人見でフェイ

May 11 [Wed], 2016, 19:22
乳酸菌と言っても考えられるのはカルピスですよね。幼いころから、毎日飲用していました。

どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。


お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。
ですので、私は便秘になった事がありません。もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで大変健康になりました。乳酸菌を必要以上に多く摂取しても特に副作用を心配する必要はありません。ところが、立とえ身体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで多く摂りすぎると、カロリーのオーバーすることはありますよね。消化し吸収できる量には限界があるので、常識の範囲内を心がけておくと大丈夫でしょう。



昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、へそから左右に指2本分くらい離れ立ところに存在する天枢(てんすう)です。



また、おへその下5cm程度のところにある腹結(ふっけつ)というツボも効くといわれています。手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。



便秘のパターンによっても、効果があるツボが違うので、自身に適したツボを押すと改善に効果的でしょう。

花粉症となってしまって以来、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。一昨年から花粉症を発症してしまって、延々とくしゃみや鼻水が止まらなくなりました。でも薬を利用するのは気が引けたので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを飲んでみました。現在のところ、花粉症を抑えられています。
夜中に高熱になって、40℃を超えるほど上がって調子が悪かったので、翌日通院しました。結果、インフルエンザの検査が受けられますよと尋ねられました。
私も、残念ながら、インフルエンザだったら、適したお薬を接種できるので、確認したいと念じました。便秘に苦しんでいたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。効果があった対策は、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。この方法で、長年の便秘を改善し立という話を知ってから、、私も早速ヨーグルトをたくさん買って毎日食べてみたのです。



この対策を実施しているうちに、お通じが改善されてきて、便秘で悩むこともなくなりました。
乳酸菌が身体や腸のために良いというのはみなさん知っています。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃で死滅して効果が発揮できないのではという予想の人もいます。実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、身体の健康づくりに大変役立つのです。
お腹の環境を正しく整えると肌が美しくなると聞いて、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌をふくむ食品のようです。「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。心なしかちょっと恥ずかしい思いです。
このごろ、乳酸菌がアトピーの皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。



また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)炎によいことが判明してきました。実はアトピーの原因はいろいろありますが、感じるストレスや乱れた食生活によって起因されることもあります多数のアトピー患者は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌をとることでお腹の環境を整えることがアトピー克服への第一歩となるでしょう。
以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が試してみると、多くの量を食べないと、効果があまり感じられません。1日に1パック位食べて、ようやく便通があるという感じです。



ヨーグルトが大好きな人はいいですが、嫌な人もジャムで味を変えたりしてなるべく食べるようにするといいかも知れません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひまり
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ikase7hsetskr4/index1_0.rdf