今のいきがいである恋。それは、年の差の恋。 

2005年08月29日(月) 15時30分
14歳年上の彼に、恋をしました。
親には言えないと思い、結婚することは考えず、
何も考えず、ただ楽しい・幸せという気持ちに素直に、
付き合っていました。
彼から結婚の話が出たとき、別れようと思いました。
何度も・・・。
でも、苦しくて、悲しくて、別れられませんでした。
この人が好きだと思いました。一緒にいたいと。

思い切って母に打ち明けると、年齢なんて関係ないとあっさり認めてくれました。
母の言葉としては、とても意外でした。
いままでの母との関係がかわったような気がしました。
凄く嬉しかったです。
父と母と私と彼で、会いました。食事したり、ボーリングしたり。
その時、父は普通に受けいれてくれたんだと思いました。
私は彼と、受け容れてくれたという安心感に包まれながら、
とても幸せな日々を過ごしていました。結婚を前提にお付き合いが進みはじめました。

しかし、最近になって、父がかなり反対しているという事が、
母を通して、わかったのです。
やはり理由は、年の差の恋。将来何年も独りになるという事を心配してのことです。
でも、この人とならきっと幸せになれると思っています。
深く、しっかりとした愛が、築かれているんです。今更になって言われても・・・。
どうしようもないところまで関係が築かれてから言われても、本当に苦しいです。
私の事を考えて言っているのだろうと思いますが、
言われた私の苦しみまで考えているんでしょうか。

つらくて、たまりません。

生きがい 

2005年08月28日(日) 22時37分
生きる意味が、わからなかった。・・・今でも、分からない。
どうして生きなければいけないのか、どうして死んではいけないのか。
苦しくて、寂しくて、・・・死の衝動にかられながら生きてきたことを、
親は知らない。
必死に探し続け、やっと見つけた、わたしの夢、わたしの恋。
その幸せを・・・私の「生」を支えている生きがいを・・・、
親は、自分達の価値観によって、反対し、拒否し、私から奪おうとする。


私は、「人が生きていく上で一番たいせつなもの」っていうのは、
生きる目的・・「生きがい」だと思う。
人から生きがいを奪うことは、人を殺すことと同じくらい、罪なことだと思う。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iki-gai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる