狩野芳涯と悲母観音像

May 19 [Sun], 2013, 18:35


神様や仏様の霊験談を読むのが好きで、観音様の縁日の昨日から「観音の霊験(中根環堂著)」を紐解いておりました。

明治以降の話が多く、時代的には比較的新しいので、具体性に富んでいて大変面白いです。

その中で、「狩野芳涯と悲母観音像」の話をちょっとご紹介しましょう。



狩野芳涯の代表作である悲母観音像。教科書にも載っている大変有名な絵で、強烈なインパクトがあります。

現在、この絵は東京藝術大学大学美術館に収蔵されていますが、製作が着手されたのは明治17年。東京藝術大学の前身の東京美術学校、そのさらに前身の図画取調所内だそうです。

当時の芳涯は非常に貧困で、下絵の紙さえ不自由し、一枚の紙の裏表を使って研究するほどでした。

また、金の砂粉が風に飛ぶからということで、特に紙帳をはってその中に閉じこもり、寝食を忘れて、一心に観音菩薩の御名を称えながら、ひたすら製作に従事しました。

身も魂もすべて観音に打ち込んでいるさまは、芳涯が観音を描くのか、観音が観音を描くのかわからないほどの三昧の境地であったそうです。

そうした芳涯の燃ゆるが如き情熱と不動の信仰心と芸術に対する不惜身命の精進により、あらゆる困苦と障碍とに打ち克って、3年の歳月と三十数枚の下絵を経て、悲母観音像は完成したのです。

しかし、完成の4日後に芳涯は亡くなりました。まるでその使命を果たしたかのように。過度の運動不足と絵具中毒により健康を害したとも言われています。

この畢生の名作悲母観音像を讃えて、岡倉天心は芳涯をミケランジェロに伍すると評しています。

その後、明治・大正の仏教学者であった吉田修夫という人は、元々純粋なクリスチャンでありましたが、芳涯が描いた悲母観音像を見て非常に感に打たれ、観音信仰に改宗したそうです。まさに観音の霊験。

一度本物の現物を拝観したいものです。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

>ひさたんさん

素晴らしい体験の数々、いいですねえ。機会があれば、倉敷の美観地区にある大原美術館にもお越し下さい。エル・グレコの名画「受胎告知」が、きっと語りかけてくれると思います。

by イーサン居士 May 21 [Tue], 2013, 0:01

こんにちは。昔、藝術大学美術館の立ち上げに関わるプロジェクトに参加してました。収蔵庫にも何度も入りましたが、素晴らしい画家の原画をカンバスの近くで観た記憶が忘れられません。狩野芳崖の悲母観音様は、ある展覧会で観た記憶があります、仕事絡みの。肉筆画は語りかけてきますので、サイキッカーは神仏画はたまりません笑。後、役行者展の展示で今はなき東武美術館での秘仏役行者像の設置など、今思えばレア体験がド満載でした。感謝しております。

by ひさたん May 20 [Mon], 2013, 22:24
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム: 豪
  • 性別:男性
  • 職業:その他
  • 趣味:
読者になる
インテレクチュアル(主に文学)とスピリチュアル(主にヒーリング、易占)を通じて、世の中のために貢献したいと考えています。
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
aoi
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月24日)
SORA
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月24日)
マノン
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月23日)
波乗人
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月22日)
ともつぐ
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月22日)
sachiko
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月22日)
佐野由美子
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月22日)
まつ
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月22日)
Yukaぴょん
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月22日)
一休
» 天叢雲剣ヒーリング<一斉無料遠隔> (2017年05月22日)
ヤプミー!一覧
読者になる