出産後の痔の悩み・薬を使わずに便を柔らかくする方法

October 12 [Mon], 2015, 17:41





出産時のいきみによって、切れ痔や、いぼ痔になってしまった
というママは非常に多いです。

痔になると、トイレがものすごく憂鬱になりませんか?

排便時の痛みや、切れて血が出るというような
痔の症状は辛いものです。

柔らかいウンチが出ます様に・・・と願ってみたり。


出産後、母乳で赤ちゃんを育児されているママは、
水分を母乳にとられるので便が硬くなる人も多いです。


思いっきりいきまないと、便が硬くて出なかったり痔が痛くて
いきむのが怖くなり、排便を我慢してしまう人も。


硬い便や便秘は、産後の痔を悪化
させてしまう原因になるので
改善したいですよね。


授乳中のママは、母乳をあげているので、できるだけ
薬は飲みたくないですよね。


いきまずにスッキリ、便を柔らかくして、母乳の栄養も増える、
ママにとってもオススメの食材があるんです。


それは、ごぼうです。


ごぼうには食物繊維がたっぷり入っています。


食物繊維には不溶性食物繊維と、水溶性食物繊維
2種類があります。


不溶性食物繊維はイモ類などに含まれる食物繊維で、
便のかさましをし、腸のぜん動運動を促す働きがあります。

水溶性食物繊維は昆布やワカメなどに含まれており、
水分を吸い込んで便を柔らかく、腸の中の毒素なども吸着する働きがあります。


不溶性食物繊維だけでは、便が硬くなりがちなのですが、
ごぼうには、イヌリンという水溶性食物繊維も入っているので、
便を柔らかく、そしてスムーズに排便できるように促します。


便が柔らかくなると、排便時の痛みも軽減されますよね。


しかも、ごぼうにはママにとっても嬉しい栄養も含まれているのです。


ごぼうにはサポニンという栄養が入っており、
血液をサラサラにする働きがあるので
母乳がサラサラになるので乳腺炎などの予防にもなるのです。


さらに、母乳に栄養をあたえて、美味しい母乳にする効果も!


産後のママにはいい事ばかりのごぼうは、ぜひ毎日取り入れたい食材ですね。


でも毎日食卓にごぼうのおかずを取り入れるのは難しい、という人には、明日のごぼうはオススメです。

毎日、ごぼうまるごと1本を手軽に摂ることができます

▽明日のごぼうを詳しく知りたい人はこちら▽