有酸素運動としてのジョギング

June 10 [Mon], 2013, 16:39
ダイエットには腸ケアが不可欠


ジョギングは、一般的にランニングよりもスピードが遅く、長時間の有酸素運動ができるため、健康に良いとされています。
ジョギングとランニングの違いを具体的に明記するならば、会話をできる状態にあるかどうかであるとされています。


「走る」と「歩く」の違いは両足が地面から同時に離れることがあるかないかにより分けられます。
走る動作の場合、両足が同時に地面から離れるので、短いジャンプを連続的に繰り返していることになります。
このため、着地時にかかとやヒザには体重の3倍から5倍の衝撃力がかかります。
体重の重い者や加齢により関節が弱っている者は、長時間走ることによって脚に障害を抱える危険性をもちます。
また走ることで心拍数が急激に増加するので、準備運動をせずに走り出すと循環器系統に過度の負担がかかる場合も多いです。
以上の理由から、近年はより体への負担が少ないウォーキングへの注目が高まっています。
なお、ある一定以上の速さで歩いた場合には走る以上にエネルギーを消費するので体への負担が少ないからといって運動量まで少ないわけではないです。


プロボクシング業界ではロードワークと呼ばれ、プロボクサーおよび同志願者にとっては日課です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ikmdki83jkp
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる