生きている玄米のパワーとは?

  • 2014.01.19 [Sun] 19:55
昔の人たちは、白米ではなく玄米を食していました。

昔、かご担ぎという仕事がありました。
時代劇なんかを見たことがある人はイメージしやすいと思います。

かごだけでも何十キロもあるものに人を乗せ、
一日何十キロも走ります。

ものすごいパワーが必要なのですが
その人達の食生活って知っていますか?

実は
玄米ご飯のおにぎりと、つけもの、梅干しなのだそうです。

そんな姿を見た外国からの異人さんが
「ならばお肉を食べさせればもっとパワーが出るでしょう!!」

と、カゴ担ぎの人たちに、お肉を食べさせたそうです。

そうしましたところ。


スタミナが続かず、カゴ担ぎが動けなくなってしまったそうです。

そうなんです。じつは、玄米にはそれほどの栄養素が含まれているんですね。

現在ではいつの間にか白米を食するのが主流になってしまっていますが
栄養的には玄米のほうがはるかに優れています。

私のうちでも、玄米食を始めたのですが
確実に、風邪をひかなくなったし、無理をしても調子を崩すことがなくなりました。
玄米食おすすです。

そのなかでも「生きている玄米」はさらにおすすめできます。
なぜ、オススメできるかは、こちらのページをごらんいただければ
ご理解できると思います。