野田義治テレビ見ました
2007.10.20 [Sat] 10:52

野田義治
そして、野田義治社長から「芸能界デビュー権」を授与され、芸能界デビューへの切符も手にしています。野田といえば、小池栄子さんやMEGUMIさんなど多数の女性を芸能界に送り込んでいることで有名です。ヒップコンテストの優勝者という肩書きを. ...(続きを読む)

野田義治さん現役チョイエロ
野田義治さん相変わらず影響力あるんですね。元イエローキャブ、今サンズエンタテインメントの野田義治社長が久々メディアに登場し、美尻モデルのデビューを手がけるそうですね。野田義治さん、61才なのにいまだ現役ですね。 ...(続きを読む)

鬼塚勝也 ブログ
リタリン ロト6 関ジャニ∞ 岩崎千明 鬼塚勝也 亀田大毅 吉澤ひとみ 京セラ 近鉄 視聴率 手相 小学館 松平容保 水町レイコ 村上信五 沢尻エリカ 地震 地震速報 鉄道博物館 渡辺花穂 働きマン 脳内メーカー 麻生久美子 無料占い 野田義治 . ...(続きを読む)

日本一美しいお尻は18歳の渡辺花穂さん
渡辺さんは今月31日にドイツで開かれる世界大会への出場権のほか、芸能事務所「サンズエンタテインメント」の野田義治社長のプロデュースでヒップアイドルとして芸能界デビューする権利を獲得した。 via: ヒップコンテスト:日本一美しいお尻は18歳の ...(続きを読む)

アイドル 那覇 辻
31日にドイツで開かれる世界大会への出場権のほか、芸能事務所「サンズエンタテインメント」の野田義治社長のプロデュースでヒップアイドル ... 報知機オフ 警報鳴らず/風俗店火災 沖縄タイムス - 死傷者九人を出した那覇市辻の風俗店「アイドル」の . ...(続きを読む)


 

パパとムスメの7日間 DVD-BOXについて
2007.10.11 [Thu] 14:22

見る前の印象・・舘ひろし?新垣?入れ替わり? なんか微妙な出演者!話もありきたり!興味なし。 って感じでした正直。。 で、たまたま出掛けの準備中につけっぱなしにしてた テレビで再放送が始まったのを見てたら・・ もう、思いっきりハマってしまいましたよ(笑) ヤバ!面白い! 出掛けなきゃ、でも見たい! てな感じで、録画。その次も録画、毎晩毎晩今も再放送を楽しみに 見てます。 舘ひろし、すっごく可愛いです。 女の子に見えてくるから不思議。やっぱ、演技上手なんですねぇ。 毎日の私の癒しです。 声出して笑ってしまうことも。 最近はドラマにハマることは無かったけど 本当に久々に好きになってしまった秀逸作品でした。 もち、DVD予約済み!
 

セクシーボイスアンドロボBOXについて
2007.10.11 [Thu] 14:20

今年の4月から放送されていたドラマのDVDBOX。視聴率はあまり良くなかったけど ニコの台詞、毎回のゲストの抱える気持ち。それぞれ全てが切なかったり面白かったり とても面白く毎回楽しみにしていたドラマでした。 とりあえずDVDBOXが出るということで生涯で初めてドラマのDVDを買ってみました。 内容は勿論何回も見返しても最高です。 TVで放送されなかった幻の7話も。 あとはメイキング等のおまけの充実していて、ブックレットも付いてました。 主題歌であるみつきさんの「ひとつだけ」もとてもドラマを象徴している良い曲でした。 ドラマを見たことない人は多いと思いますが、たぶん気に入ると思うので是非1回見て欲しいです。 主題歌も是非聴いてみてください。 このドラマは役者、主題歌、内容すべてが最高です!
 

山田太郎ものがたりのお話
2007.10.11 [Thu] 14:16

原作のマンガは読まずにテレビのドラマを観ました。物語の設定のさまざまな点が、まったくもって現実離れしていて、最初のうちは「あり得ない」と思いながら観ていましたが、いつの間にか、毎週観てしまいました。「世の中、金で幸せは買えない」と言葉で言えても、実際にそのように割り切ることの出来る人はほとんどいないだろう。(私にも無理。)でも、この物語は、まさに、その言葉を描ききっている。それを受け入れられるのは、「あくまでもテレビの話」と割り切って観ているからだろう。でも、そういう虚構という壁を乗りこえて、観ている人間に何か「あたたかいもの」が伝わってくる。弟妹たちの「あんちゃん!」という呼びかけに、まったく作為がなく、きっと撮影の裏側でも二宮さんと弟妹たちは深い信頼関係を築いた上で演技に臨んでいるのだろうなあ、と思う。「太郎の家族(特に弟妹たち)に対する思いやり」、「弟妹たちの太郎に対する思いやり」がとても良いバランスで映し出されて、観ていて不自然さを感じさせない。櫻井さんの演じる御村は、一匹狼的で、どこか斜に構え、年齢のわりに冷めた高校生だが、いつの間にか太郎のペースにはまり、人と人の繋がりの大切さを実感して行くようになる。彼の、「お前に会えて本当に良かった」とかいう、エアーギター・コンテスト直前の言葉がちょっとわざとらしかったけれど(二宮さんと櫻井さんではこなしてきたドラマや映画の本数が違いすぎて、比較するのは酷か?)、でも、あれはあれで説得力があった。太郎の、「あんちゃんがアメリカに行かないのはみんなと一緒に居たいからだよ、(お前たちの)せいじゃない」という言葉、「それじゃあ、おうちに帰ってハンバーグ食べようか」と言って幼い弟妹の手を握る演技は、彼の本当の性格が現れているのではないかと思わせるほど自然だった。(お寺の境内を出るときに福引券をくれた「師匠」(柴田さん)に、子供たちが「ありがとう」と一言いってくれていたらもっと良かったが。) とにかく、家族って良いなあ、友達って良いなあ、と実感させられました。(でも、あくまでも、真剣に観るものではなく、楽しむものです。)
 

プロポーズ大作戦 DVD-BOXにいて
2007.10.11 [Thu] 14:10

健(山下智久くん)が礼(長澤まさみちゃん)の結婚披露宴で、スライド写真の中の過去にタイムスリップ、礼を取り戻そうと奔走する。毎回1枚の写真の中へ、撮影される数時間前に戻りシャッターが切られると同時に現在(披露宴)に帰ってくる、という趣向。たまにしか戻らないので、そこで頑張ってもなかなか過去全体が修正できないのがもどかしい!  はじめは新郎として座っているだけの多田先生(藤木直人さん)の人柄が徐々に明らかになる運びも心憎かった。また幹雄が健のタイムスリップに気づき、さらには過去が変わってツルとエリがカップルに!という回が鮮やかで印象的だった。だけどそうしたアイディアだけでなく、全体に丁寧な描き方がされていたのが一番の魅力では。山下くんをはじめ、キャストの皆さんの好演が光っていました。音楽、主題歌もよかったですよね。 最初は健に感情移入していたけど、多田先生の人のよさがわかるほどに、誰の視点でもほろ苦く、泣けてくるように・・・誰かが不幸になると思うとたまらなかった。礼ちゃんあなたのその言動はどうなの?とつっこみたくなることもしばしばでしたが、だんだん、こんなにいい人二人に愛されてどちらかしか選べない礼が一番可哀想に思えたりも。 藤木さんは、ちょっとずれた天然系ハンサムの役を演じたら、右に出る人がいないのでは。敵役が藤木さんでなかったら、こんなにせつないドラマにならなかったんじゃないかなあ。 ラストは・・・詳しくは触れないでおきますが、健が過去への旅を通して学んだこと、出した答えにじーんときました。
 

スシ王子! DVD-BOXについて
2007.10.11 [Thu] 14:05

もともとこの枠のドラマは見ていたんですが、堤監督という事で更に期待。 最初はどうなる事やらと思っていたのが見ていくうちにそのコネタにハマり、1話の途中から急いで録画しました。 光一さんのふと出る素っぽい感じが主人公の役にハマっていたと思います。 あの妙ちくりんでマンガチックな世界観なので、ちょっと舞台調なのも逆に良いと感じました。 子供や市川さんとの演技は特に凄く自然で好感が持てます。 個人的には山下さんと若林さんのボケがオススメ。 是非「ぷりんぷりん」、「エッフェル塔」、「いでんこ」、オマケに組長のカタカナ原稿とサイン色紙を皆様チェックして下さい笑