二種電気工事士資格取得の道のり その十 

2008年07月12日(土) 13時06分
何の知識も経験も無く、しかも商業高校卒の中年が挑む、
第二種電気工事士資格取得の道のり

技能試験当日
平成19年度の実技試験当日、札幌の会場は好天ら恵まれた。ただ、北海道の場合、たいていエアコンが付いていないので、場合によっては蒸し風呂状態となる可能性がある。
ここ、あいの里の北海道教育大学札幌校会場もエアコンなど無い。
この日は運良く、涼しげな風が吹いていたので、暑がりでない私には苦にはならない程度だった。
10:25集合11:00開始となっていたが、自宅から会場まではかなり遠いので、余裕を見て出かけた。現地には10:00前には到着。既にかなりの受験者が来ている。
正面入り口で受験番号を確認。するとなかなか見当たらない。少し焦るもののよく見ると、一番最後に書かれているではないか、こんなこともあるのかと目的の教室に入る。
ここでも運の良いことに、一般の教室ではなく視聴覚室みたいな所なのだろうか、長机に二人掛けとなっていた。つまり一般の学生机よりスペースが広く取れるのだ。こんなことでも少し気持ちに余裕が出たりするものだ。
机の上には「受験生のみなさまへ」というプリントと交付申請の仕方を書いたプリントが置かれていた。既に合格前提である。

そんなプリントはどかし、工具を徐に並べる。周りを見ると年季の入った工具を使う人が多い。電工の見習いさんなのだろうか。
若い女性も一人いた。同級生なのか隣の若い男の子とキャッキャと話し込んでいる。
年齢層もバラバラ、私よりも年上だろう五十代位の人も何人もいる。
自分はここで、ネットで得た技を使った。たまたまメタボ検診用にスポーツジムが街頭で配っていた紙のメジャーを20cm分セロテープで机に貼付けた。いちいち定規を当てるよりは早いとの判断である。まぁ、気休めではあるが。あと、タオルは有った方が良いと思う。汗かきの人は勿論、そうでない人も意外と手のひらに汗をかいたりするからだ。握るだけで落ち着いたりもする。
10:30頃から諸注意などがあり、問題やら材料やら配られる。
開始までしばし時間がある。静寂の時である。やがて「始め」の号令が鳴り、ガサガサと材料を開く音が部屋中に起こる。
出題された配線図は予想と違い、自分としては簡単と考えた問題だった。しかし、複雑な配線図が出題されると思い、この配線図での練習はあまりしなかったのだ。
ここは焦る気持ちを落ち着かせ、冷静になれば出来る問題と思い、慎重に取り組む。
やはり練習とは違い、少し手間取る。見直しも含めて35分もかかる。練習では組み立て20分見直し5分を目指していたが、本番は思う様には行かないものだ。
40分の制限時間の経つのは早い。あっというまに終了の号令があった。
全員着席のまま一通り見て回られ、順番に退室となる。
その間、周りの受験者の出来栄は充分に観察できる。
なんと、私の周りは全員と言っていい程配線の仕方が違うではないか。これには焦る。しかし、どう見ても自分の配線に狂いは無い。線がくねり、かなり見栄えの悪い人もいる。遠くに位置する左前の若い集団の人達は繋いだ部分を富士山の様にそそり立たせている。そこまでしなくてもと思いつつも、あれが良いのかとも思う。
いろいろな思いが湧き出てくるので、周りは見ない方が良いかも知れない。
今回の合格発表は、8月31日。自信はある。

二種電気工事士資格取得の道のり その八 

2008年06月01日(日) 1時40分
何の知識も経験も無く、しかも商業高校卒の中年が挑む、
第二種電気工事士資格取得の道のり

筆記試験結果通知書届く
七月に入ると間もなく、電気技術者試験センターより筆記試験結果通知書が届いた。
御陰様で無事合格。やはり嬉しい。
勿論、この間も技能試験に向けて、せっせと練習を積み重ねてはいたが、技能試験受験票と対になっている合格通知を目の前にし、気持ちも引き締まるというものだ。
平成19年度の技能試験は7月22日。通知が届いてから二十日足らずだ。当然素人の自分にとっては充分な時間ではない。ここからの追い込みが勝負となる。


貧乏人なりの技能試験対策
仕事に困って資格試験を受けるのだから、勿論余裕資金など無い。
練習すればするほどケーブルが無くなって行くのは仕方の無いことだが、ここは一工夫。
エコケーブルとVVR、それにVVF2.0は購入時の最小単位分だけ購入し、外装の剥ぎ取りの感覚だけを覚える。配線の練習ではVVF1.6で代用する。IV線などは練習し終わったVVF1.6の外装を剥ぎ取ればなんとか使える。
練習では、配線の長さを初め長めに切って施行する。次には一度利用したケーブルの剥き出し部分をペンチで切断し再利用する。これで三、四回は同じケーブルで練習できた。
何時も配線図を観て、ケーブルの長さ必ず量り指示書通りに切ると意識していれば、練習で違った長さのケーブルを使っていても問題は無いだろう。実際本番でも、ケーブルの長さに対しては許容範囲が広いので、あまり神経質になる必要は無いと思う。
自分の場合、セット購入した物に追加した分は、VVF1.6を合計7m、リングスリープ一箱、といったところだろうか。
当然、お金に余裕の有る人は、どんどん買ってどんどん練習した方が良い。現にネットの書き込みでは、VVF線を100m買い練習したという人の記事も載っていた。

二種電気工事士資格取得の道のり その七の続き 

2008年05月18日(日) 0時50分
何の知識も経験も無く、しかも商業高校卒の中年が挑む、
第二種電気工事士資格取得の道のり

これが問題だの続き


はじめから苦戦
一問目から計算問題が来ると分かっていたが、やはり目の当たりにすると焦るものだ。
自分にとって難問が続くが、ここでは時間をかけずにさっと流す。
10問目から解釈問題になったので、ここから確実に解いて行く事にした。
何となく手応えを得ながら、31問目からの配線図問題に入る。時間はまだ30分も使っていない。
記憶を呼び戻しながら配線図と格闘するも、過去問よりは難しいと感じた。
計算問題を除き、見直しを含めても50分程度しか使っていない。ここで少し余裕が出て来た。
後は残り時間を使って、計算問題を確実に解いて行く事とする。
最初にある程度問題を解いてはいたが、今一度じっくりと問題に向き合い、あらゆる可能性を探る。と言っても、三割は捨て問とせざる終えないような状況で、ほとんど勘状態である。
しかし、他の問題で取りこぼしは少ないと実感したため、元々計算問題は有る程度解けない問題も有ろうと想定していたので、それほど心配は無い。手応えは有る。

80分で退室
一時間が過ぎ、退室が許可されるとかなりの人数が試験室を後にした。
そんな周りの様子は無視して、自分のペースを守ることに専念。だいたい最後の見直しで一問程度ボンミスを見つける事が出来たりするからだ。
最後の通しチェックを終え自分も退室。時間は80分ほど経過していた。その時試験室には、三割程度の受験生が残っている程度だった。

答え合わせ
便利なもので、帰宅する頃にはもうネット上には模範解答が出ている。電気工事士サイトのオーナーさんや専門学校や工業高校の先生方が回答しているものが多いようだ。
自分の場合は、緊張からの疲れと終了した安堵感から、当日は何も手につかず、翌日模範解答を元に答え合わせをしてみた。
計算問題で4問、解釈問題で3問、配線図で4問の間違いがあった。結果39点。合格ラインはクリアーしているが、42点はとれていると思っていたので少しショックだった。配線図で器具の記号と写真を合わせる記憶問題を2問も間違えていたのにはまいった。
取り敢えず、合格ラインをクリアーしたので、後は答案用紙への書き間違えさえ無ければ合格のはずだ。マークシート方式なので、単純過ぎてちゃんとマークしたか心配になったりする。小心者なので、合格通知が来るまでは心の底から安心は出来ない。

二種電気工事士資格取得の道のり その七 

2008年05月18日(日) 0時35分
何の知識も経験も無く、しかも商業高校卒の中年が挑む、
第二種電気工事士資格取得の道のり

これが問題だ

二種電気工事士資格取得の道のり その六 

2008年05月15日(木) 22時46分
何の知識も経験も無く、しかも商業高校卒の中年が挑む、
第二種電気工事士資格取得の道のり

筆記試験受験票届く
五月二十日に受験票が届いた。平成19年度の試験日は6月3日である。
自分の試験会場は、白石区の北海道情報専門学校になっていた。行った事が無い場所で、多少不安である。

筆記試験当日
晴天で清々しい朝、おかげで気分は良い。
12時45分までに集合と書かれていたので、軽い朝食兼昼食をとり12時過ぎ頃に現地に到着するように家を出た。
最寄りの菊水駅に着き、近くのコンビニにて、少しでも頭の回転を良くしようと、縁起担ぎ半分で甘い物を買い、脳細胞に糖分の吸収を図る。
なにしろ、若い頃から苦手の計算問題が十数問出題されているので、気休めでも何でも試したくなるものだ。
当日は日曜とあって、この界隈は閑散としていたが、試験会場の北海道情報専門学校の周りだけは人だかりが出来ていた。そのため遠くからでもここが会場である事は直ぐに分かった。
12時20分に受付を済ませて入室。やけに階段廊下が狭いのが印象的だ。六割方の席が埋まっていたせいか、教室も狭く感じた。
受験者も、学生さんから年配者と多様。ただ女性はこの教室にはいなかったようだ。
12時45分から試験の説明が有り、問題が配られた。そして13時になるとともに試験がスタートした。

二種電気工事士資格取得の道のり その五 

2008年03月10日(月) 19時39分
何の知識も経験も無く、しかも商業高校卒の中年が挑む、
第二種電気工事士資格取得の道のり

眼科へ行く
三月いっぱいで、夜勤のアルバイトが終わった。
この夜勤には仮眠時間が有り、それを利用し電気工事士の勉強をしていたのだが、馴れない仕事と不規則で少ない睡眠がたたり、ここに来て眼性疲労が爆発。歳には勝てないという事か。
勤務中も、目の奥が時折痛く感じてはいたが、仕事の契約期間が終わり、次の仕事のあても無いままぶらぶらしていたにも関わらず、目の奥の痛みが増してきた。
よからぬ病気にでもなってやしないかと眼科を訪れた。
すると「タクシーの運転手にこの症状を訴える方がいますね」とのこと。
夜勤時に目を使いすぎたためだ。四十半ばまで眼鏡のお世話になった事が無い理由として、今まで目が疲れるほど勉強しなかったからだとあらためて実感した。

筆記試験間近
目が痛いので、勉強時間は激減。
それでもこの時期になると復習のみで、こんつめて取り組むような事柄は無くなっていた。
計算問題にしても今までこれだけやってきていると、解けそうも無い問題が一目で分かるようになっていた。というか、苦手な問題には敢えて取り組まなくなっていた。
これは怠けていただけではなく、何度も本番形式の問題を解いていると、自信の有るところでの取りこぼしさえ防げれば、合格点は確保できることが分かったからだ。
ここまで来ると心配は実技試験。
ネットで書かれている諸先輩達のアドバイスでも、「実技の練習は早くやれ」となっている。
筆記試験勉強と平行に、実技試験勉強も本格的に始める事にする。

いろいろ有る教本の中、悩んだ末これに決めた。理由は何となくだが解説が分かりやすく見やすかったからだ。

寸法の採り方や工具の使い方に付いても説明が有り分かりやすい。ただ、ネット上には色々な裏技的な情報も載っているので、ぜひ活用したい。それらを参考にし工夫しているうちに自分に合った方法が見つかると思う。

驚く事に、教本によって答えとなる配線の方法が微妙に違うのだ。まったくの素人である自分はあまりのことに面食らってしまった。
実は、配線方法には幾通りか有り、ルールに沿って電気的に間違いが無ければどれも正解なのだ。このことが理解できるまで、二週間は要した。

第10回 小樽雪あかりの路 2008年 

2008年02月22日(金) 17時26分
第10回 小樽雪あかりの路 2008年







時折雪が降る天候での撮影。夜景とも相まって、スローシャッターを駆使し、雪の影響を少なくしています。

※無断転写、無断使用はご遠慮願います。
 商業ベースでの使用とコンテストへの応募をしておりますので、無断使用を発見した場合、賠償を求める場合があります。
 有料での転用は可能ですので、その場合はお問い合わせください。

第59回 さっぽろ雪まつり 2008年 

2008年02月11日(月) 16時57分
第59回 さっぽろ雪まつり 2008年

時々雪がちらつく天候で、バックが青空ではなかったのが残念でした。

二種電気工事士資格取得の道のり その四 

2008年01月13日(日) 17時59分
何の知識も経験も無く、しかも商業高校卒の中年が挑む、
第二種電気工事士資格取得の道のり

遂に過去問集を買う
ギリギリの費用で資格を取ろうと考えてはいたが、材料の判別には奇麗なカラー画像が必要と思い、2007年板の第二種電気工事士筆記試験標準問題集を買う事にした。ネットで見る過去問等には、材料の判別試験や配線図問題が省略されている物がほとんどで、この出費は致し方なしと判断した。

18年度からの変更も記載されており、結果的に役に立つ一冊となった。

インターネットで受験の申し込みを行う
三月半ばから受験の申し込みが始まる。有る程度自身を付けたところでネットで申し込みを行った。
受験費用自体は5200円と比較的安めだ。ただ、工具や練習用の部材には多額の費用が必要となる。

悩んだ末、工具と材料を購入
筆記試験を前にして、遂に工具と部材一式を購入することとした。
書籍で紹介されている通販やネット販売等も調べた。
ホームセンターでも電気工事士受験コーナーを設けている処もあり、容易に手に入るのは分かったが、結局安く済む一番の手段として、工具は楽天市場のショップで購入し、部材はネットオークションで購入する事とした。どちらも新品である。
100円ショップの工具や中古品の購入も考えたが何ぶん初めての事、無難にちゃんとしたブランドのセット販売品を購入した。
経験して分かったが、必須のリングスリーブ用圧着ペンチは別として、電工ドライバー等は100円ショップの商品で充分である。メジャーにしても、ペンチ等にマジックでメモリを書き込んでも構わない。電工ナイフもカッターで代用OK、ウォーターポンププライヤーだが、実は本番で活躍する事はほとんどなく、指先の力が強いならいらないほどだ(勿論実務ではあり得ない話である)。家にペンチ等が揃っていたら、新たに買いそろえる物は少なくて済む。敢えて電気工事士試験用工具セットと書かれているセット品を買う必要はなさそうだ。
自分の場合は何も持っていない状態だったので、セット品の購入は良い買い物だったと思う。

送料別で7000円ほどだった。

二種電気工事士資格取得の道のり その三 

2007年12月23日(日) 15時18分
何の知識も経験も無く、しかも商業高校卒の中年が挑む、
第二種電気工事士資格取得の道のり

ネットで問題集め
インターネット上には、電気工事士を目指すため参考になるホームページが幾つか存在する。その道では有名サイトが多く、確かに充実した内容のものが目立つ。
その中で、解説が自分に合うものを中心に参考にした。やはり、解説自体が難しい表現のものや、感覚の違いなのか、内容が伝わってこないものがあるからだ。
サイトの中には、計算公式ですら、語呂合わせや図解で分かりやすくなっているものもある。過去問や類似問題等も置いてある。大変ありがたい。
しかし、私のような知識の無い最低レベルの人間に物事を伝えようと云うのだから、サイトのオーナーさん達は凄いと思う。
倦怠期
理屈も分からないまま問題集を一通りやり遂げるものの、まだまだ取りこぼしが多い。確実に取りたい問題にも間違いが出たりと、足踏み状態。
面白くもない筆記試験の勉強を続けていると、当然飽きも来る。そこで幸いとまでは言えないが、電気工事士の試験には実技が伴うので、筆記試験の見通しも立たない時期ではあったが、試しに工具を使い輪作りに挑戦してみた。
工具をまだ買い揃えてはいなかったので、バイト先の工具箱に有るペンチと電気室に有る電線の切れ端でやってみることにした。
何の知識も無いままに、裸にした電線をペンチで鋏んでくるりと巻いてみた。「ん。おー」っと、我ながらワッカの奇麗な出来栄に感心し声が出た。
元々そんなに不器用ではないとは思っていたが、あまりにも簡単に基本と言われる輪作りに成功したため、妙に自信が湧いてきた。
電気室に有る電気機器に繋がれている電線の輪も、自分が作った輪より奇麗ではなかった事が余計に自信を深めた。
実際には、使われる電線の太さや輪の大きさも知らずに作っていたため、本来電気工事士実技試験で作る輪とは少し違ったものだった事を後で知った。
しかし、こんな事でもやる気というものは出てくるもので、結果として筆記試験の勉強にも良い影響を及ばした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ikareoyaji
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・語学-ぼやき
    ・温泉-癒されたい
読者になる
四十半ばにして、バツ無しの純粋な独身。(少しお腹は出て来たが、なんとかハゲなく見た目は若いので、短期バイト等の時には三十代で通している)
経済状態、困窮。
酒はつきあい程度、タバコは吸わない、ギャンブルもしない倹約家。
最新コメント