今日までありがとう

July 01 [Fri], 2016, 7:16
30代女性にとって必要な年齢スキンケアというのは、洗顔からスタートして正しいステップと間違っていない方法で綺麗な美肌づくりをしていかないともれなく意味がないことがあります。
はじめに洗顔ですが、推奨のどろあわわというクレンジングフォームなのですが、はじめに手をピカピカに洗ってから、手のひらに泡が細かくなるまで混ぜ、ぷるんとした泡を生み出します。
どろあわわは無添加で赤ちゃんにも使えるくらいなので、そのプルプル泡でTゾーンから鼻にかけて泡に包まれるように洗っていき、泡だけで顔を包み手は触れない気持ちで泡が顔にまんべんなく浸透すれば、泡が毛穴まで入っていき汚れや皮脂をしっかり浮き出して洗い流せます。
そのあとは洗顔料を顔に残さないように、34度前後のほんのりあったかい水で生え際やフェイスラインまでしっかり洗い流して、肌触りの優しいタオルでパンパンと押し付けないように水滴を染み込ませます。
その次に潤いたっぷりの状態のまま2分以内に化粧水をしてください。それを守るとギュッと浸透して地肌の乾燥を阻止できます。気になる化粧水は白漢しろ彩です。
化粧水はびしょびしょにかけるのがいいと世間では言われていますが、容器に書いている100円?500円玉くらいの量を3回ほどに分けて肌に塗りこむのがいいと思います。手が頬から離れないような感じになれば大丈夫です。
化粧水は必須でつけないといけないわけではなく、クレンジング後すぐに美容保湿クリームなどで水分を肌に閉じ込めて水分を逃さなければ十分ですが、敏感肌の場合は化粧水を浸透させてからのほうがいいでしょう。
30代女性の美肌スキンケアに欠かせないのが美容液や美容クリームです。こういったものは有効成分が濃縮されている高級な化粧品で美容成分が表皮の奥の角質層まで届けてくれる力があります。
高保湿美容液クリームは必須ではないですが、潤いも逃さないし、シミやくすみに効力がたかいので、若くても予防の意味で使うのもいいでしょう。年齢や肌の状態によって種類のある美容クリームですが、ミネラルのしずくのような万能タイプがいいですよ。
必要な人は30代女性が悩みやすいシミやくすみ、そばかすなどは、ソフテックライトのようなシミ専用コスメなどがおすすめです。洗顔の後にシミがある箇所につけるのですが、肌に刺激を感じる場合もあるので、十分テストをしてやりましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:隼人
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ikc5douaeocrcl/index1_0.rdf