パラノイア〜銀の少年が見たもの〜 

December 05 [Tue], 2006, 18:21
飲み干した苦い鎖 縛られ続けたあの日
幼すぎた少年の 背に這う深い傷
眠ることも忘れかけ 逃げる術も失くしかけ
無邪気な笑顔はやがて 闇に閉ざされた

したたる生臭い血に 彼は悦びを覚え
快楽を避けた少年に 優しく口付ける
「もうすぐ楽になれるから 君の望む永遠へ
可愛い声で啼いておくれ 抱いてあげるから」

愛しくて 壊したくて
愛したくて 抱きしめたくて
守りたくて 大切にしたくて
彼は少年に愛(アメ)を降らす


許されぬ毒に溺れ やがて共に陥った
明けぬ夜を恐れた風 空に吹き乱れる
美しい銀の髪に 淡く深い真紅の瞳(メ)
瞬きさえ恋しいのは 優しすぎる少年だけ

彼の頬に手を当てて ひとつただ頷いては
大粒の赤い涙を 辿らせてみたから
自らを彼に授け 少年は目を閉じたの
「愛されたい」と呟く 彼に跨っては

愛しいよ 共に果てたい
愛したいよ 骨の奥まで
奏でたい 濡れすぎた果実に
そっと最期の祝福を

愛しくて 壊したくて
愛したくて 抱きしめたくて
守りたくて 大切にしたくて
彼は少年に毒(アイ)を降らす…
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:宝 こそ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1991年12月15日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
Yapme!一覧
読者になる