいのかわからへん・・・・・」




「・・・・・
 それなら、もう一回、ちゃんと東京でやってみる?
 東京でやってみて、アカンかったら、潔くきっぱり辞めよう。



 お母さんにも先のことはわからへん。
 アンタの気持ちもよく理解できるし、
 そう言って、今までやってきたことと、
 事務所があれだけ後押ししてくれてるのも事実や。



 そやしな、今、お母さんがはっきりと言えることは
 やれるところまでちゃんとやらんと
 そんなんで、中途半端なままやめるのは、後で一番後悔するで・・。



 御芝居も、撮影現場も嫌いでないのやったら、
 とことんやって、それやったらどんな結果が出ても納得できる。
 今まで、5年、アンタがそれなりに一生懸命培ってきたものも確かにあるんやしな。
 とりあえず、社長を信じて、自分を信じて、
 どうであれ、納得できるところまで辿りつこう。そこで決めよう。



 それでやめるときは、潔くな。



 それから人生やり直しても、まだまだ若い。
 



 ほな、それでいいか?
 東京の高校、明日、社長と先生に頼んできていいか?」




「お母さんに任せるわ・・」




1月の夜。
家が近づいて、自然と娘と手をつないで歩いた。
娘の手は暖かかった。



我が家が見えてきた。
私は、他に立ち並ぶ周りの家と同じように、
我が家からも煌々とした蛍光灯の光が見えることが何気に嬉しかった。



玄関の前までくると、カーテンをチラッと開けて
旦那が私たちの帰りの様子を伺うように外を覗く。



目の前にいる私たちに驚き、旦那は予想外に面白いリアクションをした。
その姿を見て、娘が久しぶりに、子供の時のままの笑顔を見せた。




その日は、私たち家族には、少しだけ暖かな夜だった。





東京の高校は、憧れの堀越ではなかった。
そんなに甘くはなかった。



でも、さすがに東京。
芸能関係の子が行けそうな学校は他にも結構あった。
そして、そんな中でも、こんな子を受け入れてくれる学校・・・。



決まったそこは、一応の校長面接と、
事務所の推薦だけで、入学を許可してくれた。




ますます、事務所に頭が上がらなくなった。










 参加しています → ""ブログ村""

ちょ…!!! 

December 13 [Thu], 2007, 14:11
タキのブログが愛しいです…!

舞台見た人は是非!是非、今すぐ行って〜〜〜〜〜!!!

タイムカプセル 

December 06 [Thu], 2007, 8:31
  昨日は体育の日でした。



 毎年、室戸スポーツ少年団の会員で体力測定をしています。











  この後、タイムカプセルの埋蔵もありました。











  10年後に開けられます。さて、みんな何を入れたのでしょうか?



 分厚い封筒の人もいました。この日の新聞や写真を入れた人もいます。











  10年後は何を入れたか覚えてないので楽しみです。



 って開封日を覚えているか怪しいですが!




にほんブログ村 四国情報お願いします



オーシャンHPよろしく!

芝楽会 

December 03 [Mon], 2007, 14:02
朝から友達の車がパンク、あわてて自分の車に乗せ変えたり、帰りはバッテリーが上がってしまたり、大変な一日だった。スコアーも93もたたくし散々!

萩生西太鼓台お別れ式 

November 28 [Wed], 2007, 12:22
34年間という歴史が終わる瞬間です。




隣町の私ではありますが、一緒に乾杯をさせていただきました。





この太鼓台へは新調当時の青年団の方が乗られ、当時の差しあがり方を目の当たりにして、感動しました。







もう見ることはないと思われる太鼓台。








『担いてなんぼの萩生西』




来年から新しい太鼓台となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iknefi1112
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年10月21日)
アイコン画像真那斗
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年10月20日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年10月13日)
アイコン画像猫男爵
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年10月09日)
アイコン画像りぃこ
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年10月03日)
アイコン画像RAOSU
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年09月26日)
アイコン画像ikumi
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年09月21日)
アイコン画像MASA
» 8歳で子供を出産した黒人女性写真 (2008年09月15日)
Yapme!一覧
読者になる