安達久美の藤谷

February 14 [Sun], 2016, 19:26
中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法という法律の定めるところにより、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。さらに、取引の安全を守る意味でも、お店にもそれぞれの決まりがあり、20歳未満は少なくとも一人では買取を利用できません。そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者が署名捺印した同意書が必要な場合がほとんどでしょう。金の買取を利用する際には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も必ず身分証の提示が必要です。買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで確認に変えるのが一般的です。金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を粘り強く探してみるといいでしょう。少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくことも必須であるといえます。一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では手数料や「目減り」などを取る店もあります。金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。手数料を設けている店に買取を依頼すると、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、本当に自分が受け取れる額は少なくなります。上手いこと騙されてるような気がしますね。特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、事前にこのあたりを確認しておきましょう。残念ながら金買取には悪質なケースもあります。業者が家を訪れ、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増えているようで、法規制も行われています。お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、こちらが申し出に応じなければ、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。後から売却をキャンセルされまいと、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。未だ記憶に新しいリーマンショック。それからここ数年で、やや遅めのペースながら、市場における金の買取価格が上がりつつあります。また世界の金融を巡る動きとしては最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。こうした事態もまた、買取市場における金の価格が上昇する要因となったと推測されます。金製品を売却したいと思っても、どこのお店に持ち込めばいいのか慣れていないと悩む人が多いみたいですね。いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、誰だって考えることですよね。では、どんな基準で選べばいいのか。ポイントは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。ここで評価が高い店であれば、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるということです。これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。貴金属買取を扱うお店では、本当に多くの種類のアイテムの買取を受け付けてくれます。金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などだって値段をつけてもらえるのです。少し前に、祖母の逝去に伴って、金の指輪を遺産として相続しましたが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。今まで金の買取は利用した経験がなく、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、気持ちよく買取手続を終えることができました。金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、思い切って利用してみてよかったです。バブルの崩壊以降、現在にかけて、金の買取サービスを利用する人は増えており、市場の拡大に合わせて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。中には全国に展開しているようなところもあります。そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金を専門店に売却しても税金はかかりません。もちろん、買取業者の方では、動いているお金が個人とは段違いですので、その利益に応じて多額の税金を納めていることと思います。しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べることで不安を払拭しておきましょう。最近はやりの金買取。色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込む形式が普通ですね。鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、適切な価格で買い取ってくれるので、初めての人でも安心して利用できます。どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれる店舗も多いですので、満足いくような価格で売却できます。安心して利用できますね。金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを厳しくチェックしてください。ネットのレビューで評価が低い店などはトラブルに遭う前に避けて通ることです。買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、事前に入念に確認することが大事です。金買取を利用してみたいと思っても、買取ショップが近所にない方は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。しばらくして、買取額を通知するメールなどが届きますから、金額に同意の返事をしたら、振込でお金が支払われます。簡単ですね。金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。とはいえ、初めてのことで、どこに売ったものか迷い、試しにネットで検索してみたのです。そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、思い立ってすぐさま買取店に走るのは正直、正解とは言えないのです。皆さんが思っている以上に、貴金属は買取時の値段が上下しやすいという性質があるからです。そうした事情があるので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、最適のタイミングで買取を依頼することが重要です。十年以上にわたって使用していないプラチナや金製の指輪などの装飾品は案外多いのではないでしょうか。そうした品物をお持ちの方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことを考えてみてはどうでしょう。金・プラチナの高額買取をウリにした店も最近は増えてきましたので、高値が付くかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。今は1グラム5000円くらいですね。純金でなければ当然それより安い額になります。これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。ですから、現実の買取では、それだけで200万円を超えるような量というと600グラム弱です。ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。今では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始める事例が現在では多くなっています。専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。不要になった貴金属の売却を考えているなら、買取価格などを調べてみてもいいと思います。一昔前と違い、今は実に多くのお店が金の買取をしていますから、複数のお店の情報を見比べてみましょう。金は相場変動によって買取額が変わってくるため、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、他と比較検討しないままお店を決めたら、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。貴金属の買取を扱う店舗では、未成年への利用規制があるのが当たり前です。よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるケースが大半だと思われます。とはいえ、例外的に、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。この場合でも、18歳を超えていたとしても、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。要らなくなった金のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。ニセモノの金でなければ、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金というのが一定の目安になります。金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度によりその金製品の買取価格も違ってくるということになります。少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、金買取の話はこれまでになかったので、続きを聞いてみたくなりました。そうすると、貴金属製品でもう要らない商品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、簡単に見分けられます。この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。金の相場が上がっている近頃は、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の広告や看板が街に溢れています。パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。どうせ不要の品物を売るのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。相場よりも高い金額で金を買い取るなどと言うからお店に行ってみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で無理やり売却させられてしまったなどの経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、よく見極めたうえで利用しないといけません。黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、何年も使っていない貴金属製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。貴金属を持て余している方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、買取となればそれより若干安くはなるものの、だとしても十分、思った以上の値段には十分なることと思います。指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、十年以上前に買ったものでも、年齢に似合わなくなってしまったりして処分を検討している人もいるでしょう。自宅にそうした商品を眠らせている方は、お近くの金買取店で売却することもできます。しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。メッキ加工の偽物の場合もあります。鑑定士にそのように言われたら、泣き寝入りするしかないですね。若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった金製の指輪やネックレス、イヤリングなどというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。貴金属を買取してくれる店を探して、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、一番高く売れるのはどこか、比べてみるのをおすすめします。また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shota
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ikcabtiedubltg/index1_0.rdf