三国と小室さん

April 25 [Mon], 2016, 18:04
【ネーミング】富川佑香
【性別】奥さん
【年令】31年代
【ビジネス】衣類サロンの売り込み員
【住んでいた会社】北海道の旭川市


臨時の出来心か必死か・・・旦那の手出しが分かった時の自分の気持ちは

手出しをされると、つらい?神経?その瞬間のき抱え

1.手出しが分かった時の空気

 亭主とは学生時代に知り合い、社会人になってからも付き合っていましたが、大人3層目にして旦那が他県へ変遷することになり、いつ帰るのかもわからない、無年月日の長距離恋愛をスタートさせることになりました。

もともと出身にいるときは、連絡もこまめに亭主の側からくれて、我々が居なくても私の家に寄り、所帯と仲良くしてくれているファッションを見ていたので、ぼんやりとですが、亭主の出社で給料が安定したらウェディングをすることもあるのかな、と思い描いていました。

そこにきての亭主の遠方への変遷。

航空機を使わないと会いに行けない移動だったことから、上手くやっていけるのか当惑が全くなかったわけではないですが、なんとか頑張れるだろうと自分に言い聞かせていました。


 実際に亭主が変遷をしてから2か月、今までと変わりなく亭主はこまめに連絡をくれていましたが、何かを境に、メルアドの文面が楽しいことに気付きました。

明らかに短くなった中身、休暇の出掛け先の材料は出してこない、そうして電話をしてても新しい職場の物語に終始して、プライベートな部分は極力避けているような趣きでした。

何かあったのかな、と心配になり、近日中に亭主に休みを取って会いに行くことを告げて、亭主の転勤先ほどを訪れてみました。

我々は仕事柄、ウィークデーしか休みが取れないので、日中は亭主のわが家でひとりで亭主の帰りを待ち受けながら過ごしていました。

そのとき、ふと見た窓際に見つけてしまったのです。

それはキャバクラなどの奥さんの名刺数枚でした。

夫だからそういうおサロンに行っても仕方がない・・・、出社の社交かもしれないし。

しかし、一門見つけてしまうと、なぜループして見つけてしまうのか…。

本棚の一番下に手提げがあり、そのお隣にピンク色の封筒に入ったお便りが埋まるように刺さっていたのです。

ドクンドクンと心臓が鳴り響きながら、意を決してそのお便りを開いてみました。

構成は、前文見たキャバクラの名刺の女房と同じネーミングの差出人で、亭主への贈り物の謝意(お隣にあった手提げはその謝意の売り物でした)と亭主と過ごした夜の反作用が書いてありました。

(もちろん体の誘因が何度もあったようです)それを見たときは、神経でも、ショックでもなく・・・ただ、心臓が鳴り響く響と茫然とした心構え・・・、もはや何もパワーはなかったように思います。



2.先、亭主と話し合いをすることになりましたが。

 手出しが発覚した日は、幸せも良いのか悪いのか、亭主は残業で帰りが日付をまたぐところでした、それまでに一人で感じ取る時間は山ほどあったはずなのに、まるで時間は走るかのように流れました。

ただ、最初は何もパワーが沸き上がってこなかった私も、次第に神経と悲しみが交じり合って涙がぼろぼろと出てきました。

亭主が帰宅する頃には何とか涙は止めましたが、私の顔つきを見て旦那が何も思わない筈が無く、何があった?と尋ねてきました。

正直に言うか非常に悩みましたが、もはや気付いたことを隠せる意図もなかったので、色々と見て知ってしまったことを亭主に告げました。

亭主は深いため息をついた以後、スミマセンと一言つまずき、主人とはレジャーなのか本気なのかは自分でも分からない、と我々に言い、沈黙が流れました。

我々はすでに涙し疲れていたので、品評を漁ることも、叱ることもできず、あした改めて打ち合せたいと告げて、その日は互い寝ることにしました。


当然、寝付ける意図も無く、亭主の側を見ると色々な情熱がめぐりました。

そして、翌日、示談のロケーションは公約町設けたものの、疲れ切った気持ちは変わらなかったので、我々はアイシング間を食するためにも出身に戻ることにし、亭主からの連絡も以前より高まることはありませんでした。

そのことで、なんだか、亭主の我々に対する思いを知ってしまったような、亭主と主人との誘因がどうなろうがどうなっても良くなった気がし、結局はこちらから離別を切り出して幕を打ちました。

毎日が問い合わせの中で生活することに嫌悪がさしていたのだと思います。


3.亭主と別れて現下

今は、別の人とお社交をしていますが、あの場面泣いてでも亭主ととことん話し合って引き留めていたら何かが変わっていたのかな、と思うことはあります。


ただ、一度手出しをされると、もう気持ちの良い、以前のような誘因を築くことはかなりしんどいものです。

そう思えば、元来、亭主とお離別して良かったのではないか、そう感じています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:澪
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ikhlllfewoime7/index1_0.rdf